« Person Finder/災害時情報 | トップページ | ゆっくりと深く息を吸って »

2011年3月13日 (日)

世界の声

たった今、津波に巻き込まれて沖を漂流していた男性が、無事救助されたというすごいニュースが流れました。
あのもの凄い津波に呑み込まれても、生き延び、そして救出されるまでずっと耐えていた。
すごいです。
こんなたった一つの奇跡が、どれほど私たちを勇気づけてくれることか。

まだまだ奇跡は起こるはず。

そして奇跡は、起るものだけではなく、私たちが起すこともできるはず。

いつもは色んな歴史的な問題やあれやこれやのせいで、なんとなくうまくわかりあえない色んな国の人達が『日本は良き隣国だ』と言って救援隊を送ってくれたり、『日本は今まで色んな国に援助し続けて来た援助大国だ。今回は、国連が全力で日本を援助する』と国連がコメントを出し、アメリカが『出来得る限り、考え得る限りの救援を』と立ち上がってくれました。世界中の国々が、救援の手を差し伸べてくれ、またそれは物や救援者だけでなく、メディアで『美しい国日本』と取り上げたり、日本独特の文化『耐える』ということの特別さとその素晴らしさを讃える記事を書いたりしてくれています。

“どんなに苦しい状況でも、『立ち直る事』それも『出来うる限り早く、そしてより良く、皆平等に』という共通の目的の為に、世界中のどの国のどんな民族よりも、ただひたすら耐え、待ち、そして手を取り合って共通の目的のために最高の努力ができる日本人は、驚くべき人達であり、畏敬の念を持たずにいられない”
とニューヨークタイムスが褒めたたえてくれました。

被災地の方々には、今のこうした声はなかなか届かないでしょう。
たとえ届いたとしても、現状はもっともっと厳しく、そして美しいことばかりではないはず。
そんなことよりも、一滴でも多くの水を、一食でも多くの食料を、一枚でも多くの毛布を、薬を、一秒でも早い救援を。
そう思われるのではないかと思います。

こんな遠くの国で私が何を言ったところで、何の役にも立たないであろうことはわかっていますが、それでもほんのちっぽけなことでも、何かできることがあれば……と思っています。

もし、twitterで拡散ご希望の事案がありましたら、是非ツイートしてください。
出来うる限り拡散する努力をいたします。

twitter
reikotakeuchi

そして、助けを求める小さな声を、どうか聞き逃すことのないように。
人も動物も、被災地の全ての生命に、一日も早く暖かく平和な日々が戻ってくるよう、心から、心からお祈りしています。


Pictures48
↑今日のキアヌ。キアヌも応援してます(と思う)。


↓ツイート大歓迎です!
人気ブログランキングへ

|

« Person Finder/災害時情報 | トップページ | ゆっくりと深く息を吸って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

リンコさん、はじめまして。ニューヨークタイムズの記事の紹介ありがとうございました。涙がとまりません。
 私が感動した昔の新聞広告に“もし世界で生き残ってほしい民族があるとしたら日本人だ”といってくれたフランス人の駐日大使の言葉が紹介されていました。それ程の立派な民族ではないという恥ずかしい思いと、日本人の本質を見抜いてくれていることに深い感動を覚えました。
 信じられない、誰も予期し得なかった今回のこの未曾有の天災は果たして神の何らかのご意志なのかとさえ思えます。高潔な慎み深い心を持つ人々が何も資源のない中から築き上げてきた日本、美しいこの国が繁栄に溺れ行く先を見失いつつあることへの天罰なのか、それとも警告なのかと。この現実とは思えない突然のあまりの出来事に各々が何かを考えずにはいられません。
 
“もし、twitterで拡散ご希望の事案がありましたら、是非ツイートしてください。
出来うる限り拡散する努力をいたします ”とありましたので 避難所にいらっしゃる被災者の方々をTVで見ていて思ったのですが、今足りないものは?と聞かれて情報とおっしゃる方が結構いらっしゃるようです。こんなときに停電に関わらず何よりの情報源として新聞があると思うのです。
 こういう場合現実を目の当たりにすることがよくないことという懸念があるのかもしれませんが……。もしそれさえなければメディアの義務として何より情報を必要としている被災者の皆様に情報を提供することは必須であり、何よりの貢献になるのではと思ったのですが。(上空からの空輸も可能かと)
 ただこういった前例であまりその状況を見たことがないような気もするのですが。
リンコさんがtwitterで呼びかけて頂ければ、向かうべき何らかの進行があるのではと思いこのようなこと長々と書かせて頂きました。 よろしくご判断の上お読みくだされば幸いです。
 遠い地におられるリンコさんの安寧の日々をお祈り申し上げます。

投稿: Nora.nanba | 2011年3月14日 (月) 10時04分

アメリカでも連日ニュースが流れており、世界中の人達がとても心を痛めながら日本の皆様を応援してくれるのを見ると嬉しく思います。

停電や節水で不便な上、余震も続く中、不安と恐怖でとてもお疲れな事と思います。でもどうか、この苦境を乗り切ってがんばってください!心から応援しています!!

投稿: コン | 2011年3月13日 (日) 20時19分

日本ってスゴイって改めて思うのが、
こんな状況になっても、みんなで助け合い
治安の問題も全く起きていないこと。
たぶん世界中の人がそれを見ている筈。
応援してくれている世界の人達ありがとう。
そして、日本人に生まれたことに感謝。
絶対大丈夫。

投稿: ロンドン野郎 | 2011年3月13日 (日) 10時36分

被災地よりは遠くに住んでいて何も出来ない自分に無力さを感じますがアメリカをはじめ沢山の国が支援してくださってます。リンコさんの言うようにホント日本人は今までいろんな困難も乗り越えてきたのだから今回も大丈夫です。今自分に出来ることとして全国に呼びかけている節電です。海の向こうのアメリカからエールありがとう!!!

投稿: kazz | 2011年3月13日 (日) 09時12分

今日NY地下鉄の駅で被災地支援の募金を求めて演奏してる日本人の若者のバンドがいました。すごく一生懸命に呼びかけてて涙がでました。

投稿: ゆき | 2011年3月13日 (日) 08時07分

リンコさんのブログ、読んでいて涙が出てきました。

東京にいましたが、地下から1階に上がってきて外に出ようとしたら、外壁が降ってくるのです。その時はこのまま死ぬのではないかと思った程。
職場から徒歩2時間程で帰宅出来た私は幸運な人間です。

実家が八戸で独り暮らしている母が高台に避難しているという連絡をもらうまでは何も出来ずに茫然としている自分が情けなくなりました。

世界各国から救助隊が到着しているというニュースを聞くたびに有り難く思い、そして無力ですが、自分に少しでも出来る事はないかと、電力不足ということで節電に心がけています。

絶対に東北地方は復活する!!そう信じているし、私も少しでも力になれるように頑張ります。

投稿: kurara | 2011年3月13日 (日) 04時41分

本当に、驚くほど数々の国々が、援助を申し出ています!!!ありがたいです!
リンコさん、日本は大丈夫ですよ!絶対立ち直りますから!

投稿: Maggie | 2011年3月13日 (日) 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Person Finder/災害時情報 | トップページ | ゆっくりと深く息を吸って »