« ゴーストバスターズ | トップページ | ザイ夫対ポール »

2011年2月20日 (日)

まさる寿司ブルックリン編

Img_1662

7ヶ月にわたる日本滞在を終えて無事NYに戻って来たまさるちゃん夫妻。
戻って三日目あたりから働き始めたまさるちゃんですが、それも帰国以前はソーホーのブルーリボン寿司だったのに、なぜか突然ブルックリンのブルーリボン寿司に配属されました。
以前の私のブルックリンのお家から、徒歩5分のブルーリボンブルックリン。
引っ越す前は、しょっちゅう、ほんっとにマジでしょっちゅうポールやらアサミちゃんやらコンちゃんやらリン両親やらとお寿司を食べに行ってたんですが、その度に『あーあ。まさるちゃんがここで働いてくれてたらよかったのにい』と思ってたんですよ。
それが、私がマンハッタンに引っ越して半年も経たぬうちに、なぜかまさるちゃんがブルーリボンブルックリンで働き始めるという皮肉な巡り合わせ(ていうか、私の都合だけの話だけど)。

そして今日、ようやくまさるちゃんが居る懐かしのブルックリンブルーリボンに、まさるスペシャル寿司を食べに行ってきました!
ディナーのお供はもちろん(?)靴下ポール。

Img_1664
↑あん肝。極上のお味でした!

あん肝を産まれて初めて食べたポール。
こりゃウマい!美味しい!デリシャスー。とガツガツ食べてました。
あん肝一切れを一口でガバーといく人を、初めて見ましたよ私。
なんか、タレを飲むんじゃないかというぐらいの勢いでした。

Img_1665
↑牡蠣です。クマモトっていう小粒で濃厚なお味の牡蠣です。う、う、ウマかったです……。

それがね。
ついついがっついてしまって、二人でガーと食べてしまってから
「はっ。写真を撮り忘れた!」とつぶやいたら、ポールがカラをキレイに並べてしぼったレモンをなんとか復元して、「ほら。これで写真を撮りなさい」っていってくれたんで。ちょっと断りづらい雰囲気だったので、殻の写真撮ってみました……。
実はこの後、あん肝を殻に入れて牡蠣のフリをさせようとまでしたんですけどね、ポール。それはいくらなんでもアレなんで、断りました。ええ。

Img_1666
↑銀ダラ西京焼。いいいやあああー。コレも美味しかったですようううううう。ジュル。

コレがまた。ええ。バレバレなんで白状しますけど、牡蠣の教訓を忘れて、また出て来た瞬間にムシャーといっちゃったんですよ……。で、またポールがあわててササササと身をくっつけ直してくれたんです。コレの倍以上の大きさだったんですよ、ホントは。トホ。

Img_1668
↑キャー出たーお寿司ー。ウヒー。死ぬー。美味しすぎるー。ヒー。

ウニ以外のお魚の名前は不明ですが、どれも全部死ぬかと思うほど美味しかったです。
今日、とっても忙しそうだったまさるちゃんとブルーリボンの皆さん。
たくさんたくさんギフトフードも出してくださって、たくさんたくさん気を遣ってくださいました。
御陰さまでホントに美味しくて楽しくてアットホームなお寿司ディナーになりました。あー美味しかったあー幸せあー満腹。
よしっ。
また行くぞ!!!まさるちゃん、そん時はまたよろしくー。

20110219_211648
↑まさるちゃん。そして、向かって右の方はですね。お名前は存じ上げないんですが、以前通い詰めていた頃、この方の真ん前のカウンターの角席にいつも座っていたんですよ。その頃は『チョー真面目で堅そうで無口なお寿司職人さん』ってイメージだったんですが、今日この写真を撮る時、咄嗟に『ラブ注入〜〜〜〜〜♥』って言いながらこんな身振りを……。
イ、イメージ違いました。でも、アットホームでさすがブルーリボン寿司だわ、と思いました。ところでこの『ラブ注入〜〜〜〜〜〜〜〜〜♥』って、最近よく聞くんですが、一体何なんですかね?

Keanureevesshakespearecenterlosange
↑今日のキアヌ。まさるちゃんの真ん前のカウンター席に座ってお寿司を食べたキアヌ。まさるちゃんによると、チョー死ぬ程顔が小さかったんですって。でもって、座ってるときはわからんかったけど、立ち上がるとチョー背が高くてチョーかっこ良かったって。お風呂はいってから行ったんですかね、お寿司食べに。


↓まさるちゃん、ポール、ごちそうさまーっっ(ま、ま、また奢ってもらったんかっっ!!)。
人気ブログランキングへ

|

« ゴーストバスターズ | トップページ | ザイ夫対ポール »

食い意地」カテゴリの記事

コメント

おおっ!今日もまた怒涛の美食三昧!
ニューヨークの寿司ブームは本当スゴイですね。
ロンドン野郎はミッドタウンの寿司田さんには何度か故あっておじゃましたことがありますが、日本のお寿司屋さんと全然変わらないし、もしかしたら日本の高級どころよりも安いんじゃないでしょうか。
今日本では伝統的なお寿司屋さんがどんどん姿を消して、激安回転寿司が勢力をの伸ばしている中、ちゃんとした寿司職人さんは、海外の方が活躍の場があるんじゃないかって気さえします。q

投稿: ロンドン野郎 | 2011年2月20日 (日) 10時43分

リンコさん!
世界最小カメラ「ちょびっカム ワン」が通販で発売されてるって知ってます?
「ちょび」と「ワン」という言葉を聞いた瞬間「これはリンコさんに教えなければ」と思いまして…(笑)

投稿: まお | 2011年2月20日 (日) 09時39分

あはは。リンコさん
今日本を席巻している『ラブ注入~』を
ご存じない☆子供たちもこぞってマネしてます。
日本を離れていたら『なんでこんなのが流行ってるわけ?』って理解不能なの ありますよね。
『ラブ注入~☆』は私もお気に入りです。

投稿: はなねこ | 2011年2月20日 (日) 08時58分

ポールさんいい人~って言うか、面白!写真のために復元してくれたり、たとえ偽造でも「それっぽく見えるんじゃないか?」と工夫(?)したり。このブログ限定なら営利目的じゃないしいいような気がする・・・。甘いですかね?あん肝でも何でも食べてみるというところもいいなぁ。
まさるさんも素敵。
リンコさん、チョビちゃんとリンコワールドの方達を手放していけませんねぇ(笑)

投稿: KIYO | 2011年2月20日 (日) 08時09分

ななさんも書いてくださいましたが、楽しんごさん、リンコさんもお見知りおきを!
しっか~し、お寿司屋さんにしては、随分とメニューが豊富ですね!更に、アメリカ人ポール氏があん肝食べたという事実!!!ポール氏、食通の域を越えてます…生牡蠣も、アメリカ人好きですよね!私も大好きです!そろそろ、ポール氏とのレストランウィーク行脚、締めですか?

投稿: Maggie | 2011年2月20日 (日) 03時35分

玲子さん。そのお寿司やさんがしてたのは、日本の若手おかま芸能人、『楽しんご』さんがしてるギャグです。独特の振り付けに、『Love注入~』とキメ台詞をします。とってもおもしろいですよ。

投稿: なな | 2011年2月20日 (日) 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーストバスターズ | トップページ | ザイ夫対ポール »