« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

ジョナさんのHeal Japan

我らがジョナサン(って誰も知らんがな)が、ついに日本のために立ち上がってくれました。

高校生の頃北九州に留学していたジョナサン。
見た目はどこからどう見てもアメリカ人だけど、喋り出すと日本人。物腰も日本人。ギャグも日本人。留学時代は、学ランの通学姿が地元新聞に載ったというジョナサンが、愛する第二の故郷(だと思う)日本の現状に胸を痛め、そしてイベントを企画してくれました。
その名も
『Heal Japan』日本を救おう!

ブルックリンで行われるチャリティーイベントに、皆さんも是非行ってください。
そして、ジョナサンを見掛けたら日本語で話しかけてみてください。
あまりに日本人ぽいんで、きっとびっくりしますよ。
そして、優しいジョナサンの日本語に、すごく癒されると思います。

Healjapan
↑カッコいいな。

入場料は全て寄附されます。そして、50ドル払えない〜って人も、どうぞ気持ちだけでも寄附してください。とのことです!
よし!私も行こうっと。


↓引き続きリツイート希望歓迎でーす。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年3月29日 (火)

友達の輪

今回のチャリティー。
島田荘司先生や高島礼子さんをはじめとして、お友達のお友達、そのまたお友達のまたまたお友達……と、どんどん広がって本当に多くの皆さんからご協力いただいています。
そして、もちろん私たちの親しいお友達も、みんながそれぞれ『今の自分にできること』を考え、協力を申し出てくれました。

まずは、チカちゃんが、チャリティーのためにスペシャル特別デザイン・制作してくれたブレスレットのご紹介です。

Charitybracelet2011b
↑カワイイ!!

さすがチカちゃん。
赤と白で日の丸カラーが、こんなにオシャレに。
全種類欲しいです。
そして手首からひじぐらいまでにズラーっと重ねづけしたいです。
日本への愛溢れるチカチカオリジナルブレスレットですね。

そして、アサミちゃんは『キネシオロジーセッション券』を寄附してくれました。
癒しのプロアサミちゃんに、実際のお値段よりグググッとお安くセッションしてもらえます。私も腰痛を治してもらいました。このチャンスに『キネシオロジー』を体験してみてください。疲れた心と体に癒しを。

コンちゃんは、『何でも手伝うよー』と言ってくれたので、勝手に『お客様ご案内係』に任命させていただきました。名札を首からぶら下げたコンちゃんが、皆さんをご案内させていただきます。ご質問は何でもお聞き下さいね。(勝手に決めてるし)

お友達のユキちゃんは自らを『使いっ走り1号』と呼び、使いっ走りだけでなく、トイレ掃除まで申し出てくれました。サーフィンしてから出社するという元気一杯のユキちゃんは、東北出身。今回のチャリティーも、たくさんたくさんのお友達や同僚の皆さんにお知らせしてくれました。イベントでも是非ユキちゃんにお声をかけてくださいね。

フンフンとタっくんは、唯一の男手ということで、これも勝手に『力仕事係』兼『セキュリティーガード』に任命させていただきます。
入り口付近でヘンな帽子を被っていた男の老けた姿を目撃したら、それがフンフンです。そしてその側に居るジャニーズ風の男性がタッくんです。二人ともシャイですが、是非お声をかけてくださいね。

そして、やっぱり東北出身の尻松さんは、もちろん歌舞伎界セレブの皆さんからのサプライズギフトを手配してくれています。これがまたファン垂涎のグッズですので、眺めるためだけにでも是非おいでください。私も見るのが楽しみなスペシャルグッズです!

今回のチャリティーは、グッズ販売やパフォーマンスで皆さんのご協力をいただき、寄付金を募るというのも大きな目的ではありますが、何より『今私たちにできることをやろう』という、被災者ではないけれど日本を愛する人達の心の癒しにもなって欲しい、という願いもこもっています。
今準備に一生懸命走り回っているジュミさん、チカちゃん、そして私もまた、こうすることで癒され救われる思いがあります。
何もしなくても何も買わなくてもいいんです。
ただここにきて、みんなで日本に思いを馳せるためだけにでも、是非いらしてくださいね。
みんなでお待ちしています。

Ilovejapannew


↓引き続きリツイート希望歓迎でーす。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年3月28日 (月)

たくさん届きましたー

昨日、ドサドサドサーと色々な方から色々なチャリティー品が届きました!

Img_1892
↑カリフォルニア在住の新進作家ミホ・ライトさんの御著書と、特注してくださったワンコTシャツ。

ミホさんはとても心優しい、そして理知的なメッセージを添えてくださっています。
ワンコTシャツは、チョビに当日着てもらうか、もしくはチョビ足スタンプをつけて販売させていただき、収益を寄附させていただきます。ミホさん、ありがとうございます!

Img_1893
↑スパMartierさんのサーティフィケートです。
マンハッタンの隠れ家癒しサロンでの、ホットストーンマッサージやスエーデン式マッサージ、マニキュア・ペディキュアのサーティフィケートを、ドバーっと寄附してくださいました。こちらも、通常料金の半額以下で販売させていただき、収益は全て寄附させていただきます。


Img_1890
↑礼子さんから届いた『たかしまれいこオリジナルブランド』の帯。

Img_1891
↑たかしまれいこ。ひらがなってとこがまた、なんとも風情がありますねえ。

帯ですよ帯。お着物の帯。キレイです。コレじーっと見てると、礼子さんの超美しいお着物姿が頭に浮かんで、ボエーっとしてしまいました。
こちらはサイレントオークションで出品させていただきますね。どうぞ皆さんふるってご参加ください。

Img_1889
↑そして。島田先生からの大箱到着!

異様に可愛らしい箱に萌え。
しかも『子犬用おしっこパッド』の箱であることに気付き、さらに萌え。
思わず先生に『先生!子犬ちゃんがいるんですか!?』といらんことをお尋ねしたところ『いえ。ガーデナー(庭師ですよ庭師)が持っていたので一箱もらったんです』と低音の魅力でお答えくださいました。庭師のおじさんの子犬かー……。でもやっぱり、この可愛らしい箱を郵便局に持っていってくださった先生の姿を想像して密かに萌え。

そして、開けてみると先生の貴重な御著書がズラズラ。
中には先生の流麗な文字でサインが。
全部独り占めしたい衝動にかられましたが、そこはググっとガマンです。
先生の名作ぞろい。サイン入りです。滅多に手に入らない貴重品です。うう。萌え。

皆さん、このごろはいかがお過ごしですか?
日本の皆さんも、海外にお住まいの皆さんも、ずっとずっと心も体も疲れて、不安で、そしていら立ったり悲しかったり寂しかったり。きっとすごく疲れてますよね。
私もちょっと疲れてしまって、昨日はおやすみしてしまいました。
でも、おやすみしたら、また元気100%盛り返してきました!
数年ぶりに再会したフンフンに「オレ老けた?」って訊かれて、老けたと思ったけど言っちゃ悪いと思って「うーん。ちょっと白髪増えたかな。でもそんなかわんないよ」って言ってあげたのに、「おめえは老けたね」って言われて顔面グーパンチしたろか、と思うぐらいに元気盛り返しました。
チャリティーにはフンフンも登場します。
では、待て続報!!

Keanureeveskeanureevesoutsideboares
↑久々の今日のキアヌ。キアヌー。チャリティーに来てよー。


↓ヨン様に来られたら嬉しすぎてチビるから、キアヌでいいや。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2011年3月25日 (金)

究極の癒し

今日は『別館チョビふうみ』でミョウに真面目なことを書いてしまいましたが、実を言うとまじーめーな記事を書きながらも、お腹がおだんごでパンパンでして、もう苦しくて苦しくて座っていられず、ついには立ち上がって窓際で記事を書いていました。
今もまだだんご腹状態です。

で、別館にもチョリっと登場しましたが、チョビTをワンコ用にカスタムオーダーできるサイトを見つけ、一人で勝手に『きゃーカワイイー。きえー』と騒ぎ、さんざん癒してもらいました。
ウェブ上でチョビTを着用してくれたワンコたちに、ここで登場していただきまーす。

Designall1Designall8
Designall2Designall3
Designall4Designall5



ああ。かわいすぎた。癒されすぎた。
マジでワンコ用チョビT作ろうかしら。
 



↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

Hope for Japan

このところ、次々と色々な世界的デザイナー達が日本への義援金を募るHope for Japanなデザインを発表し、発売されはじめています。

1
↑フォーエバー21だ。原宿で荒稼ぎするだけじゃなく、100%私たちのために。って書いてくれました。うれしい。

3rm
↑レベッカ・ミンコフ(?)っていうんですか?知らないバッグ屋さんですが(私だけか)、これはカワイイ。コレは見た瞬間欲しくなった!真っ赤なバッグ。カワイイですね。ありがとう。もしかしたら買っちゃうかもです。(マジでか)


4polo
↑希望。……て……。いや。で、でも。デザインはアレだけど、ありがとうありがとうポロさん。

2tory
↑(長い間おっさんだと思っていた)トリー・バーチ。ハートのポチっとしたロゴがカワイイ。

こういうところでWe love Japanなんて言葉を見ると、思わずウルッときます。
海外に長く住んでいると、なんというか個性の強い欧米の人たちにひきずられてともすればアイデンティティーを見失いがちな私たち日本人。
遠慮したり謙遜したり卑下したり……という日本文化的美徳が全く通用しない世界で、あれこれぶつかって悩んで苦しんでもがいて、そしてなんとかやっと自分の立ち位置を確認できるようになった時、自分の変化をポジティブにとらえるのかネガティブにとらえるのかが大きなターニングポイントになった記憶があります。
見下したような態度を取られると反撃することができるようになりはしたものの、それでも、常に「欧米人>日本人」という図式がなんとなく頭のどこかに植え付けられているということに、こういう時に気がつきます。

そうか。
え。
日本人って好かれてるのか?
ていうか、相手にされてたのか……。

に近い感覚です。
でも、そういうややこしいことはおいておいて、
ありがとう。
ありがとうありがとうありがとう。
愛してるって言ってくれてありがとう。
って純粋に思います。
泣けるほど嬉しく思います。

We love Japanって、なんとまあ美しい言葉なんでしょう。
ありがとう。ありがとう。



↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年3月24日 (木)

今日もマルコちゃん

思いがけず多くの皆さんから愛でていただいているマルコちゃん。
どうぞどうぞ、壁紙にも待ち受けにもフェースブックのフォトにも、バンバンお使いください。とっても嬉しいです。
フェースブックのアドレスはこちら↓

http://www.facebook.com/profile.php?id=100002224503528&sk=wall

そして、チカちゃんからさらに嬉しいニュースが届きました。
大急ぎでTシャツを制作しなければならないのですが、アテにしていた印刷屋さんがダメで、大慌てで走り回ってくれたチカちゃん。
チャリティー会場のすぐ近所で見つけたTシャツ屋さんに飛び込んだら、そこのオーナーさんが『日本の大震災チャリティーイベントで使いたいの』とのチカちゃんの言葉に大感激してくださり、『Tシャツは大急ぎで必ず間に合わせるよ。何枚でもどんなに上等のTシャツでも、全部同じ値段でいくらでも作ってあげる。バッジもいくらでも何個でもどんなにたくさんのデザインでもいいよ!僕たちに任せて!』と請け合ってくれたんです。

アートワークの納品のことで、私が電話をした時も
「友達のチカがTシャツのことで話したと思うんだけど……」と切り出すと
「オオオオー!もちろん!もちろん覚えてるとも!何でも言っておくれ。どうしたい?何枚作る?」
ととってもとても大きな声でにこやかに親切に、そして元気一杯に受けてくれました。
私が「Tシャツは70枚で……」と言うと「オッケー!!もちろんオッケー!!任せておくれ!」と間の手が入り、「バッジはたくさんたくさんデザインがあるんだけど……」と言うと「もちろんもちろんオッケーだともっっ!何でも言っておくれ!」とまた元気よく請け合ってくれて。。
ものすごく嬉しかったです。

突っ走って色々やっていると、ただでさえタイムマネージメントができない私は、色んな事がどんどん押せ押せになってしまい、結局明け方寝るハメになり、つまるところチョビの朝ご飯の時間がどんどん遅くなり、朝起きるなり仁王立ちのチョビに吠えられるハメになっているんですが、今日のTシャツおじさんの元気一杯な声とたくさんたくさんの「オッケー!何でも言っておくれ」にとってもとても元気をもらいました。

チョビも元気一杯、まるで競走馬のように飛んだりはねたり走ったり。
私も、また明日から思いっきり突っ走りまーす。

Buttonsblog
↑バッジのデザインはこんなん。チカちゃんもカワイイのをたくさん作ってくれました!



↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2011年3月23日 (水)

ヒノマルコちゃんとチョビと島田先生

ヒノマルコちゃん、関係各方面から(どこ?)お褒めのお言葉を頂戴して、大感激です。
うれしいなあ。
ヒノマルコちゃんを見て「癒された」なんて言って頂けたり「カワイイ!」って言っていただけると、マルちゃんをこの世に送りだした甲斐があったというものです。

で、ちなみにすぐ調子に乗る私は、島田先生にもチョビTシャツの画像なんてお送りしちゃって、挙げ句の果てに『チョビTシャツ送りますので、是非是非着てくださいね。お願いしますね。ロゴは背中ですから、ジャケットを羽織っていただきましたら隠れますから』なんて書いちゃったりなんかしたんですよね。
そしたら。
先生。
『これは素晴らしいですね。チョビTシャツ、かっこいいな。愛を感じます。リンコさんのデザイナーとしての最高傑作じゃないですか。着ますよ。ロゴは前でもいいですよ。コレを着てロスのスタバや東京のお花見に行こうかな』というお返事をををををををを低音の魅力ででででで。
もうなんと言いましょうか、感激を通り越してチビる寸前でした。

それから、もうひとつ密かな萌えポイント。

『ちょび元気そうでよかったです』

と、チョビのことに触れてくださる時、先生は必ずひらがななんです『ちょび』って。
コレ、私的には萌えでした。

後は、チョビTシャツを先生用に前プリントにしてお送りして、そんでもって着用写真を撮って頂いてそれを眺める。
これを目標にしばらくがんばれそうです。

それから、Tシャツのネット販売ですが、将来的にチャリティーの一環として考えたいと思っています。どうすれば可能になるか、色々考えてみますね!
買いたい!って言ってくださって本当にありがとうございます。
ヒノマルコちゃんは日本赤十字に。
チョビTシャツは財団法人動物愛護協会の緊急災害時動物救援本部に収益を寄附することにしています。
よろしくお願いいたします。

Menschobit
↑先生〜。本気ですかー。(萌)

↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年3月22日 (火)

ヒノマルコちゃん

大震災から10日程が過ぎ、ここNYでは様々な場所で多くの、本当に多くの方々によってチャリティーイベントが毎日のように行われています。
私たちのイベントも、あと1週間ちょっとで開催となるんですが、今日やっとロゴが決定しました。
facebookも登録しました。
詳細情報が確定し次第、どんどんアップしていきますね。

今回のチャリティー企画に関して私がずっと希望していたことの一つに、『被災した動物達の為の寄附』があります。
チョビTシャツをデザインして作成・販売させていただき、収益を動物愛護教会、もしくはそれに準ずる信用のおける団体に寄附させていただきたいんです。
がんばってデザインしたんですが、どうですかね?

Womenschobit
すでにI LOVE JAPANなのか何なのか、さっぱりわかりませんが……。

フェースブックでは『HINO MARUKO』という名前でアップされています。
是非アクセスしてくださいね!
ロゴはこんなんです。

Ilovejapannew_2
ヒノマルコちゃんです。よろしく。
ヒノマルコちゃんTシャツやバッジ、チョビバッジも作ります。
それからチカちゃんも、チョーカワイイバッジやウルトラ素敵なオリジナルブレスレットをデザインしてくれています。

今、大震災から10日が過ぎ、日本では一週間で集まった義援金が200億円を超えたそうです。
みんなの祈りと思いと、それから元気がどんどん集まっているんですね。
私たちも元気とそれから、未来につながる夢を届けられるような、そんなチャリティーにしたいと思います。


↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年3月21日 (月)

月光浴

スーパームーン。
そして満月。
チョビと二人で思い切り月光浴しました。

Img_1865

コンちゃんは、ベッドルームの窓から大きな大きなお月様が見えて、とても幸せだったって言ってました。

日本の皆さんにも、大きなお月様の柔らかい光が一杯降り注ぎますように。


↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年3月20日 (日)

さようなら猪又先生

つい最近、島田荘司先生のツイッターをフォローしはじめたんですが、その直後にこの大震災が発生し、急激に私自身も様々な人やオーガニゼーションをフォローしはじめ、私へのフォロワーも増え、ツイッターは常にフル稼働状態になりました。
あまり頻繁にツイートされない島田先生のツイートで、ある日ふと目に留まったのが

『Sinoさんが亡くなられたという知らせが』

というツイート。

えっ……。

見覚えがあるハンドルネームのその方は、島田先生と作品をこよなく愛する人々が自然に集まって作られた島田先生ファンクラブの集合体の一員でらっしゃいました。
実は直接お目にかかったことは一度も無く、オンラインでも恐らく直接お話をしたりコメントを交わす事もあまり無かったように記憶はしているのですが、ただ一度、私がファンサイトに寄稿した島田先生のパロディー作品に対し、とてもとても素晴らしくまた美しい言葉で感想を書いて頂いた思い出があり、その後私があまりファンサイトに顔を出さなくなってからも、久々に覗いてみると必ずどこかしらに『Sino』というハンドルネームをお見掛けしていました。

そのハンドルネームから『女性なのかしら?』と、性別すら存じ上げない方だったのですが、今回の大震災で亡くなられたという訃報に接し、Sinoさんが男性で、宮城県の中学校の先生でらしたことを知りました。
猪又聡先生。頭文字を組み合わせたハンドルネームだったんですね。
そしてその数日後、私のツイッターを随分前にフォローしてくださっていたことに気がつきました。
フォローに気がついて覗いた猪又先生のツイートは、3月10日で止まったままです。プロフィールに使われていた美しい猫は、猪又先生の猫なのでしょうか。
猪又先生は、お年寄りや子供達を必死で避難させ、最期に御自身が津波に呑み込まれ命を落とされたそうです。

島田先生は、『新潮社からの新刊『進々堂世界一周』に「東北関東大震災で亡くなった最高の読者、猪又聡氏と、命を落とされたすべての被災者に捧げます」と書きたい。書きますよ。』とツイートされていました。
猪又先生がこれを読まれたら、どんなにか喜ばれたことでしょう。

 
 

理知的でクリアで美しい感想文をいただいた思い出は、今でも鮮明に私の中に残っています。
きちんとお礼を言えないまま、そして一度もお目にかかる機会を得ないままお別れを言わなければならないことが残念でたまりません。

猪又先生。本当にありがとうございました。
どうか今はただ安らかに。


↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年3月19日 (土)

応援旗!

先日コメント欄にいただいた、がんばれ日本フラッグのご紹介です。
とってもとても可愛らしいデザインで、見ているだけで癒されます。
作り方の説明とテンプレートのダウンロード先をコピペでご紹介させていただきますね。

こんなに可愛らしいデザインだったら、頭に旗を四本さしてビラをお腹と背中に貼って街中を練り歩いてもいいかも(コワいわ)。
あ。そうだ。
チョビの背中にも貼ろう。

『旗のテンプレートは印刷し、線に添って切った後、割り箸やペンなどの先に二つ折りした旗を覆いかぶせるようにテープやノリなど固定してもらえると簡単に作れます。1枚のプリントで二つの旗が作れるようになっています。びらの方は1枚の印刷で4枚のびらができるようになっています。これも線に添って切手もらえば4つの配りやすいサイズのびらになります』

旗:
https://www.yousendit.com/download/eURBT2pFQXBEa1h2Wmc9PQ
https://www.yousendit.com/download/eURBT2pBYTJsMHp2Wmc9PQ
https://www.yousendit.com/download/eURBT2pObThlaFJjR0E9PQ
https://www.yousendit.com/download/eURBT2pOQ1JRR2V4dnc9PQ

びら:
https://www.yousendit.com/download/eURBT2pOQ1JtUUh2Wmc9PQ



Photo

素晴らしいですね。カワイイですね。みなさんも是非プリントアウトして、旗を作ってビラを作って、元気をもらってください。
本当にありがとうございます!

Keanureeveskeanureevesoutlondonqs3r
↑今日のキアヌ。キアヌは日本応援してくれないの?


↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年3月18日 (金)

暖かな気持ちで

今日は、心温まる写真を皆さんとシェアしたいと思います。

257634695
瓦礫の中から救い出されたニャンコ。
『あー助かったあーびっくりした……』ボーゼンとした顔です。
でも、ちょっとだけ『なに写真撮ってんねん!』とガン飛ばしてるようにも見えます。

O0430031911109313319
瓦礫の中から救出された赤ちゃん。自衛隊員さんの笑顔が素晴らしいです。

Z20110317ttreu01237g3000000
避難所のニャンコ。『お家じゃなくてなんかヤだけど、ココなら安心な感じ』
このコもなんとなく『なに写真撮ってんねん!』な感じも。

Z20110316ttapt01638g3000000
避難所のワンコ。
『かーちゃん。お腹が減ったよ』
『かーちゃんもだよ』
『そか。じゃしょうがないね』
抱っこしてもらえてよかったね。

Scaled
瓦礫の中から泥まみれで助け出されたワンコ。良かった。良かったね。

Z20110317ttreu01213g3000000
『かーちゃん。そんな泣くなよ。大丈夫、大丈夫だよ。俺がついてっからよ』

コンちゃんからのメールで、こんな風に避難所に大切なペットと一緒に入れた人達もいると知って、本当に安心しました。
そして一方、大切な家族を見失ってしまい、悲嘆にくれている方々がまだまだたくさんいらっしゃることに、胸が痛みます。

今日、お友達のナルちゃんがメールをくれました。
『原発でさえも、一基一基、感謝して「今まで快適な生活をありがとう。さようなら」と抱きしめてお別れするイメージを持つと、心が温かくなるよ』

そうなのか。
と思って試してみたら、本当に心が温かく穏やかになりました。
そして、
今まで、犠牲になった大勢の方々と、突然大切な人を失った残された方々の事、何がなんだかわからないまま突然恐ろしい思いをして命を奪われてしまった動物たち、命は助かったけれど取り残されだんだん衰弱していく魚たち、動物たち、人、草、樹、花。
全ての生きとし生けるものたちを考える度に、胸が痛み哀しみに胸が張り裂けそうになっていましたが、こうして『ありがとう。また会おうね』という気持ちで、全ての失われてしまった魂を心の中で抱きしめてあげると、私たちの心もまた少し慰められ、穏やかになると気がつきました。
大災害に接すると、さぞ苦しかっただろう、どんなに恐かったことか、なんとかして救えないものか。
そんな苦しい気持ちばかり先走ってしまいます。
けれど、皆さんも哀しみの海に沈むだけでなく、少し試してみてください。
失われてしまった命全てに『ありがとう。またね。また会おうね』と語りかける気持ちでハグしてあげるイメージで。
のんきなことを。
とか、
傍観者だからいえることだ。
と思われるかもしれませんが、苦しみや哀しみだけで頭の中を一杯にしていては、一歩も前に進む事ができなくなってしまいます。

全ての命と皆さんの心が、少しでも安らかになりますように。

85_20110317_104968_2
↑いきなりですが、今日の枝野さん。スゴすぎた……。


↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年3月17日 (木)

チャリティーのお知らせとお願い<その1>

チャリティーの概要が決まりました。
連絡方法と合わせてさらなる詳細が決まりましたら、また追って告知させていただきますね。

被災地の皆さんへ支援や勇気を送るだけでなく、日本の皆さんに私たちの声を届けたい。
そして、そうすることで私たちもまた、勇気と元気と笑顔をもらえると思いチャリティーイベントを企画しました。
私のメールアドレスブックに載っている限りの皆さんに送ったメールを以下に転載しますね。
も し、NYにお住まいの皆さんで「よし。私も参加しよう!」と思ってくださった方。是非御連絡ください。日本にお住まいの方でも、是非何らかの形でのご参加 をお願いいたします。どんな形でも構いません。できるだけ多くの皆さんにご参加いただき、できるだけ沢山の声を手を、日本に届けたいと思います。
____________________________________
“東北地方太平洋沖大地震チャリティー”のお知らせとお願い

4月1日(金)寄附受付:午前10時から
       チャリティーイベント:午後6時から8時まで
場所:Excy Laser  147 West 35th Street. NY NY 10001

こんにちは。竹内玲子です。

この度、東北地方で大変な災害が発生し、ご家族やご親戚、ご友人、知人の方々が現地にお住まいの皆様におかれましてはさぞご心痛の日々を送られていることと思います。
また、ご縁者の方が当該地域にお住まいでない皆さんも、一日本人として、また日本を故郷と思われている全ての皆さんも、
日々明らかになる日本の惨状と、原発の状況の不安・恐怖、そして頻発する余震と新たな地震への不安に
胸がつぶれるような思いをされているのではないでしょうか。

かくいう私も、地震発生の瞬間からテレビの前を離れる事ができず、
繰り返し伝えられる同じ内容のニュースさえ、まるで中毒になったかのように
繰り返し繰り返し見続け、また涙し、朝から晩まで気鬱な思いが頭から離れる事の無い日々を送っています。

今、自分に何ができるだろうか。
と自問しては、こんなに遠く離れた国でくらす自分には、何もできることはない。
ただひたすら、ブログやTwitterで励ましの言葉を書き、必要と思われる情報を拡散し、
がんばれ、がんばれ、どうかがんばって。
と祈る事しかできない毎日に、ともすれば心が折れそうになり、さらに暗鬱な気持ちになっていましたが、
本日、友人の藤原珠美さんの提案で
『私たちだって、チャリティーイベントをすることができるんじゃないか』
と思い至りました。

有名人でもなければ政治家でもない、芸能人でもなければ億万長者でもない私たちですが、
(あ。中には有名人の方、芸能人の方、政治家の方、億万長者の方もいらっしゃいますね。すみません……)
日本のみなさんに
「こんなに遠くに居る私たちだけど、忘れていないよ。応援してるよ。そして、毎日祈っているよ」
と伝えることができたら。と願って。

私たちの声が届く事で、それだけで勇気づけられ励まされる人達がいると、ほんのわずかな力でも言葉でも
毎日ブログを綴っていて気がつきました。
被災地の方々だけではなく、今日本中がそんな励ましと勇気を必要としていると感じました。
被災地の皆さんに、この私たちの声や手が届くのはまだまだ先のことかもしれません。
それでも、私たちに今できることをできるだけやろう。
そして、その手や声が必ずみんなに届く事を信じて、目一杯手を伸ばそう、精一杯声を挙げよう。
そう思いました。

そこで皆さんにお願いです。
まずはチャリティーへのご参加を是非お願いいたします。
そして、出来うる事なら、皆さんのそれぞれのプロフェッション・人脈等々を生かしたドネーションのご提供もお願いしたいと思います。
その内容の如何は問いません。
『日本に勇気と笑顔を、元気を送りたい』
その気持ちが全てです。
歌を歌って贈りたい、と思ってくださった方はチャリティー会場で唄ってください。
踊って皆に元気を。と思ってくださった方は踊ってください。
音楽を届けよう、と思ってくださった方は、楽器を持っていらしてください。
例えば美容師の方にヘアカット半額券をご提供いただいて、ご購入いただいた方に素敵なヘアカットをしてさしあげるというのはどうでしょう。
ヘアカット券の収益は全て募金いたします。
画家の方は絵を寄附していただいても、またはその場で販売していただいて収益を募金していただいても良いのではないでしょうか。
写真家の方は写真を。
料理家の方はお料理を。
作家の方は御著書を。
何もないぞ、という方は励ましのメッセージを。
何でもいいんです。本当に。
是非、今自分にできる限りの最高の励ましをご提案いただいて御参画いただけましたら、この上ない喜びです。
すでに様々な団体にそれぞれにご寄附されている方も恐らく大勢いらっしゃるのではないかと思いますが、
このチャリティーにも是非何らかの形で是非ご参加いただき、一人でも多くの人間が今日本を応援している、無事を、一刻も早い復興を
心から願っているとメッセージを伝えていただければと思います。

御参画いただける方々は、是非こちらのメールに御返信ください。
詳細のご相談は、追ってメールやお電話にて御連絡させていただきたいと思います。
また、どうかこのチャリティーの企画を、できるだけ多くの皆さんにご広告いただければ大変助かります。
一人でも多くの方に知って頂き、何らかの形でご参加いただければ、と思っております。

最後になりましたが、今回の大震災で被災された皆さんとそのご家族、ご親戚、ご友人の皆様に、心からのお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
また、この度の震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆様へ深い哀悼の意を申し上げます。

http://reikotakeuchi.cocolog-nifty.com/blog/
http://ameblo.jp/reikotakeuchi
竹内玲子

Keanureeveshenrycrimepressconferenc
↑今日のキアヌ。この際この服装でもいいから、チャリティーに参加してくれないかな……。

↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2011年3月16日 (水)

救われた……

毎日、「元気だそう!」「がんばって!」「がんばろう!」ってツイートしたりブログを書いたり、
私もヘタレながら勇気と元気を皆さんにお届けしたい!
とがんばっているんですが、昨日はさすがにものすごくヘコみました。

人間が大変なこんな時に……
と思われるかもしれませんが、被災地で偶然カメラに映った二頭の犬たち。
一頭は倒れたまま、そしてもう一頭があわててその子に駆け寄り、カメラの方をもう本当に本当に『助けてくれないのかな……』という目で見た画像です。
これを寝る前に見てしまったものですから、もういけません。

ああ。
ワンコたち。
大丈夫だろうか。
倒れていた子は、大丈夫なんだろうか。
駆け寄った子も怪我をしていたみたいだけど、大丈夫なんだろうか。

大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。

頭の中はこの言葉で一杯。
まるでラーメンどんぶりのグルグル模様のように、頭の中をグルグルグルグルグルグル。
ネガティブセルフヒプの状態に陥ってしまい、やっとついた浅い眠りでは犬の夢のオンパレードです。
朝起きた瞬間に、犬たちの姿がまた頭に浮かび、ああああああなんてことなんてことなんてこと大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろうか。
とネガティブループの再発になりました。

こりゃいかん。
ホントにいかん。
まずは散髪して気分を上げないと。
ニューヨーク滞在中のナオさんにバッツーンと散髪してもらいました。
そこで気分がグッと上がりましたが、いつもニコニコ笑顔のナオさんも、その他のサロンの日本人の皆も、やっぱりみんな一様に暗い表情です。
「なんだか朝からくらいニュースばっかりで……。なのにテレビばっかり見ちゃうね……」
と、そんな言葉を交わし、それでもお互い励まし合い、私たちがしっかりしないと被災地の人達にいつまでたっても正しい情報が伝わらないし正しい救援の手も伸びないものね、と語り合いました。

そして夕方。今度はお友達のジュミさんからの素敵なメールを発見し、さらに気分がしっかりとしてきました。

詳しい事は後日お知らせいたしますが、ジュミさんの提案で私たちニューヨークでもチャリティーを企画しようとしています。
チャリティーの主旨は、もちろん『募金』と『寄附』ですが、それは物やお金や形のあるものだけではありません。
『日本のみんな。私たちずっと祈っているよ。忘れていないよ。がんばれ、超がんばれ』
というメッセージをここニューヨークから、思いっきり目一杯声を上げて届けたい。
そんな気持ちを皆に持ち寄ってもらいたい。
そういう気持ちで始まった企画です。
そして、その話し合いをしている時に、私たちも『何かできることがあるんだ。何かしよう。届けよう』そう思えたことで、救われた気持ちで胸が一杯になりました。

前を向いて、上を向いて、よしっっ。
と鼻息荒く帰宅して、さらに救われたニュース。
二頭のワンコたちが、無事レスキューされたというニュースでした。
倒れていた子は獣医さんの元に。
そして駆け寄って心配そうに寄り添っていた子は、シェルターにそれぞれ保護され無事引き取られたそうです。

良かった……。
本当に良かった……。

ほろりと涙がこぼれました。

どんな命も等しく尊いと、これは理想論で、被災した現場では犬や猫どころではない、人間だって限界何度も超えてるんだ。
と思われていることでしょう。
それでも、動物を救う為のボランティアの皆さんが大勢いらっしゃり、縦横無尽に大活躍してくださっていると訊いて、また私の身勝手だけれど遠くからの祈りが通じた思いで、本当に救われました。

人も家も河も木も草も花も犬も猫も鳥も魚も。
みんなみんな。
本当にがんばれ。
超がんばれ。


↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年3月14日 (月)

ニューヨークの人達

今日は大切なお友達の一人キヨPが、大災害の大混乱の中をくぐりぬけ、久しぶりにニューヨークにやってきたので、一年以上ぶりの再会でした。
一緒にランチを食べながら、あれやこれやとおしゃべりしまくり、笑ったり沈んだり励まし合ったり。。。
日本がこんな状態の中、美味しい物を食べたり笑ったりするのってどうなんだろう?なんて言い合いながら、それでも日々の営みは続けなければなりません。
というか、もしかしたら被災しなかった人達は、きちんと日常を生きる事も支援の一つなのかもしれないです。
先日コタパパと少しお話をした時、
『こういう時、経済が落ちるんですよ。みんな物を買ったり外食したりする気持ちになれないでしょう。それで経済が停滞してしまうんですよ』
と言われて、ああそうか。と納得しました。

『しっかりと生活する』

これも私たち一人一人ができる小さな支援かもしれません。

そして今日、そんなことをつらつらと考えながら、午前中からバタバタと色々な所に行き、色々な用事を済ませたんですが、行く所行く所で皆が
「日本はどう?大丈夫?キミの家族や友達は大丈夫なの?」
と訊いてくれるんです。
それは、道ばたでチョビにあいさつをしに近寄ってくれた見知らぬ老婦人も、郵便局で前に並んでいたおじさんも、カフェのウェイターのお兄さんも、ブティックで出会ったセールスのお姉さんも、銀行の窓口のおじさんも、みんな同じでした。
みんな
「大丈夫?私たちみんな、祈っているから」
と声をかけてくれました。
今のそんな彼らの、そして私たちの声は、被災地で不自由な生活を強いられている皆さんにはなかなか届かないかもしれませんが、それでも世界中の人達の祈りはいつか必ず届くと信じます。

夕方になって、忙しい私に変わってチョビのお世話を請け負ってくれた非番のポールと待ち合わせをし、夕食を一緒にいただきました。
「少しは元気が出て来た?大丈夫?」
と訊いてくれるポールに、ふと思いついて訊きました。

「FDNYが日本救援に出動要請を受けるなんてことあるのかな?」

「もちろんもう出動準備をしてるよ」

えっ!そ、そうなんだ!?

「特別に訓練されたレスキューチームが出動準備をしてるよ。もうすぐ日本に向けて出発するはず」

そうかあ……。ニューヨークの消防士さんたちも、日本に救援に出動してくれるのかあ……。

色んな国の人達が『今まで日本は色んな国を救援してくれた。今度は私たちが手を差し伸べる番です』と言ってくれています。
不眠不休で命がけで原発で働いてくださっている皆さんも、計画停電のためにやっぱり不眠不休で働いてくださっている皆さんも、いつ見てもテレビに出てくる枝野官房長官も、そして避難所で不安と恐怖、寒さ、哀しみの中不自由な暮らしを強いられている皆さんも、生活に困ることはなくても、やっぱり恐怖と不安と哀しみの中でくらしていらっしゃる日本全国の皆さんも。決して独ぼっちだと思わないでください。
世界は繋がっていると、今本当に思います。
そういえばそうです。
海も空も地面も。
地球とそれをとりまく全てが、途切れる事無く繋がっているんですもの。


↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

| | コメント (10)

ゆっくりと深く息を吸って

★別館『ちょびふうみ』と同じ内容です★

大震災発生から四日目。
被災地の悲惨な状況が報道される中、沖合を漂流中の男性が三日ぶりに救出されたり、津波に押し流されながらも瓦礫の中で生き延びた人が救出されたり、希望を繋ぐニュースも出てきました。
自衛隊も予備自衛官まで招集して、全隊出動体制でこれまでにたくさんたくさんの人達を救出しています。そんなニュースを目にするにつれ、絶望や哀しみだけに囚われてはいけない。
前向きに、今できることを考えよう。
と思いました。

今の私にできることの一つは、セラピストとして、皆さんにほんの少し心を落ち着け、体と心を休めることのお手伝いをすることです。
ここで書く正しい呼吸法とセルフリラクゼーション法は、心身ともに疲れている時、ストレスが溜まっている時、ゆっくりと休みたいのに眠れない時に患者さんに行ってもらうリラックス法です。

心も体も、激しいショックと焦燥感、疲労感、絶望感に支配されているに違いない日本の皆さん。
どうか一日に一度、ほんの3分間時間をとって、実行してみてください。
そして、少しでも疲れて傷ついた心と体を休め、明日への活力と希望につなげてください。

遠くに住んでいる私たち、いえ、世界中が日本のために祈っています。

●正しい呼吸法(3分間エクササイズ)●

・イスに座り軽く目を閉じる

・右手を胃の上に置き、左手を胸の上に置く

・青い風船が胃にあることを想像する

・その状態で、以下の要領で、10回深呼吸をする

—鼻から息を吸い込みながら、胃の風船が膨らんで行くことを想像する

— 体(風船)から空気を抜いて行くイメージで口から息をはく

—心の中で「リラックス、リラックス、リラックス」と言いながら1から10までカウントする(これを10回繰り返す)


●セルフリラクゼーション法●

一日二回、午前もしくは午後、そして夕方に一度行います。
2-3分の簡単なリラクゼーション法です。

特に強いストレスを伴う疲労感やいらだちをおぼえたときに大変有効です。
また、夜中に目が覚めてしまった時や寝付きの悪い時に行うと、リラックスした深い眠りにつくことができます。

1.心地の良いイスに腰掛ける。もしくは可能であれば横になる。

  気負わずに目の高さより少し上の位置に集中する。

  ゆっくりと三回、深呼吸する。

  三度目に息を吸いこんだ時、3秒間息を止め、3から1までカウントする。

  目を閉じてゆっくりと息をはきながら
  『リラックス、リラックス、リラックス』と心の中で唱える

  体中の力を抜き、ゆったりとした姿勢でリラックスする。

2.上記のゆったりとリラックスした状態で、
  黒板にチョークで『25』と書く様子を頭の中で想像する。

  次に『24』と書く。

  次に『23』、『22』、『21』……と25から1までゆっくりとカウントダウンしていきながら、
  順番に黒板にチョークで大きくゆっくりと書いていく様子を想像する。

3.1まで数え終わったとき、次に1から3までゆっくりとカウントする。

  3までカウントしたら目を開き、深呼吸してください。

97xs
↑イギリス紙の日本応援広告です。ありがとう。

Keanureeveskeanureevessets7bmctt4tu
↑今日のキアヌ。顔小さい……。



↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年3月13日 (日)

世界の声

たった今、津波に巻き込まれて沖を漂流していた男性が、無事救助されたというすごいニュースが流れました。
あのもの凄い津波に呑み込まれても、生き延び、そして救出されるまでずっと耐えていた。
すごいです。
こんなたった一つの奇跡が、どれほど私たちを勇気づけてくれることか。

まだまだ奇跡は起こるはず。

そして奇跡は、起るものだけではなく、私たちが起すこともできるはず。

いつもは色んな歴史的な問題やあれやこれやのせいで、なんとなくうまくわかりあえない色んな国の人達が『日本は良き隣国だ』と言って救援隊を送ってくれたり、『日本は今まで色んな国に援助し続けて来た援助大国だ。今回は、国連が全力で日本を援助する』と国連がコメントを出し、アメリカが『出来得る限り、考え得る限りの救援を』と立ち上がってくれました。世界中の国々が、救援の手を差し伸べてくれ、またそれは物や救援者だけでなく、メディアで『美しい国日本』と取り上げたり、日本独特の文化『耐える』ということの特別さとその素晴らしさを讃える記事を書いたりしてくれています。

“どんなに苦しい状況でも、『立ち直る事』それも『出来うる限り早く、そしてより良く、皆平等に』という共通の目的の為に、世界中のどの国のどんな民族よりも、ただひたすら耐え、待ち、そして手を取り合って共通の目的のために最高の努力ができる日本人は、驚くべき人達であり、畏敬の念を持たずにいられない”
とニューヨークタイムスが褒めたたえてくれました。

被災地の方々には、今のこうした声はなかなか届かないでしょう。
たとえ届いたとしても、現状はもっともっと厳しく、そして美しいことばかりではないはず。
そんなことよりも、一滴でも多くの水を、一食でも多くの食料を、一枚でも多くの毛布を、薬を、一秒でも早い救援を。
そう思われるのではないかと思います。

こんな遠くの国で私が何を言ったところで、何の役にも立たないであろうことはわかっていますが、それでもほんのちっぽけなことでも、何かできることがあれば……と思っています。

もし、twitterで拡散ご希望の事案がありましたら、是非ツイートしてください。
出来うる限り拡散する努力をいたします。

twitter
reikotakeuchi

そして、助けを求める小さな声を、どうか聞き逃すことのないように。
人も動物も、被災地の全ての生命に、一日も早く暖かく平和な日々が戻ってくるよう、心から、心からお祈りしています。


Pictures48
↑今日のキアヌ。キアヌも応援してます(と思う)。


↓ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年3月12日 (土)

Person Finder/災害時情報

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

超がんばれ

★別館『NYちょびふうみ』と同じ内容です★

昨夜チョビマガを発信した直後、日本のミワさんからメールが飛び込んできました。
『30分程前、日本で大きな地震がありました』
ただならぬ様子に、音を消してつけっぱなしだったテレビに目をやると、大変な事になっている様子が目に飛び込んできました。

コンタクトレンズをはずして音を消していたので全く気がつかなかったのですが、地震の様子を刻一刻と映し出していた日本語放送。
最初、地震の規模がどんなものだったのか、被害の規模はどれぐらいだったのか、情報が交錯していたのでただ黙って見ているしかできませんでした。
ところが、地震発生1時間後ほどでしょうか。
画面では幅広だけれど穏やかな波のように見えた、実は大変な規模の津波が、あっという間に家屋や樹々、幹線道路、車等を呑み込んで行く様を見、茫然自失。

これは。
これは本当に日本で起こっている出来事なんだろうか……。

上 空から映しているその恐ろしい様子はあまりにも非現実的でしたが、目の前の画面で刻一刻とは言ってくるニュースと、それを緊張しているけれど淡々と伝えて いる●HKのアナウンサーの声を聞いていると、コレは本当に今起っている事なんだ……と実感され、緊張と不安とで喉がからからになりました。

はっと思いつき、日本の友人達、特に東京以北の友人たちにメールを送ってみましたが、メールがはねかえってくる人なんかもいてさらにパニック。
そ して、タクオ(コンちゃんのダンナね)が東北大学の卒業だったことを思い出してぎゃーとなり、もしかしたらのもしかしたでタクオのご実家が仙台だったよう な気がしてきて、真夜中だというのにコンちゃんちに電話をかけてしまいました(結局タクオさんは栃木、宇都宮市の出身でした……)。あと、尻松さんとタマ キちゃんは、まさしく東北地方の出身。これもギャーとなって慌ててテキストやメールを送付。
結果、皆さんのご実家はご無事でした。

自然の力の前に、私たち人間は本当にちっぽけで無力です。
余震が続いたり、ご家族やご友人の安否がわからなかったり、避難所で不安で寂しい時間を過ごさざるを得なかったり。
まだまだ不安な日々を過ごされるであろう被災地のみなさん。近隣の皆さん。いえ、日本の皆さん。
どうか、お力を落とされませんように。
そして、一刻も早く救援の手が届きますように。
私たち遠くに住む者達は、こうして祈る事しか出来ませんが、心から皆さんのご無事と安全をお祈りしています。
被災された皆様へ、心からお見舞い申し上げます。
そして、亡くなられた皆様とそのご家族の皆様には、心からお悔やみ申し上げます。

最後に、Twitterでたくさんたくさん拡散されている韓国の方のツイートを転載します。
ホントに、超がんばれ。

『世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。』

↓今日新潟に戻られたはずの本間先生。飛行機はちゃんと着陸できたのかしら。そして、先生は今いずこ……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年3月10日 (木)

アッシュウェンズデー

今日はAsh Wednesday日本語では『灰の水曜日』です。
アッシュウェンズデー?何それ?
ですよね。
私もよく知りません。カソリックの何かなんですよ(?は?)。
あまりにもわけがわからんので、ウィキ様でしらべてみました。
以下転載
灰の水曜日(はいのすいようび)は、キリスト教カトリック教会をはじめとする西方教会の典礼暦年のうちの一日。四旬節の初日(復活祭の46日前)に当たる。元来はカトリック教会の行事であるが、その流れを汲むプロテスタント教会(聖公会、ルーテル教会など)でも行われる。東方教会では行われない。
カトリック教会ではこの日に大齋および小齋が守られるのが標準となっている。一般に典礼色は紫を使用する。この日の典礼では、前年の枝の主日(聖週間の初日となる主日、すなわち復活祭の1週間前)に使用された棗椰子(なつめやし)または棕櫚(しゅろ)の枝(北方地域では猫柳(ねこやなぎ)が使用される)などを燃やした灰の祝別式と塗布式が行われる』

ううううーん。ますますわけがわからなくなってきました。
まあとにかく、なんとなくカソリックだけじゃなくてプロテスタントでも同じ行事を行う流派があって、そんでもってねこやなぎを燃やした灰をぬりたくる儀式なんですね。
ニューヨークマンハッタンで一番有名なセントパトリック教会では、一般の人達にもこの灰ぬりたくり儀式を行っているそうで、そりゃ行ってみなくちゃ。とやじうま根性丸出しで行ってきました!

Img_1801
↑セントパトリック教会。いつ見ても荘厳です。

Img_1803
↑列はできていませんでしたが、行列用の柵がたてられています。前方には『ASHES』という看板も。

Img_1804
↑教会内部にも同じ看板。

Img_1807
↑灰をぬりたくってもらいたい人の列です。

Img_1808
↑ぬりたくってもらっています。

ここまで読みながら『ぬりたくるぬりたくる、って、どこにぬりたくるんじゃっっっっっ!!』と思ってらしたそこのあなた。
真相はコレだ!

Ashwed
↑自分撮りしたらヨリ目になった。

そう。おでこにねこやなぎで十字をかいていただくんです。
でも周辺の十字おデコ列にいたアジア人は私一人。やじうま丸出しです。
列の最前にたどりついてねこやなぎ係の人と正面切って向き合った時、彼の目に明らかに「マジで?」という疑問がありありと浮かんでいました。
それでもちゃんと呪文(?)を唱えながら、右手の親指でおでこにペケポン。
思わずサンキューって言っちゃったけど、あれは多分大間違いでした。

おデコに黒々とペケポンをつけて意気揚々と外に出ると、今まさに車に乗り込んで去って行くおデコペケポンのニューヨーク州知事クオモの姿が。
おい待ってくれ、今写真撮るからっっ!!!

って思ったですけど、そんなもん待ってくれるわけないですわね。

ちっ。と思って表に回ると、今度は消防車がデデン。
おっ?と思って見ていると、おデコペケポン消防士さんたちがズラズラズラ。

Img_1815
↑消防車。

Img_1812
↑ほれ。

Img_1813
↑ほれほれ。

Img_1814
↑しかしなんで全員ものスゴいしかめっつらなんでしょうか。

そしてこの後、私はおデコペケポン状態で新潟の本間先生にお目にかかることになるんですが、初対面なのいおデコペケポンな私を一目見た本間先生。

「なんで今日、みんなその十字をつけてるの?」
と素朴な疑問を投げかけてこられました。

今日アッシュウェンズデーなんですよ、先生。

「アッシュウェンズデーって何?」

……さあ……

「さあって……」

たしかカソリックの行事なんですよ。

「ああ。あなたカソリックなんですか」

いいえ違います。

「…………」

出だしから非常識丸出しだったリンコさん。
その後、とても楽しく興味深いお話をきかせていただき、2時間ぐらいがあっという間にたってしまいました。
でも、たぶん、金沢が石川県にあることに気づいていなかったり、新潟の名産品って何ですか?とアホ丸出しな質問をした私に本間先生は、『バカっぽいフリをしている普通の人かもと思っていたけど、もしかしてホントのただのバカ……?」と思われたかもしれません。
いやー。しかしジャーナリストの方は、骨太で知識が豊富でらして、お話を伺うのが本当に本当に楽しいです。バカ者に対しても普通の人に接するように接してくださる所も、さすがジャーナリスト(?は?)。
そして、たくさん楽しいお話で楽しませていただいた上に、美味しそうなおみやげもいただきました!
そのうちの一つが、もうリンコさん的に超ツボ。

Img_1827
↑新潟名産のおモチと新川せんべい。

この新川せんべい。私は知らなかったんですが知る人ぞ知る名品だそうで、本間先生によると「酒を注いでかじるんです」とのことで。
え。
おせんべいにお酒を?注いで?かじる?

箱だけ見ていても、意味がよくわかりません。
ひとつ開けてみるとしようか。

Img_1828
↑うわっっ!

金賞受賞の新川せんべい!巨大!しかもそのシェイプが……。

Img_1829
↑編み笠か鉢のような……。そして巨大。。。

なるほど。これを裏返してお酒を注いで端からぽりぽりと。
うーん。
私はお酒が飲めないのでなんともよくわからないんですが、コレは甘いおせんべいのように見えるんですが。それでお酒を注いでかじったら、やわらなくなったとこらへんは、一体どんなお味になるんでしょうか……。
そして、こんな風に今のんびりとおせんべいなんて手に持って写真撮ったりしてますけど、実は帰宅後大事件が発生したんです(ちょっと大げさすぎた)。
この続きは『ふにゃらチョビふうみ』で!

Keanuenhancedbuzz2021212952853181
↑今日のキアヌ。若気のいたり、ってヤツですかね。

↓本間先生ごちそうさまでしたっ!(ま、またおごってもらったんかっっ!!)
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年3月 9日 (水)

もう……

今日は朝から忙しくて忙しくて、そんでもって仕事が終わってから久々のバドミントンなんかに行っちゃって、もう体ボロボロヘトヘトです。
明日も朝から仕事だし、色々やらなくちゃいけないこと一杯だし、だもんですんません。

Photo_2
↑名付けてワンパスくま。

カレがあまり頻繁に登場しないようにいたします。
ああ。疲れた。明日も朝から忙しいのに、もうダメかも……。

Keanuenhancedbuzz2022112952884524
↑今日のキアヌ。ヘンな写真。。

↓ていうか、こんな写真作ったり今日のキアヌやってる間に本文書けば良かったんじゃ……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年3月 8日 (火)

グラマシー

今日のチョビとのお散歩は、趣向を変えてレキシントン街をまっすぐ南下してみました。
20丁目台のレキシントン街は、グラマシーと呼ばれるエリアです。
突き当たりには素敵で小さな公園があります(グラマシーパーク)が、そこはグラマシーパーク周辺のアパートの住人とグラマシーホテルの滞在客しか鍵を持たせてもらえず、一般の人は入れません。

そのパークよりちょっと北の当たりは、インド街です。
Curry on HurryとかWIndows on Curryとか、カレーな名前のお店がずらずら。インドの食材屋さんもたくさんならんでいますし、中には日本食のかくれた名店もちらほら。
意外にグルメなエリアなんです。

そんな中で今日初めて気がついたレストランが一軒。
よく見ると、日本の雑誌にも載ったことがあるみたいです。

Img_1791
↑ココ。サンタみたいなシェフがバイクに乗ってる写真が貼られていました。いまいちコンセプトがわからないんですが、多分フレンチぽい感じ。お店の外観がカワイイです。

よし。
ココは今度是非朝ご飯(ていうか、昼?)を食べに来てみよう。

テクテク歩くとどんどん増えて行く路上駐車のイエローキャブ。
Img_1792
↑ズラズラズラ。

インド系の運転手さんが多いイエローキャブですが、『キャブドライバーが集まるお店は美味しい』という定評もあり、コレは美味しいお店が多い証拠なのか、それともただ単にインド街だからか?

Img_1794
↑横町に入ってしばらく歩くと、こんなB&Bがひっそりと。

じーっと見ると右端の青い天蓋に書いてある文字が『American Dream B&B』。
うーん。大志を抱いてNYに出て来た若者が、ココに泊まってアメリカンドリームをかなえる第一歩にするっていうコンセプトですかね。
でも、できればここには泊まりたくない気がしますんですが。

Img_1795
↑しかもそのならびにはこんな怪しい風体のお店が。何だここは。

Img_1796
↑昨日のブティックなんて足元にも及ばないほどの、やさぐれてやる気無さ200%ショーウィンドウ。ギター85ドル。

Img_1797
↑あまりのヘンさに中をコソっと覗いてみて気がつきました。質屋さんだ!!

Img_1798
↑埃まみれの電化製品。

Img_1799
↑宝石類。

あまりのわびしさになんとなくドスーと落ち込みました。
でも、ちょっと興味もあるなあ。
お家にあるジュエリーで使わないものを持ち込んでみようかしら。どんな案配に話が進むのか、すっごく興味があります。

Img_1800
↑そして、質屋さんのならびには新築高級コンドミニアムが。

いやー。人生の裏表を一度に表すさすがニューヨークならではの景色でした。

……ていうか。
今日はカワイイやら美味しいやら珍しいやらの風景を撮ろうと思ったのに、やっぱり結局ヘンな物にしか興味がわきませんでした……。
私、心底ヘンなモノ好きなんですかねえ(遠い目)。

Keanureeveskeanureevesshadowboxesje
↑今日のキアヌ。あーだからこの人の事も好きなのか……。

Images8
↑オマケ。今日のヨン様。コレもある意味ヘン……。

↓インド食材店で何か買いたかったけど、何を買えばよいのか皆目検討がつかなかった。
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年3月 7日 (月)

久々に見た80年代ニューヨーク

昨日は久々に懐かしの荒くれニューヨークを見ました。
お友達のタマキちゃんとチエちゃんと三人でランチをした後、用事のあったチエちゃんはダウンタウンへと旅立ちましたが、私とタマキちゃんは3ー40分ほどの空き時間を利用して、そこらをブラブラ→ウィンドーショッピングに移行。
私がずっとずっと前から気になって気になって仕方なかったグラセン前のチョー怪しいお店『K&H』に行ってみました。
グラセンの角、42丁目とレキシントン街の北西角にあるStrawberryは、私のオキニであり御用達である超激安アホ丸出しショップなんですが、その通りを隔てたお向かいに常にそのテナントが入れ替わり立ち代わりして数年間落ち着きのなかった大きな店舗スペースがあるんです。
実は10年ぐらい前はそこはレストランでした。
かなり長い間そこで営業していたレストランが閉店し、しばらく空き屋だったんですが、その後何度もテナントが移り変わりしつつ、常に怪しげなブティック(と呼んでいいのかあれを)だったんです。
さて。そのK&Hに変貌したのはいつ頃の事だったかしら。
よく覚えていないんですが、多分1年未満のことではないかしら。
外から見ると、もうまさしく『うらぶれて』『朽ち果てて』『荒れ果てて』『わびしくて』『寂れまくって』いる様子なんですが、半年に一度も拭いてないんじゃないかと思われるウィンドーにどうでもええわいという態度で並べられたマネキンが来ているお洋服達は、そんなに悪く無さげ……というか、なんとなく高級品感が漂ってくるんです。素材感とかデザインとか。
しかも、その小汚いウィンドーの隙間から中を覗いてみると『Emilio Pucci』とか『missoni』とか『miumiu』とか『PRADA』とかの文字が見える気がしてならなかったんですよ。
で、ちょうど暇だったタマキちゃんを道連れに、思い切ってその荒れ果てたお店に入ってみました。

するとタマキちゃんがいち早く発見したのはsee by chloeのラック。
「あっ。クロエだ!」
そしてその、色とかサイズとかデザインとかジャンルとか、何もかも無視して、やっぱり『どうでもええわ』的態度丸出しでひっかけられたたくさんのラックに並んでいるお洋服達は、多分2シーズンぐらい前の高級ブランド品ばかりでした。
思わずタマキちゃんと『うおおおおおおおおっっ』とコーフンしてしまい、あれもこれもうわーすごいなんじゃこりゃなんじゃこりゃっ、とあちこち駆け回り、何種類かのお洋服や靴も試着したおしてしまいました。

で。
このお店、レストランの時は地下があったんですよ。
その地下がまたレストランだけどお客が一人も入っていなくて、なんか全体的にゴキブリ臭が漂ってる感じだったんですが、ショップになってからもやっぱり当然地下がありました。
「地下にもたくさんあるみたいですよ」
というタマキちゃんの言葉に、おそるおそる地下に降りてみると。
そこがスゴかった。
まさしく私が渡米した当初、ウールワースやコンウェイ、センチュリー21等のやさぐれショップで味わった、あのなんともいえないすてばち感、荒くれ感、やさぐれ感、投げやり感、売り物に対する愛の無さ感が目一杯漂っていたんです。

Img_1782
↑どうでも良い感漂いまくっているヘンな匂いのする試着室。

Img_1783
↑この入り口を見た瞬間、試着パワー100%減。

Img_1784
↑暗い。ダサい。客も店員もいない。

Img_1785
↑だだ広くて天井のパイプむき出し。

地下に置いてあった商品は、高級ブランド品ではありませんでしたが、まあまあ名前の知れたカジュアルブランドや下着類。
探せば良いものや役に立つ物がありそうでしたけど、それより何よりこれだけ大量の商品が激安で売られているのを見て(高級ブランド品も)、まず思ったのは「一体全体どこからこんなものがこのやさぐれたお店に流れてくるのか?」でした。
そして、特に地下の商品群。
売れるのか?
本当に売れるのか?
いいのかこんなことで?

疑問とちょっと懐かしい気持ちとを抱えてまた一階に戻ると、店員たちがギャハハハハとおしゃべりしながらやる気の無い態度で入荷したばかりの靴を並べ始めていました。
あまり興味がなかったのですが、じーっと見ていると並べられた靴は皆プラダとかMIUMIUとかそんなんばっかり。しかも激安価格からさらに60%オフ→一足40ドル。
ぎいええええええええええええええええええええ。
タマキちゃんとびっくり仰天して投げやりな感じに棚に放置された靴たちをチェックしましたけど、残念無念合うサイズがありませんでした。
お店の人が「毎日色々入ってくるのよ。通りかかったら寄ってみたら?サイズが合えばお買い得だし」って教えてくれました。
いやほんと。おっしゃる通りです。
そう教えてくれたショップで唯一やる気があるっぽくて親切だったこの女性は、ミドルネームが『アナスタシア』。お母さんが『プリンセスのような娘に育ちますように』と名付けてくれたんですって。
なんでこんな話になったかというと、私の名前を訊くので『レイコ』と答えたら「マー!カワイイ名前だわっ。息子が産まれたらその名前をつけたいわっっ」と。
まあ。
褒めてくれたつもりだったようなんで、「ああそう。でも息子さんが日本に行ったらちょっと恨まれるかもね」とは言わずにおきました。

グラセン近くにお越しの際は、是非この砂漠やる気ゼロショップに立ち寄って、掘り出し物があるかどうかトライしてみてくださーい。

Img_1781
↑オマケ。ランチは『ル・パン』で食べた卵サンド。美味しかったです!

Keanureeveskeanureeveswestvillagevo
↑今日のキアヌ。この人もよく『ル・パン』でランチしてますね。


↓ランチの写真見たら、真夜中なのにお腹へりました!
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年3月 5日 (土)

孤独死

この間書こうかなと思っていたら、キアヌ浪人(←この言葉、あまりにも似合いすぎ)の映画の話題で書きそびれていた孤独死の話なんですけどね。
いやまあ、そんな大層な話ではないんですが、つい先日リン母から電話がありまして、何の前後の脈絡もなしに、突如説教くらったんです。

「それであなた。どうするのこれから!」

それで、、、って言われても、なんかその寸前まで、たしか『ガラスの仮面』の話かなんかしてたような気がするんですが。
突如始まった説教に、一体何の話かわからず「……えっ……?」と問い返すと

「だからこれからあなた一体どうするつもりですか!」

い、いや。別にどうするつもりもないけど……。
ていうか、一体何の話……。

「真面目にしなさい!」

真面目にしたくても、話が見えないんですけど。

「そんな大体いつまでたっても身を固めずに、一人で暮らして年取った時どうするの!?何か計画はあるんですか、将来の!?」

け、計画……。まあ無い事も無いというかなんというか……。

「どういう計画でいるのか、お母さんに説明しなさいっ」

ああ。はあ。ええと、まあこのまま順調に90歳ぐらいまで生きて、最期はパリのアパルトマンの屋根裏部屋で孤独死かなあと……。

「ばかっっっっっっっっっ!!!」

ひいっっ。ばかっっっっっっっていわれても、マジでその線で行こうと思ってるのにい。

「そんな孤独死なんてやめなさい!」

や、やめなさいて……。

「どうするんですかっ。孤独死なんかしたら、ひとりぼっちで苦しんで、挙げ句の果てに死体が誰にも発見されずに腐ったり白骨化してから見つけられたりするのなんか困るじゃないのっっ!」

いや……いやいやいや。
死んでしまって腐ってるんだから、私は別に全然困らないっていうか……。

「いい加減にしなさいっっっっっっっっっ!!!!」

ひいいいいいいいいいー。でも。でもでもでも。誰かのお部屋にいって腐った死体を発見するのはすっごく困るけど、腐ってる側になるんだったらもう死んでるし腐ってるんだから、全然いいんじゃないかと……。

「ああ。お母さん、どうしてあんたがそんな風に育ってしまったのか、わけがわからないわ。。そんな風に育てた気は全然ないのに、お父さんにいうと『あんたの作品やで』っていわれるし……」

いやあのでも。別に孤独死して腐ってもええわ、と思うような大人に育てようと思って子育てする人は、あんまりいないんじゃないかと思うんですが。

「お母さんは絶対イヤ!孤独死なんて!」

う。いやだから。別にお母さんに孤独死しろとは言ってないし。

「でも、病気になって寝たきりで管に繋がれるような状態になったら、絶対延命処置はしないでちょうだいっ。わかったわねっっっっっ」

え。な。だ、誰が?何で?何の話?

「お母さんは、病気になって寝たきりで管に繋がれるのは絶対まっぴらよ。そんな目に遭うぐらいなら死んでしまったほうがマシ!」

え。あ。ああ、お母さんの話に移行したんですね。はい。わかりました。はいはい。
でもほらね。お母さんがそういう風に思うように、私だって死にそうな時に健康で元気な連中にガーとベッドの横から覗かれたりするのイヤだし、第一死ぬときは誰でも一人なんだから、それならまあ孤独死でいいんじゃないかと、そういう考え方よ。それはわかってくれるでしょ。

「……うーーーーーーーーん……。。。とにかく、そんな屋根裏部屋とか腐るとか、そんな話きいたことないわ」

いや。腐るっていうのはお母さんが言い出したことだし。。

「とにかく、もっと真面目に生きなさい、人生を!」

……は〜〜い……。

「不真面目過ぎますっっっあなたは!!大体!!!!」

…………は〜〜〜〜い…………。

結局対リン母的には、せめて屋根裏部屋だけはやめて、病院のベッドか老人ホームのベッドで一人で眠るように死ぬ、ということにしておきました。
なんか……。
わけのわからん妥協をしてしまったような気が……。

Keanureeveskeanureevessetvgvfc8qj7w
↑今日のキアヌ。孤独死仲間候補ナンバーワン。


↓チョビ今日は二食とも完食!!
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

2011年3月 4日 (金)

わがまま

賢くて紳士で不思議な犬キャンピオンについて書いた後、こういう話題で何なんですが、このところチョビのワガママ度がまた増しています。
もう本当に本当に元気一杯で、16歳というと必ず必ず道行く愛犬家たちに「げええええええええええっっ!!じゅ、じゅ、じゅうろくさいっっっっっ!!!!???」ってびっくり仰天されますし、まあ見た目は、犬界では若い犬達から見ると、キッシンジャーとか今年亡くなってしまったタイタニックのおばあさん女優とかぐらい老けてるんでしょうけど、体力脚力共にウルトラ元気。先日コタパパさんに「コタちゃんとセントラルパークいけていいですね。うちはチョビはさすがに無理です」っていったばかりなんですが、もうおくさん、全然無理なんかじゃありませんでした。
5番街を北上しつづけ、52丁目あたりになると馬の匂いがしたのかはたまた緑の香りがするのか、それともセントラルパークの土の香りなのか、突然ピョーン!とスキップしてチョビ猛ダッシュ。セントラルパークまでドドドドドドズドドドドドドドと全速力です。
でまあ、パークで何をするのかというと別に何もしないんですが、匂いを嗅ぎまわって嗅ぎたおして、もうそれはすでに決定事項であるかのように、人の気持ちなどおかまい無しに「そろそろ帰らないと晩ご飯に間に合わないからね」
といわんばかりにスタスタと帰路につきました。
まあはっきりいってその頃は私のほうがヘトヘトですよ。

果たせるかな、42丁目の2番街あたりまで来ると、またもや猛ダッシュ。
晩ご飯めがけてまっしぐらです。
障害物競走のウマのように駆け続け、歩道にはそこまでせんでもというぐらいの大ジャンプで飛び乗り、あっという間に帰宅です。
部屋に入った瞬間から、今度は絨毯の上をドスバタドスドスドスっと異様に興奮して走り回ります。
もうホント、私のほうが疲労困憊状態で、お願いチョビちょっと座らせて、とお願いしても、走り回ってジャンプしまわった挙げ句に
「早くゴハンくれろ!」
と吠え始めます。

ひいー。わかりましたはいはいはい。

と慌ててお食事の支度をさせていただき、さどうぞできましたご主人様、とお出しすると、フンフンフン、と匂いを嗅ぎ……。
嗅ぎ……。

フン。


とそっぽを……。



チョ、チョビ……。
食べないんじゃあるまいね……。


いやもう、先日のゲロリンパ事件以来、新しいフードに変えたら元気一杯食欲倍増で、ゴキゲン続きだったんですよ。
なので、一杯カンヅメを買い込んだばかりなんですけど……。
まさか、もう飽きたとか、そんなこと、いくらなんでも、ないよね……ねねね……チョビ……。

Img_1780
↑知らん顔で鼻からちょうちん。

Keanureevesrobertdowneyjnrwifesusan
↑今日のキアヌ。おっ。コレもデートか!?デート前にお風呂はいったかなあ……。



↓チョビ……朝ご飯も残した……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2011年3月 3日 (木)

キャンピオン

このブログを始めた時。
一番最初の話題がメキシコ旅行でした。
なのでもうかれこれ4年か5年前?のことですよね。

この冬あまりにも寒かったせいか、暖かい土地への憧れがどんどん強まり、ユカタン地方を旅したあのときのことを頻繁に思い出し、ううう、またいきたい。でも野良犬ちゃんが多すぎて胸がしめつけられるのでやっぱ無理。という思いに悶絶しています。

あのユカタン地方旅行で出会った、一匹のものすごっく不思議な犬『キャンピオン』。
旅のはじめの方で宿泊したシャランテという名前の古い荘園ホテルにいた雑種犬なんですが、白地に茶ブチで胴回りがコロッコロのパッツンパッツン。シッポが妙な形に曲がっていて、耳も片耳がゆがんでいて、顔はピットブルと柴犬のハーフみたいな感じ。
そして、それはそれは本当に本当に賢くて賢くて勇敢で、なんといっても一番スゴかったのは、私の周りのどの人間の男性より紳士だったことです。

シャランテは朝食と夕食サービスがあるのですが、その時宿泊していたのは私とあともう一人の女性だけ。
朝食時と夕食時だけシェフがやってきて食事を出してくれるのですが、その他の時間帯は牧場の馬の世話やその他の雑用でアメリカ人女性のオーナーがそこらへんをウロウロしているぐらいでほぼ無人。お掃除もメキシコ人の男性が、さささーっとカンタンに済ませると、荘園内は夕食以降キャンピオンと宿泊客だけになってしまうんです。

とある夜。
私が庭に面したテラスで読書をしていたら、キャンピオンがそっとやってきて、本を読んでいる私を遠くからじっと見ています。
ふと顔を上げると、カレも首をかしげて真っ黒な目で私を見つめます。
「キャンピオン。こっちに来て」
と呼ぶと、ふと庭の暗闇に目をやり、何かを確かめるような顔つきになった後、スタスタとやってきて私の座っていたイスの横のカウチにゆったりと横たわりました。
それから小一時間、読書をしている私の横にいてくれたキャンピオンは、お昼間の尺取り虫みたいなだらしない有様とはまるで別人のように、グッと顔をあげ庭の暗闇や反対側の入り口に目をやり、何かを見張っているような様子でした。

そろそろ部屋に戻ろうかなと本を閉じると、キャンピオンはさっとカウチから飛び降り、立ち上がった私の横に寄り添い、私の顔を問いかけるように見上げました。

夜は防犯のためにテラスから部屋に通じる扉がロックされてしまうので、一旦裏庭に回って反対側のドアから部屋に戻らなければなりません。
真っ暗な裏庭を通り抜けるのはちょっとイヤだなあ、と思っていたのですが、裏庭に通じる扉のところまで私の横にぴったりとついて歩いていたキャンピオンは、扉を開けた瞬間サッと私の前に立ち、前方に何もいないことを確かめるようなそぶりをすると、クルリと私のほうをふりむき「さ。大丈夫ですよ」というような顔つきで頷いてみせ、今度は私の少し前をゆっくりと歩き先導しはじめました。
その姿はもう完全に『エスコート』です。

濃い芝生や草木の香りがする裏庭を抜け、私の部屋のドアの前にたどり着くと、キャンピオンは私がドアを開け部屋の中に入るのを見届けようとするかのように、少し離れた所に座りじっと見ています。
観音開きの大きなドアを開け放ち、「キャンピオン、今日は一緒に寝る?」と声をかけたのですが、キャンピオンはそこから微動だにせず、じっと私がドアを閉めるのを待っていてくれました。
ドアを閉めるふりをして、細く開けた隙間から覗いてみると、全く同じ場所に座ったままのキャンピオンと目が合いました。
うわっと思ってドアをピタリとしめ、鍵をがちゃりとかけると、ドアの外でカツカツカツとキャンピオンの爪音が響き、そしてそれが遠ざかっていくのが聞こえました。

キャンピオン。
元気にしてるかな。

懐かしくなったので、ダメもとで検索してみました。
『シャランテ、ユカタン、キャンピオン』で検索をかけたら、なんと!一枚だけ写真がヒットしたんです!
添えられていたのは、私と同じく女性の旅行者がシャランテで出会ったキャンピオンについて書いたブログの一文でした。

『好奇心旺盛で勇敢で変わり者だけど紳士のキャンピオンは、私が安全に楽しく過ごしていることを毎日確認してくれた』

うわー。
キャンピオン。相変わらずなのね。

嬉しい気持ちと懐かしい気持ちと、そしてちょっとだけ嫉妬心が。

ああ。また会いたいなキャンピオン。
そして、また夜には部屋まで送ってほしいなあ。
あと、お昼間芝生の上で巨大尺取り虫みたいにズズ……ズズズズズ……と匍匐前進移動する謎な行動もまた見たい。私を見るたびに、シッポをグルリグルリグルグルグルっと激しく回転させる技もまた見たい。
次会うまで、元気でいてねキャンピオン。

ちなみにキャンピオンは、英語ではチャンピオンだそうで。
なるほど。

2579257144_5dee73674d
↑荘園に付属しているチャペルに通じる廃墟風壁と女性とキャンピオン。キャンピオン、今見ると結構足長いな。

Keanureeveskeanureeveswestvillagezy
↑今日のキアヌ。デート?

↓キアヌの赤穂浪士・ハーフ侍にリン母。『なんでそんなことするのっ?』だって。そう言われても……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年3月 2日 (水)

赤穂浪士カッパ

今日は実は『孤独死』について書こうと思ってたんですよね。
なんでそんな事を思いついたかというと、まあテレビドラマの登場人物のセリフを聞いて、ふと思ったことがあったからなんです。
でも、そんなこと考えていたら関係各方面(?)から『キアヌの映画記者会見が!』の速報が!
たくさんのコメントもありがとうございます。
もうすっかりキアヌ担当になってしまいました、私。(勝手に任命されてみた)

いやー。ホント。久しぶりの公の場に出て来た(てこともないか?)仕事モードのキアヌでしたね。
早速記者会見の様子をビデオで見てみました。

47roningroupphoto_article_story_m_2
↑真田さん、大顔連盟会長に任命。

まず、恋人役の柴咲コウちゃんが記者会見の間一度もキアヌの顔を見なかったことに違和感が。なんとなく『外人(キアヌ)に話しかけられるのを恐れている留学したての学生』風に見えたんですが、彼女は帰国子女かなんかじゃなかったでしたっけ?恋人役なのに大丈夫なのかな。でも役者さんなんだから、ビシーっとキメるんでしょうね。
そして、浅野なんとかさんという吉良役の人以外は、どうも暗めな感じがしたんですが、私の気のせい?

Ronin1
↑コウちゃん、目線下。

Ronin3
↑浅野さん、顔小さい。ヘタするとキアヌより小さい。

ハリウッドデビューずみ、LA在住の真田さんですら、なんかネクラぽい感じで。なんといっても一番暗かったのはコウちゃんですけど。まさかもしかして隣りのキアヌが臭かったとか、そういうんじゃないでしょうね……。
全員が日本語でスピーチ(?)している間のキアヌのヌボーッとした様もかなり笑えましたけど、キアヌ自身のスピーチも相当なんじゃそりゃな感じがしたんですけど、それも私の考え過ぎですかね。
どうも記者会見のキアヌは、風呂上がりのボケーとした状態で、高校受験の息子に数学の試験問題の解答を訊かれたから、よくわからんけど適当に答えとけ、となった半酔っぱらいのお父ちゃんみたいな感じに見えました。私的には。

Ronin2
↑ほんまかいな。と一人つっこみ入れてしまいました。

そして、コメントでもいただきましたが、あの格闘技選手権みたいな巨大監督はマジでカッパを映画に出すつもりでしょうか。
日本語字幕では違った風に翻訳されていましたけど、私にはあの監督が考えている映画の姿は『西洋人が見る夢の中のファンタジージャパン』という風に聞こえたんですが。
ああた。
赤穂浪士をファンタジージャパンて。
それにキアヌよ。
赤穂浪士を『悲恋の物語』て。
『登場人物全員が皆それぞれの苦しみを抱えている』、っていうのは確かに今まで何度も描かれて来た赤穂浪士の物語の一つの描き方ですよね。
いや、そもそもこの地球上に生きとし生けるもの全てが、皆それぞれに苦しみや哀しみ、喜びを抱えてそれぞれの物語をいきているんですけどね。
でも、それぞれの苦しみと赤穂浪士とカッパがどう絡んでくるのか。
そもそもどうやって赤穂浪士にイギリス人となんちゃらかんちゃらのハーフの侍を混ぜ込むのか?
3Dで見るキアヌは清潔なのか?
全てが疑問で、そしてやっぱりとても楽しみです。

Keanureeveskeanureevesoutlondonqs3r
↑今日のキアヌ。『ハリウッド大作』『超大作』って共演者の俳優さんたちが言うのを聞く度に「えっ?」て思った私。すっかり『隣りのキアヌ』化してます……。

↓キアヌ、このために髪を伸ばしているのか。それともただ無精なだけ?
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年3月 1日 (火)

お家ゴハン

怒涛のレストランウィークが終了し、今日は部屋の模様替えも終わってゆっくりのんびりお家ゴハンとなりました。

Img_1758
↑模様替えでベッドの場所移動。フテ寝。

で。
本日のメニュー。

Img_1755
↑ネギラーメンとチクワ。

シンプルにサクっと。
ていうか。
チクワ丸ごと食べるな。


Keanureeveskeanureevesoutlondonntjy
↑今日のキアヌ。カレもチクワは丸かじり派だと思う。

↓当分外食はおやすみざます。
人気ブログランキングへ

| | コメント (9)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »