« Ma Peche★MILK BAR | トップページ | Artisanalやっと終わったレストランウィーク »

2011年2月26日 (土)

Peninsula Hotel★FIVES

胃が重い。
胃が重いんです。
でも、果てし無く食べ続けていますレストランウィーク。

今回はコンちゃんに教えてもらったペニンシュラホテル内にあるレストラン・FIVES。
ペニンシュラホテルといえば超高級ホテル様々。
百年ぐらい前に両親と一緒に行った香港で、宿泊先がペニンシュラのはずだったのに改装工事中とかなんとかわけのわからん理由で、シャングリラというホテルに泊まらされたという苦い思い出があります。(シャングリラもスゴく良かったけど、ペニンシュラに泊まってみたかった……)

もうラストスパートに入ったレストランウィーク。
ほとんど無理矢理食べてます。
この日もかなり胃が重かったんですが、意地ですよ意地。
それと貧乏性と食い意地。コレだけでもってる感じです(そこまでするか……)。

あーでも、FIVESすごく良かったです!
私ホテルが大好きなんですよ。ホテルのあのちょっとソワソワした感じとか、旅先ぽい雰囲気とか、あと無駄遣いぽい雰囲気とか(?は?)。
ホテルの入り口を入って左手の階段を上がってすぐの中二階みたいなところにあるFIVE。
もちろんこの日のディナーパートナーは、靴下ポール。
珍しく白シャツにチノパン、黒い革靴という出で立ちです。一応高級ホテルのレストランってことで、気を遣ってきたのか、手靴下袋も見当たらず。
一方私も一応少しだけオシャレしてみました。
ミニスカなんて履いてみて、ハイヒールなんて履いてみたんですが、途中百万回ぐらい足首がグネッてなりました。地下鉄の階段やプラットフォームも走れないし、やっぱりニューヨークってハイヒールは向かない街ですね。

さて。
本日のお食事。
どうせ胃が重たいついでにドスーとヘビーな物食べてやれ(なんで?)と思い、前菜はビーフタルタル、メインはブヒ煮込みにしました。
うう。思い出しただけでまた胃が重く……。
いや。
でも、無茶苦茶美味しかったです。それはホント。
私の胃の状態とは関係なく、とっても雰囲気が良くサービスも最上級、そしてお食事も文句無しの美味しさ。

Img_1693
↑良いレストランはパンもバターも美味しい。

Img_1695
↑焼いたフランスパンにのっけて食べるビーフタルタル。いやー美味でした!さらに胃が重くなりましたけど、超美味でした!

Img_1696
↑ポテトスープと靴下をはいていないポールの手。スープはクリーミーで大変美味しかったそうです。

Img_1697
↑ブヒ煮込み。いやー。コレはウマかった!!ゴマの風味が香ばしく、添えられたお野菜もなんか知らんけどブヨブヨヨとした白いブニブニのモノとかヤムポテトのマッシュドポテトとか、最高に美味しかったです!

Img_1699
↑ポールのチキンポットパイ。見ているだけで胃が100kgぐらい重たくなりそうでしたが、ポール曰く『あっさりして香ばしくてベリーグッド』だそうです。ちょっと天津丼にも見えますね。

Img_1700
↑なんだっけか名前を忘れたんですが、ナッツ風味豊かなデザート。さすがに全部食べられませんでした……。緑色のはアップルシャーベット。爽やかな口当たりでサクーと食べました!

Img_1701
↑ポールのココナッツフルーツケーキ。ココナッツが苦手な私はパス。でもふわっふわで美味しそうでした。

とってもとてもお食事がおいしくて落ち着いた雰囲気が素敵なFIVESですが、何故かこの日食事をしていたのは、私たちともう一組の二組だけ。
スーツを着たウェイターのおじさんがとても寂しそうにやってきて
「1年中$35のプリフィックスメニューがあるので、また是非来てください」
と教えてくれました。
おお。そんな素敵なメニューがあるなら、また是非来ます!

私、こういう静かで落ち着いた雰囲気のレストラン大好きです。
最近NYで流行の巨大スペースで暗くて人がたくさん居て全員がガーガー大声で喚いてるレストランもたまには楽しいんですが、基本的に年寄り臭い静かで落ち着いたレストランの方がグーです。
そんでもってそんなにお手頃値段で高級ディナーがいただけるなら、是非是非また来ます!
ホテルの中に入ってるレストランって、ちょっと見つけにくい感じですが、是非一度お試しください。
寂しいウェイターのおじさんが、大歓迎してくれると思います。

Img_1694
↑閑古鳥が……。

Keanureeveskeanureevesoutlondonjyiz
↑今日のキアヌ。コソコソッとした感じがとても似合ってます。

↓あと一回レストランウィーク!!がんばれリンコ!!
人気ブログランキングへ

|

« Ma Peche★MILK BAR | トップページ | Artisanalやっと終わったレストランウィーク »

食い意地」カテゴリの記事

コメント

ひゃーっ!ペニンシュラですかっ!?
リンコさん、ホント、脱帽です。

以前ロンドン野郎のとある関係者がこのホテルで小規模の会合を行ったのですが、なんと宿泊費がお一人さま500ドル!
田舎企業の従業員としては後々の語り草になるくらいの大ショックだったそうです。
ニューヨークの一流のスゴさを改めて思い知った?

不埒な美食三昧はまだ続くんですよね。

投稿: ロンドン野郎 | 2011年2月27日 (日) 09時07分

ペニンシュラホテル、いやリンコさん、もう脱帽です!写真と文ですが、素晴らしいメニューをありがとうございます!!!

投稿: Maggie | 2011年2月27日 (日) 03時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ma Peche★MILK BAR | トップページ | Artisanalやっと終わったレストランウィーク »