« 救われた…… | トップページ | 暖かな気持ちで »

2011年3月17日 (木)

チャリティーのお知らせとお願い<その1>

チャリティーの概要が決まりました。
連絡方法と合わせてさらなる詳細が決まりましたら、また追って告知させていただきますね。

被災地の皆さんへ支援や勇気を送るだけでなく、日本の皆さんに私たちの声を届けたい。
そして、そうすることで私たちもまた、勇気と元気と笑顔をもらえると思いチャリティーイベントを企画しました。
私のメールアドレスブックに載っている限りの皆さんに送ったメールを以下に転載しますね。
も し、NYにお住まいの皆さんで「よし。私も参加しよう!」と思ってくださった方。是非御連絡ください。日本にお住まいの方でも、是非何らかの形でのご参加 をお願いいたします。どんな形でも構いません。できるだけ多くの皆さんにご参加いただき、できるだけ沢山の声を手を、日本に届けたいと思います。
____________________________________
“東北地方太平洋沖大地震チャリティー”のお知らせとお願い

4月1日(金)寄附受付:午前10時から
       チャリティーイベント:午後6時から8時まで
場所:Excy Laser  147 West 35th Street. NY NY 10001

こんにちは。竹内玲子です。

この度、東北地方で大変な災害が発生し、ご家族やご親戚、ご友人、知人の方々が現地にお住まいの皆様におかれましてはさぞご心痛の日々を送られていることと思います。
また、ご縁者の方が当該地域にお住まいでない皆さんも、一日本人として、また日本を故郷と思われている全ての皆さんも、
日々明らかになる日本の惨状と、原発の状況の不安・恐怖、そして頻発する余震と新たな地震への不安に
胸がつぶれるような思いをされているのではないでしょうか。

かくいう私も、地震発生の瞬間からテレビの前を離れる事ができず、
繰り返し伝えられる同じ内容のニュースさえ、まるで中毒になったかのように
繰り返し繰り返し見続け、また涙し、朝から晩まで気鬱な思いが頭から離れる事の無い日々を送っています。

今、自分に何ができるだろうか。
と自問しては、こんなに遠く離れた国でくらす自分には、何もできることはない。
ただひたすら、ブログやTwitterで励ましの言葉を書き、必要と思われる情報を拡散し、
がんばれ、がんばれ、どうかがんばって。
と祈る事しかできない毎日に、ともすれば心が折れそうになり、さらに暗鬱な気持ちになっていましたが、
本日、友人の藤原珠美さんの提案で
『私たちだって、チャリティーイベントをすることができるんじゃないか』
と思い至りました。

有名人でもなければ政治家でもない、芸能人でもなければ億万長者でもない私たちですが、
(あ。中には有名人の方、芸能人の方、政治家の方、億万長者の方もいらっしゃいますね。すみません……)
日本のみなさんに
「こんなに遠くに居る私たちだけど、忘れていないよ。応援してるよ。そして、毎日祈っているよ」
と伝えることができたら。と願って。

私たちの声が届く事で、それだけで勇気づけられ励まされる人達がいると、ほんのわずかな力でも言葉でも
毎日ブログを綴っていて気がつきました。
被災地の方々だけではなく、今日本中がそんな励ましと勇気を必要としていると感じました。
被災地の皆さんに、この私たちの声や手が届くのはまだまだ先のことかもしれません。
それでも、私たちに今できることをできるだけやろう。
そして、その手や声が必ずみんなに届く事を信じて、目一杯手を伸ばそう、精一杯声を挙げよう。
そう思いました。

そこで皆さんにお願いです。
まずはチャリティーへのご参加を是非お願いいたします。
そして、出来うる事なら、皆さんのそれぞれのプロフェッション・人脈等々を生かしたドネーションのご提供もお願いしたいと思います。
その内容の如何は問いません。
『日本に勇気と笑顔を、元気を送りたい』
その気持ちが全てです。
歌を歌って贈りたい、と思ってくださった方はチャリティー会場で唄ってください。
踊って皆に元気を。と思ってくださった方は踊ってください。
音楽を届けよう、と思ってくださった方は、楽器を持っていらしてください。
例えば美容師の方にヘアカット半額券をご提供いただいて、ご購入いただいた方に素敵なヘアカットをしてさしあげるというのはどうでしょう。
ヘアカット券の収益は全て募金いたします。
画家の方は絵を寄附していただいても、またはその場で販売していただいて収益を募金していただいても良いのではないでしょうか。
写真家の方は写真を。
料理家の方はお料理を。
作家の方は御著書を。
何もないぞ、という方は励ましのメッセージを。
何でもいいんです。本当に。
是非、今自分にできる限りの最高の励ましをご提案いただいて御参画いただけましたら、この上ない喜びです。
すでに様々な団体にそれぞれにご寄附されている方も恐らく大勢いらっしゃるのではないかと思いますが、
このチャリティーにも是非何らかの形で是非ご参加いただき、一人でも多くの人間が今日本を応援している、無事を、一刻も早い復興を
心から願っているとメッセージを伝えていただければと思います。

御参画いただける方々は、是非こちらのメールに御返信ください。
詳細のご相談は、追ってメールやお電話にて御連絡させていただきたいと思います。
また、どうかこのチャリティーの企画を、できるだけ多くの皆さんにご広告いただければ大変助かります。
一人でも多くの方に知って頂き、何らかの形でご参加いただければ、と思っております。

最後になりましたが、今回の大震災で被災された皆さんとそのご家族、ご親戚、ご友人の皆様に、心からのお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
また、この度の震災で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆様へ深い哀悼の意を申し上げます。

http://reikotakeuchi.cocolog-nifty.com/blog/
http://ameblo.jp/reikotakeuchi
竹内玲子

Keanureeveshenrycrimepressconferenc
↑今日のキアヌ。この際この服装でもいいから、チャリティーに参加してくれないかな……。

↓引き続き、拡散ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

|

« 救われた…… | トップページ | 暖かな気持ちで »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

リンコさん

私もまったく同じ気持ちで、モヤモヤしていたところです。
料理家でもなんでもないのですが、何か作って(カップケーキ、クッキーとかパン)とか持って行きたいと思いますが、どうでしょうか?詳細をお願いします。Yuko

投稿: Sarah | 2011年3月18日 (金) 09時32分

初めまして、本田マキともうします。
いつもブログを楽しく読ませていただいています。

今回日本で起こっている事、世界中のみんなのように心を痛めています。現状の辛さについてのコメントはみなさん分かっていると思うので、あえて控えておきます。

しかしこのひどいニュースを見ながら、私たちに何ができるかと、友人の深谷牧子と話していたなか、やはりできるかぎりの募金を集めて日本へ送るのが一番だろうとなり、なんらかのお手伝いができないかと話し合って企画していました。結果、黒部エリさんのブログで紹介されていた写真(http://erizo.exblog.jp/16062695/)からヒントを得て、募金を集めるのに活動していらっしゃる方達に使ってもらえるような旗や募金の方法を書いてあるびらなどを作るのが一番いいのではないかと思い、制作に取りかかりました。

現在、週末の募金活動に向けて私たちで250本ほどの旗、700枚ほどのびらを作っています。しかしこれだけの数ではすぐなくなってしまうと思い、どうしたらもっと多くの人たちに旗やびらが届けられるだろうかと考え、読者の多い竹内さんのブログでぜひ紹介してもらいないかと思い、ご連絡しました。ご自宅のプリンターで印刷できるようなサイズの旗のテンプレートやびらを作ったので、是非紹介して活動する方達に自分の家でも作って参加してもらうように呼びかけてもらえませんか?旗自体はもちろん募金にあまり関係ないように見えるかもしれませんが、旗を降る事で周りの人たちの注目を引くと思います。希望や助けのメッセージを込めてるデザインもあるので、見る人たちにもそれが伝わるのではないかと思います。何十人もの人たちがこれを持って募金を呼びかけている光景を想像するとインパクトがあるのではないかと思います。そしてみんなで協力し、一緒に活動している事に大して一体感を感じて元気も出るのではないかと思います。なお、テンプレートなどのファイルをそちらへ送信したいのでメールを送っていただければすぐにそちらへ添付したメールをお送りします。

私と牧子は週末に旗とびらを配り募金を集める活動をする予定です。すでにユニオンスクエアなどで活動している方達がいるみたいなのでそこに行く予定です。みなさんに使ってもらえ、募金がたくさん集まる事を願っています。

文才がなく、説明が下手なので分かりにくい文章で申し訳ありません。何か質問がありましたら是非メールしてください。ブログでの紹介のご協力お願いいたします!

どうもありがとうございます!!

本田マキ
深谷牧子

投稿: マキ | 2011年3月17日 (木) 14時51分

リンコさん、ご無沙汰しております。ワシントン州のミホです。このたびの地震、本当に悲しいことです。わたしも遠くから何かできないものかと、歯がゆい思いをしています。ニューヨークでチャリティーをされるとのこと。直接参加はできませんが、支援させていただきたいと思います。詳細をお伝えしますので、メールしていただければ幸いです。

投稿: ミホ・ライト | 2011年3月17日 (木) 09時03分

度々すみません。
動画のHPアドレスが1部切れてました。
http://www.naocastle.com/blog/2011/03/believe_in_ourselves.html

投稿: gumi | 2011年3月17日 (木) 08時49分

はじめまして。
いつも楽しくブログ&全ての本を読ませて頂いてます。
チャリティー素晴らしいですね。
こちらは東京近郊で計画停電・原発等パニックになっております!
今も余震が震度4・・・
でも、被災した方はもっともっと大変な思いをしているかと思うとやりきれません。
私の兄も海外に在住しており海外いても何か出来る事がないかと色々考えており、今日兄のブログにUPされ知ったのですが、1クリック1円募金というサイトがあるので是非リンコさんのブログ・お知り合い等でも広めてもらえないでしょうか?
http://ameblo.jp/ena-bombe/entry-10832606042.html
↑オーストラリア在住の方のブログにて発見との事。
http://www.clickbokin.ekokoro.jp/139.html
また、プロサッカー選手の方が作成したすばらしい動画も見つけたようなので良かったら見てください。どこにいても日本人根性でこの困難からみんなで乗り越えようという気持ちをもらえます。
http://www.naocastle.com/blog/2011/03/believe_in_ourselves.html

長くなりましたが
チャリティー頑張ってください!

投稿: gumi | 2011年3月17日 (木) 08時43分

素晴らしいイベントになりますように!!!

投稿: Maggie | 2011年3月17日 (木) 04時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救われた…… | トップページ | 暖かな気持ちで »