« しつこいけど犬紅茶その後 | トップページ | ブログネタで書いてみた »

2011年5月 3日 (火)

これもカルチャーショック

昨日お夜食におやつをいただいていたら、コタパパからクイックメールが。

『ビン・ラディンが死んだようですよ』

ひぇーマジで!?

びっくり仰天してテレビをつけると、もうニュースショーはビンラディンニュースだらけ。
オバマ大統領が演説をするというので、眠いのに寝ずにずっと待ってみました。
待っている間、テレビの画面にはホワイトハウスの前に続々と集まり出した人・人・人。
もの凄い大群衆が集まりはじめ、オバマ大統領の演説が終わるころには大観衆が奇声を発して大騒ぎし始めていました。
大変な騒ぎです。
まさしくお祭り騒ぎ。
それを見ている私の中には、なんとも言えない違和感が。

まず最初に感じたのは、なんともいえない空しさです。
それは、どんな人であれ誰かの死を『祝う』人々を見た違和感と空しさ。それから、何といっても首謀者の死をもってしても決して決して取り戻せない、無辜の人々の失われた命と生活。それを考えるとますます空しくなりました。

単純に、そこらへんの木に登って奇声をあげて大喜びしている人達のあの喜びは、どこから来るんだろう?と考え、そしてこれからどうなるんだろう?と考えると、その空しさは増すばかりです。
暴力的でヘビのように執念深い私は、『仕返ししたる』って考えるとその仕返しの具体的な内容は『回し蹴り』とか『真空飛びヒザ蹴り』とかなんですが、実際の人生でそれをしたことはありませんし(できたらしたいとは思ってるけど)、暴力対暴力が1対1の一回ずつではい終わり、これで恨みっこ無しね、で終わるならまあそれでもいいかって思わなくもないですが、暴力はまた暴力を、怒りはまた怒りを、恨みはまた恨みを産み出す気がしてなりません。
これからアメリカ国内は、新たな復讐テロへの警戒と、ビンラディンの死への異様な高揚感で、ヘンなエナジーに包まれるのかと思うとちょっと憂鬱です。
ただちょっと救いがあるのは、アメリカ人のユーモア精神と、よくも悪くも軽薄で陽気な所ですね。
だって、今日のニュースショーで散々流れていたのは、各ニュースの司会者が散々間違えまくったオサマ・ビン・ラディンの名前のシーン。
どう間違ったかといいますと、

『今日、合衆国大統領はオバマの死を発表いたしました』
『本日、オバマの死が確認されました』
『オバマの遺体は、DNA鑑定の結果本人であると確認されたと発表がありました』

もうホントに散々間違いまくってました、皆。
似てますけどね。オサマとオバマ。
でもってさっき電話してきたポール。
開口一番
「で?日本のニュースショーは、ずっとオバマの死について話してる?」

アメリカ人にとって、そこまで似てるのかなオサマとオバマ。

Keanureeveskeanureeveswestvillagenh
↑今日のキアヌ。ニューヨークではいつもこの人と一緒。NY彼女かな?

↓オヤツが何も無い!
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« しつこいけど犬紅茶その後 | トップページ | ブログネタで書いてみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そー。ぼくもなんか違和感があったんですね。

リンコさんのブログを読んで、気がつきました。確かにリンコさんがおっしゃる通りだと思いました。人が死んで喜ぶということはおかしいと思いました。

一ずつでいいんですよね。紛争地域がなくなりますよーに。。。

投稿: しらす | 2011年5月 5日 (木) 08時20分

私も、なんでいつもアメリカが悪人を殺すと英雄的行動として扱われるんだろうと不思議に思ってます。。。。

投稿: ゆき | 2011年5月 4日 (水) 06時39分

私も、人の死、それも殺したものを喜んでしまう、と言うのが違和感がありました。 


確かに悪ではあって、正義のために正しいこと、と単純には言えるかも知れませんが、やはり死は死ですよね。 


投稿: たかたか | 2011年5月 3日 (火) 18時37分

私もどちらかと言えば日本人的な死の捉え方をすると思います。

たとえ極悪な人であったとしても、その人の周りの何の罪もない人は純粋にその人を信頼し、愛していたかもしれません。 また、りんこさんが仰るようにあの9.11で失われた尊い命が戻るわけでもありません。 本当にやりきれなく空しいです。

私達人間の愚かさなのだと改めて感じました。

お互いを思いやり平和な毎日を作るよう、一人でも多くの人間が努力しなければとも思いました。

投稿: lucky | 2011年5月 3日 (火) 10時50分

オバマとオサマ。。。間違った人は大丈夫なのでしょうか
それにしても、凡ミスすぎて爆笑です。。
ポールさんも、うけます。。。

投稿: ミランダ | 2011年5月 3日 (火) 08時00分

あの騒ぎよう、私も驚きました!ニューヨークタイムズスクエアも、たいへんでしたね…

投稿: Maggie | 2011年5月 3日 (火) 04時52分

私もビンラディンの死に対する、アメリカ人の反応には違和感を感じてました。彼は確かに極悪人だけど、その人が死んだからといって「イャッホーイ!」と言わんばかりの喜び方をするって...。浅はかというか下品というか…。死に対する概念が、日本人とアメリカ人では違うんですかね。
話は変わりますが、キアヌのNY彼女って結構年配な気がするんですが、やはり彼女なんでしょうか?

投稿: meg | 2011年5月 3日 (火) 02時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しつこいけど犬紅茶その後 | トップページ | ブログネタで書いてみた »