« リン父御誕生日でバレンタインズデー | トップページ | MEGU »

2011年2月17日 (木)

Wolfgang Steak House

本日はレストランウィークに関係なく、父兄懇親会でした。
どういう父兄懇親会かといいますと、コタパパさんとの父兄懇親会です。
娘と息子がおつきあいさせていただいている以上、親同士もたまには懇親会をしないといかんのではないか、という深い意図のもと集まった。
というのは大ウソで、お仕事で『チョー美味しいステーキとコタちゃんのアンヨぐらいの大きさで死ぬほど甘いイチゴを食べた』というコタパ(また省略)のメールを読んで、死ぬほど嫉妬した食い意地の権化(←私だよ私)を哀れんだコタパ様が、「じゃあしょうがないからつれてってやるよ」とお連れくださったわけですよ。高級ステーキハウスちゃんに。

Img_1570
↑キレイな店内。シックで落ち着きがあって良かったです。

Wolfgang Steak Houseはたしかピータールーガーの弟子だったか丁稚だったかシェフだったか、なんかよく忘れたんですが、そういう感じの人が暖簾わけしてオープンした(はず)ステーキ屋さん。つまりピータールーガー的巨大Tボーンステーキをがっつりいただける肉食ステーキハウスなんです。

ずっとレストランウィークで食い意地発揮しまくっていたんですが、ここ数日おやすみして大人しくブロッコリーをポリポリ食べる日々だったので、今日にかける意気込みは我ながらスゴかったです。
朝からトースト一枚で、必死のパッチでガマンして迎えたディナー(そこまでするな)。

Img_1571
↑パンもガーと行きたい所をガマンして……

Img_1572
↑アツアツのカナディアンベーコン。っかー!ウマい!!

Img_1573
↑きゃー!出たー!肉ー!

ジュワジュワジュワーっと音を立てて運ばれていたお皿。
肉の脂がビチビチはねています。
うう。

Img_1575
↑サイドディッシュはアスパラガスとほうれん草クリーム煮。コレがまたウマいのなんのって。

お肉。
いやもうホント。美味しかったです!
表面はカリッと焼き上がり、中は柔らかくてジューシーでムニュムニュでビチビチ。
極上のステーキって、やっぱりガッツリ肉食ディナーとしては最高ですよね。
ああ。ホントにホントにホントにホントに美味しかった……。

4切れ目ぐらいで「ううもうダメかも……」となったところに、コタパパがジャケットのポッケから出してきたものは……。

Img_1576
↑おしょうゆとわさびのパック!!

いや。コレ。コレね。
素晴らしかったです!
もうアカン。となった時、わさび醤油につけていただいたステーキのこれまたひと味もふた味も違って美味しかったことといったらもう!
その後さらに3切れか4切れイケました。

Img_1577
↑二人でキレイに完食。

あー。お腹パンパン。
でも、この後肝心の『コタロウアンヨサイズイチゴ』を食べなくちゃ!

Img_1581
↑出たー。イチゴとチーズケーキ。そしてテンコ盛りのクリームちゃん。ううー。

Img_1582
↑イチゴ!

アメリカのイチゴは、はっきり言って『イチゴの姿をしたイチゴではない何か』なんです。
固くて(マジでチョー固い)ガリガリで酸っぱくてなんの味もしないイチゴぽいイチゴじゃないイチゴなんです。
それがこのイチゴときたら奥さん!
甘いんです!
イチゴの味がするんです!
そんでもって柔らかいんです!!
ああ……。
アメリカにもイチゴがあったのね……。
感動の一瞬でした。アメリカで、お砂糖もクリームもなしで甘いイチゴが食べられるなんて……。

Img_1578
↑コタパパ。細身なのにお肉ガッツリ食ってらっしゃいましたわよ。(おのれには言われたくないわ)

いやー。食った食った。
お肉とチーズケーキとイチゴ。
どれもホントに美味しくて、大大大大超ウルトラ大満足なステーキディナーでした。

ディナーの間中。犬の話題に終始した私たち。
いやそりゃそうですよね。
若い(?)二人(二匹?)の父兄懇親会なんですから。
ま、ちょっとした下ネタ(ウ●チ系)の話も出たりなんかして、さすが犬友ディナーでした。
あーおいしかったあーしあわせ。

Img_1590
↑超有名店超美味しいチョコまでいただきましたがな。

Img_1583
↑コタパパさん、ごちそうさまーーーー!!(また奢ってもらったんかい!!)


Keanuenhancedbuzz2021112952884975
↑今日のキアヌ。何しとるねん。。。


↓ダニ街道まっしぐら。
人気ブログランキングへ

|

« リン父御誕生日でバレンタインズデー | トップページ | MEGU »

食い意地」カテゴリの記事

コメント

そうそう。脂ののった極上ステーキを山葵醤油で食べるととっても美味しいんですよ。お口の中でとろけるんだけど、しつこさが残らないんです。
あぁまたあんな体験したいなぁ。くくく・・・(哀)もうないかも・・・残念

投稿: KIYO | 2011年2月18日 (金) 09時57分

ピータールーガーのステーキを食べて初めてエイジドビーフの美味しさがわかりました。 日本の所謂霜降りとは全然違うお肉の美味しさを完璧に引き出した味。 本当にスゴイと思いました。 ウルフさんもピータールーガー伝来の味を出しているんでしょうね。 
ピータールーガーでもそうなんですが、折角それだけ素材が美味しいのに結構濃いステーキソースが付いてくるんですよね。 まず基本は塩コショウ。 今回のわさび醤油も大正解だと思います。
やっぱり日本人的には素材の美味しさを最大限引き出したいですよね。

投稿: ロンドン野郎 | 2011年2月18日 (金) 09時52分

凄い凄い!おいしそう〜!
食事をしながら読んでるのにヨダレがたれそうです(笑)

投稿: JADY | 2011年2月17日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リン父御誕生日でバレンタインズデー | トップページ | MEGU »