« 直線ゴハン | トップページ | コン式バナナブレッド »

2011年5月17日 (火)

今日の怖かったもの

注意して周囲を見渡すと、ニューヨークにはふるーーーーい時代の遺物があちこちに普通に残っています。
こういう壁広告もその一つで、あまりにも当たり前にそこら中に残っているので、視界に入ってもあまり注意して見る事がありません。

レンガ造りの古いビルなんかには、こういう壁広告はたくさん残っていますし、ビル解体工事現場なんかに行くと、それまで隠れていた隣接しているビルの壁が陽の元にさらされ、鮮やかなペイントの壁広告を見ることができます。そういうのを見て回るのも、一つのニューヨークの楽しみ方ですよね。

Img_6021
↑33丁目と5番街の角に立つと、こんなんが見られます。
いつの時代のものかな?

これを見つけて「わー。壁広告あったー」ってしばらく見とれていたら。

Img_6019_2
↑こっちに目が。

Img_60192
↑あ?

何なんでしょうコレは?
まさかもしかして、コレを綱渡りみたいに渡ってビルとビルの間を行き来するとか、そんな恐ろしい話じゃないでしょうね。
それともまさか、このつっかえ棒が無いとビルが倒壊するとか、そんなんじゃ……。

怖いわーニューヨークって。
それにしてもホントになんですかコレ?
どなたかご存知ないですかね?

↓新しいキアヌ写真探しの旅に出ないともう写真が無い。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« 直線ゴハン | トップページ | コン式バナナブレッド »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

やはりスパイダーマンが実在する事を確信いたしました…。

投稿: まほろば丸 | 2011年5月18日 (水) 00時57分

あはは!
これ何なんでしょうね。
綱渡り廊下?笑えますね。
多少はまじめに強度も考えたような構造
になっているので建物の補強用というのも
確かにあり得るかも。
ま、冷静に考えれば、かつてここにあった
何かの看板の土台じゃないですかね。

投稿: ロンドン野郎 | 2011年5月17日 (火) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直線ゴハン | トップページ | コン式バナナブレッド »