« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

やる気が……

本日も最悪。 ながーいながいながい日記を書いて、最後の最後でfirefoxが落ち、全てが消え去ってしまいました。
もう一度書けと言われても無理です。
書いた時の情熱と感動は、書いた瞬間にシューっと消え去ってしまいました。
今の私の気分は、嵐の夜に地下室から救出された動物達みたいな気分です(は?)。

Image001
↑救出されたケガ猫ちゃん。

Image003
↑救出されたケガワンちゃん。

Image004
↑避難所で慰めてもらってるワンちゃん。

Image006_2
↑救出されたヘビ。

なんかこう。
今の気分に一番近いのはヘビです。
どこに当たったらいいのかわからん。
て感じですかね。
挙げ句の果てに、ケーブル会社に電話をしたら『あなたのケースはすでに解決済みとして処理されています』って言われました。
そんなハゲな!
と文句を言ったら、謝りの言葉等一切無しで、じゃあテクニシャンが木曜日に行きますから。
で終わりました。
そして、ベッドルームの床のことで管理会社にメールしても、返事は無し。
明日まで待ってみるけど、そのうちブチ切れするぞ。

くそー。



↓何が言いたいかよくわからんエントリーだったな……。(←ていうか、八つ当たりエントリー?)
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (7)

2011年8月27日 (土)

最悪

皆さんご存知のように、今日の夜半から明日午前にかけて大型ハリケーンアイリーンちゃんがマンハッタン上陸いたします。
地震同様台風慣れしている日本人からすると、これまた『ちょっと騒ぎ過ぎ?』な感もあるニューヨークですが、皆さんからアドバイスいただいたように『備えあれば憂い無し』ということで、お水2ガロン、食パン1斤、チョビ用チキン1パック、ミルク1パック、ポテチ(?)、板チョコ(??)を備蓄いたしました。電池類はアホほど買い置きがあるし、トイレットペーパーもアホほど買い置きがあります。おそうめんやお米もいっぱいあるし美味しい野菜スープも作ったし、停電したら巨大なロウソクもあるし(ロウソクは使うな、というお達しが出ているんですけどね)、これで大丈夫かな。

ってのんきにしていたんですが、昨日から実は風邪気味。
これが、今朝起きたらググっと悪化していて、体はダルダル、頭ズキズキ、喉ガラガラ。
しかもチョビに朝ご飯を差し上げた後、あまりにしんどかったので二度寝したんですが、寝入りばなにポール(マッカートニーじゃないほう)(←当たり前か)から電話がありまして、エラい叱られました。

「何をノンキに寝てるんだ」

ノンキにて、ああた。わたしゃ病気なんすよ。

「病気でもなんでも、嵐がやってくるんだよ。ちゃんと避難準備はしてあるの?チョビの薬とかチョビのゴハンとかチョビの靴とかチョビの着替えとか(?)」

いや……。べつにそんなことはまだ……。ていうか、避難するつもりなんか無いっていうか……。

「ニュースは見てないの!?」

見てないよう。だって朝から具合悪くて寝てたのにい。

「なんてこった」

なんてこった。て。こっちが言いたいわっ。
段々腹立たしくなってきました。
ただでさえ具合悪くてしんどいのに、寝入りばなに叩き起こされてわけのわからん事言われて、ムカーとしてきました。

「避難指示区域が広がって、キミの家のエリアもギリギリ入るかもしれないのに!」

えー。マジで?(←でもあんまり危機感無し)

「早く身支度するんだ!」

うーんどうしようかなあ……(←言われれば言われるほど逆らいたくなっている)

だってですよ。
そりゃまあたしかにニューヨークに大型ハリケーンが直撃するのは100年ぶりぐらいなのかもしれないけれど、だからってまだ避難命令も出ていないのに、熱を押して避難支度して、病気の老犬抱えてどこへ行けと?
もうなんか全体的に無理。って思いました。
ポールに対しては適当な態度でお茶を濁して、早く電話切ってもう一回寝たい。
って思ってたら、それがモロ態度に出てポールに伝わりましてね。
これがまた、さらにめんどくさいことに。
もう、わけのわからん事を言募ってるリン母につい口答えしてさらに大変なことに陥ってしまった時と状況がそっくりでございます。

「チョビのことが心配じゃないのかっ」

ああはいはい。心配心配。毎日心配で眠れないぐらい心配だよ。

……とまで言ったらさすがにあかんだろう、と思ったので、

「わかったよ。ちゃんと避難バッグつめていつでも避難できるように準備します。わかりました。心配してくれてありがとう。ではどうも。また後ほど。さようなら」

と言ったら、まだ電話のむこうでガーガー言ってたみたいだったけど、無理矢理切ってやった。

でもさすがにちょっと心配になったので、渋々起きてまずはドアマンに電話してみました。

このビル、避難命令の区域に入るの?

「やあレイコおはよう!はっはっはっはっは!!うわっっはっはっは!大丈夫だよ大丈夫。避難区域には入らない入らない。じゃーねー。バッハハーイ!」

切られた。

なんだ。
やっぱ大丈夫そうじゃん。
でもコレをまたポールに言ったら、しつこーーーーっく説教くらいそうなので、一応チョビのお薬類と缶詰類を紙袋に詰めて、まあ万が一のときのために備えておきました。

で、また二度寝。

だってしんどいんだもーん。

そしてお昼過ぎ。
フラフラーと起きました。
まだ頭痛ガンガン、体ミシミシ、喉ゲホゲホです。
うう。
アイリーンちゃん、どうしたかな?

テレビをプチ、とつけたら。

つけたら。

映らんがな。

チャンネル変えても何も映らん。
挙げ句の果てに「カスタマーサービスに電話せんとテレビは見せてやらん」というメッセージが画面に。


ここからは地獄のケーブル会社ループの始まりです。
30分以上待ってやっと出たカスタマーサービス。教えられた通りにやってもテレビは真っ黒。
午後3時までに何とか修理します。
……って言われて待っても待っても画面は真っ黒。
自分でもあれこれやってみたけど、画面はずっと真っ黒。
そうこうしている家に飢え犬がワンワンワンワン吠え始め、チキンをゆでてあげたり缶詰をあげたりおやつをあげたりトイレパッドを取り替えてさしあげたりと、病をおしてまるで下僕のように御仕えしながら、ケーブルボックスとも格闘しましたが、結局画面は未だ真っ黒。

この緊急時にテレビは見られないわ風邪は引くわ犬は相変わらず餓えてるわ消防士には電話で叱られるわ。
もうなんか、最悪。

20110827_14120_pm
↑地下鉄やバスサービスを完全ストップする作業に、8時間かかるそうです。


↓外を見たら、コリアンデリとかチャイニーズレストランはオープンしてるみたい。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (10)

2011年8月26日 (金)

今度はアイリーン

地震の次はハリケーンだそうです。
今週末、アイリーンという名前のハリケーンが上陸する。かも。
結構東海岸一帯で嵐に備えて皆さん準備を始めているようです。

Images7_2
↑ハリケーングッズ。

Images
↑昔懐かしい感じの嵐準備。

さて。
災害救助の専門家ポールさん(マッカートニーじゃないほう)。地震の時は慌てず動じずでしたが、昨夜電話をくれてこう言いました。

「レイコ。電池買った?」

え?も、持ってるけど……なんで電池?

「懐中電灯は?持ってる?」

うん。まあ……。

「水とトイレットペーパーと、あと……うーん。。。」

ていうか。
なんでそんなことを?
まさかハリケーンに備えてとか言うんじゃないでしょうね……。

「いや。そうだけど?普通ハリケーンが来るってきいたら、準備するでしょ?」

しないけど。

「するよ!誰でも!」

しない。

「するよ!キミもちゃんと準備しないと!」

いらんてば。

「どうしていつもキミはそうなんだっ」

だってそこらへんでデリとか開いてるし、チャイニーズレストランも開いてるし、トイレットペーパーは山ほど買い置きがあるし、お水だってあるし、お茶もあるし、食べ物もまあまあそこらへんで拾い食いできるし、チョビの缶詰もたくさんあるし。
それにさ。ハリケーンったって、一日だけのことでしょ。そこまで騒がんでも。

「……ふーん……」

不満げです。ポール。どうしたんでしょう、地震ではあんなに落ち着き払っていたのに。

私の住んでいるアパートは結構背の高いビルなので、ベランダに置いてある物を室内に取り込むように、とか、ハリケーンが来たら窓をみだりに開けないで外出も控えた方が良い、なんて注意書きが住人宛に配られました。

さて、ハリケーンまであと3日。
本当に上陸するんでしょうか。
コタパパとゴハン食べに行く約束してるのに、あんまりヒドくなったら出かけられなくなるかなあ。それは困る。美味しいゴハン食べに行く事になってるのに。
ハリケーン。
せめて一日ずらして来てくれんかな。

Newcat4
↑モロ日曜日に上陸しそうな気配。。。

Images6
↑今日のキアヌ。割と普通です。

↓今日スーパーでスイカ見てなんとなく買いたくなったけど、それはハリケーンのせいではありません。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年8月23日 (火)

地震速報

今日午後、ニューヨークでとっても珍しいことなんですが地震がありました。
ちょうどチョビのおシ○コパッドを取り替え、床を掃除してからキッチンシンク下の棚の中をゴソゴソ掃除していたら、突然縦揺れがユラユラユラッ。
結構はっきりと揺れたので、頭がフラ〜っとしました。
そして、全く同時にお隣の玄関がバタン!と閉まる大きな音がしたので、なんだか混乱しました。
「え?めまい?」
とも思いましたし、お隣のドアを閉めるのが乱暴すぎて床が揺れたのか?とか、アパートのどこかで工事中?とか、一瞬の間にあれこれあれこれ考えながら、揺れが収まったので立ち上がりました。

うーん。
どう考えても地震な気がする。
でも、まるで阪神大震災の前まで『神戸は地震が無いのよ』と、なんの根拠もないのに死ぬ程自慢しまくっていたリン母をはじめとする神戸っ子たちのように、マンハッタニーたちも『ニューヨーク、特にマンハッタンは岩盤の上に載っかってるから地震が無い』なんて常々言っていたし、実際この20数年間で体感する地震があったのは、私の記憶の中では二回だけ。
そしてこれで三回目なんです。
でも、今日のはかなり揺れたな。地震だとしたら大きめかな?
……って言っても、多分震度2程度かも?

なんて落ち着いて考え始めたのはちょっと後のことです。
直後は、「え?え?え?地震?それとも他の事?」なんて考えながら、大アクビをしているノンキの極致なチョビの横で窓から外を眺めては、「うーん。通行人は何とも思ってないみたい。車も通行人も揺れは感じなかったのかな」なんて考えてウロウロしていました。

するとフンフンから電話が。

「地震だぜ」

う。やっぱり?

「まだ揺れてるよ」

フンフンがいるのはクイーンズ。

でもマンハッタンはもう揺れてないみたいよ。

「こっちはまだ揺れてる。結構長い間揺れてるよ。弱まったり強まったり、一分以上揺れてるよ」

私が揺れを感じたのは、ほんの3秒間ぐらいでした。
でも、結構ユラユラユラユラって感じたのですごくびっくりしました。
アレが1分以上も続いたら、そりゃさすがにビビリます。

そこで思いついてテレビをつけました。
ニュースで何か言うかな?

と思ったら、もうおくさん、地震慣れしていないニューヨーカー達は大騒ぎ。

市庁舎のビルや証券取引所からは、大勢の人が『逃げろ逃げろ!』とパニクって避難したそうです。
地震速報だったのが、すでに速報じゃなくてただの地震ニュースだらけ。
地震発生からたっぷり2時間。
ずっっっっっっと地震ニュース一色。
地震ニュースストーカー。
もうええわ、というぐらい地震だらけ。
そこまで騒ぐほどじゃないわ、というほど大騒ぎ。
もうええかげんにしなさい、というほど大騒ぎ。
挙げ句の果てに、『地震強度グラフ』みたいなものが表示され、一番弱いのが『1』一番強いのが『8』。
そしてご丁寧に『先だっての日本の大震災は8.9です』とまで。

さらにその上に
『地震が発生したら、テーブルや頑丈な家具の下に隠れましょう。戸外の人は広い場所に逃げ、運転中の人も車をすぐに降りて広場に避難してください』。
ニュースの画面では、避難した人が通りに溢れ、消防車がガーと走り回り、ダウンタウンの広場には避難してきた人達が集まっている映像が映っています。
アホの細工にビルの屋上に大勢避難している映像も。
『余震に注意してください!』ってニュースキャスターも言ってます。

……って、ああた。

あんな震度1か2程度の揺れでここまで大騒ぎしてたらもう、ほんと、おくさん。
日本に住んでたら、毎分毎秒チビってますがな……。

ニューヨーカーって……。

ヘタレ……。

Images5
↑今日のキアヌ。ピンポンキアヌ、息抜きにどうぞ。


↓ポール(マッカートニーじゃないほう)に慌てて電話したら「イエーイ地震ー!!」ってバカにされた。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2011年8月21日 (日)

カエルケーキ

このところ、調子が良い日は30−40ブロックも歩くチョビ。
お家に帰ってからもばったり寝込むのではなく、ゴハンゴハンゴハンゴハンくれくれくれくれくれオヤツオヤツオヤツオヤツちょうだいちょうだいちょうだいちょうだい。
と、元気一杯夢一杯。
どうかこの調子で、天寿を全うするまでリンパ腫さんにはなりを潜めていただけんもんかと願っております。

その元気一杯の112歳老婆とフンフンと三人で、テクテクテクテク歩いた40ブロックの途上、久しぶりに『なんじゃこりゃ』な物を発見しました。

Img_7115
↑カエルカップケーキ。毒々しい緑とピンク。

ケーキですよ、カップケーキ。
そんでもってカエル。ゲコゲコのカエル型ですよ。
しかも形崩れまくって色もドレドレ〜っとしてて、美味しそうとかまずそうとか、食べたいとか食べたくないとか以前に、ほんとにほんとになんじゃこりゃ。
誰が買うねん、誰が作ったねん。の世界です。

ここ、結構古いベーカリーみたいなんですけどね。
そんでもって、こうやって写真撮ってる間にも、常連客風なお年寄りが次々ドアを開けて入って行ってましたけどね。
でも、カエルは買わんだろうカエルは。

Img_7116
↑マズそうです。でも左端トレーの崩れきったお花ケーキ、売れてるみたいです……。

Img_7117
↑プレゼントボックスケーキ?マズそうですマズそうです。
でも端っこ一列売れたのか?

Img_7118
↑同じ様な長方形ミニカップケーキがズラズラ。右下のなんてアレですかね。ドミノケーキ?

Img_7119
↑コレはなんだろう?パイ系?写真で見るとそうでもないけど、死ぬ程巨大で死ぬ程まずそうでした。しかも今よく見ると、ショーケースの左端、パンだかパイだか知らんけど売り物の食品にくっつきそうになっている白いものは、まさかもしかしてなんかの電気コード?

Img_7120
↑ぎっしりとくっつきあって陳列されている全てのケーキが皆どれも死ぬ程悪趣味で死ぬほどマズそうです。今気づいたけど、真ん中の左端のケーキ、エグすぎ。どれか一個丸ごと食べたら100ドルあげるって言われてもイヤかも。(←1000ドルなら食べるかも)

Img_7121
↑ウェディングケーキもありますがな。

Img_7122
↑リカちゃん人形ウェディングケーキ?いや。タミーちゃんか?(古)

Img_7123
↑お隣のパン部門ショーウィンドー。古びていて懐かしい……を通り越して、埃をかぶってます。買いたくありません。

このお店がある周辺エリアは、新しい高級コンドミニアムなんかも建っていますが、全体的な雰囲気は70年代終わりから80年代のニューヨークの、ちょっとゲトーな感じを残した不思議なエリア。
私が渡米した頃(80年代終わり)にあった質屋さんとか古着屋さん、古道具屋さんなんかがそのままの形で残っていて、その隣りには新しいガラス張りのコンドミニアムが建っていたりします。
歩きながら「なんか……このヘン怪しい雰囲気だねえ」ってフンフンに言ったら、
「こういう古い店が、昔のまま残ってるんだよ。20年ぐらい前ってこんな感じだったよなニューヨークって」
ってフンフンに言われて、ああそうだったなあ、と思い出しました。
古くて小汚くて怪しげで、でもなんとも抗いがたい魅力に満ちていたあの頃のニューヨーク。
ううん。懐かしい。

Img_7124
↑アロエ。ていうか。なんかただお家で育ったアロエを折って持って来ただけ感が。

そうそう。こういうやる気ゼロなデリとかも懐かしい……。
このエリア、詳しく書くとそのあたりに住んでらっしゃる皆さんに微妙に失礼かもしれないので、控えておきますけど、でも、見る人が見たらすぐわかるかもですね。
歩き回ると色々コアな発見があって、楽しいですよ。
近所に有名な大学が二校ある、ミッドタウン近くのエリアです。

Keanureevesbooksigning0619201122
↑今日のキアヌ。顔は真面目でキレイですがね。

↓コワいもの見たさでケーキかってみる?
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年8月17日 (水)

マロウド

昨日の『カツエウド』。
意外にたくさんの反響をいただきました。

たくさんいただいたコメントも、直接いただいたメールでも、

『餓え人』

説が有力でしたね。

そして、講談社の初代担当さんから

「『餓え人』だと思います。瀬戸内文化圏の言葉みたいですよ。『餓え子』という方言もあるらしいです」

というメールをいただき、

じょんみわさんのコメントで、

愛媛のご出身でお母様が餓え子(かつえご)と日常的に使ってらしたという、

推理、調査、そして立証の絶妙なコンビネーションメール&コメントで、私の長年の疑問がとけました。

そういえばリン母の父(つまりリンジジ)。
私が産まれるずっと前になくなってしまったんですが、大変な能書家だったそうで(知らんけど)、そのリンジジが残した、どこからどう見ても
『松葉大金色』
と書いているとしか思えないけど、結局なんて書いてあったのかわからん、のたくった筆書きの掛け軸がいつも床の間に飾ってありました。
そのリンジジなんですが、お正月の祝い箸の袋に家族全員の名前を筆でシュシュシュっといつも書いていたそうなんですよね。
そして、お客様用の祝い箸には
『客人』
って書いたんです。
よみがなは『まろうど』ですよね。

なるほど。
客人=まろうど
落人=おちうど
召人=めしうど
狩人=かりゅうど
餓え人=かつえうど
なるほどーなるほどなるほどー。

あー。
なんか一つ賢くなった気がします。
皆さん。
ありがとうございました!!!

Images2
↑今日の落人。

↓リン母も祝い箸の袋に名前を書いてくれます。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年8月15日 (月)

カツエウド

イカリソースとかパルナスとか必死のパッチとかペケポンとか、関西独特の文化(?か?)なのにそうとは知らず、全国共通だと信じて育って来たあれこれがあります。
その一つ、というべきか、もっと特化すべき範囲が狭いというか、つまりもしかしたら単にリン母用語だったのかもしれないこの言葉。


『カツエウド』


カツエは『餓え』もしくは『飢え』に変換されましてですね、つまり読んで字のごとし「うえてる」状態を表すんですが、その後ろにつく『ウド』。
これが意味不明です。

わたくしが幼少の頃から、なんかの案配で死ぬ程ハラペコになって必死のパッチでがっついて物を食べている状態、動物、人などを見ると、必ずリン母が

「カツエウドになってるわ」

と言ったんです。
それはそのまま私の中にインプットされ、今日に至っております。

どんなんを『カツエウド』と言うかといいますと、

Img_6912
↑ください。ゴハン。

Img_6914
↑おねがい。

Img_6911
↑せめて一口だけでも。

Img_6910
↑そこにあるそのチキンを。

Img_6915
↑くださいっっっ。


↑こういう状態です。

以前は嫌がっていた缶詰も、あっという間に完食。
チキンを調理してあげた日にゃ、一食を三口ぐらいでペロリ。
「お、落ちつけチョビ」
と声をかけてしまうぐらい、焦って必死のパッチで食べます。
その姿はまさしく『カツエウド』。

でもこの言葉、本当のところ一般的に使われている言葉なんでしょうか?
ちょこっと調べてみたんですが、どこにも見当たりませんでした。
どなたかご存知ですか?


↓御陰さまで順調に体重増量中。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (8)

2011年8月14日 (日)

とかくこの世は……

マンハッタンに引っ越して来て早1年。
チョビ関係であまりにもこの1年間色々あったので、ものすごーく長かったようなあっという間だったような……。
明日で入居丸一年なのですが、ケーブルテレビの契約も1年が終了。新規契約特別プライスも満期を迎え、おたかーいプライスにググっと値上がりするんです。

一週間一食キャンペーンの身の上としては、あまり見ないテレビにそんな大金を投じるのはアホらしいし、なんか悔しい。
ということで、ケーブル会社に電話して「特別レートが終了するので、節約のために色々サービスをダウングレードしたい」と申し入れました。

果たせるかな、担当の女性(めちゃくちゃカワイイ声だった)が
「そうですか。では、DVR(デジタル録画機能)とワイヤレスインターネットのターボサービスをそれぞれ三ヶ月間と一年間無料にいたします。それからデジタル電話・ネット・ケーブルテレビの3セットコンボサービスは、月額99ドルのスペシャルレートから本来なら150ドルに値上がりするんですが、こちらは114ドルにいたします」
と、あっという間に頼みもしないのにディスカウントオファーが。

ええええー。でもなー。もうお家電話もあんまり使わないし、ベーシックケーブルテレビとネットだけでいいかと思ってたんだけどなあ。他のケーブル会社は、ネット、テレビ、電話の3パックで66ドルとかだし、そっちに変えようかとも思ったんだけど、長年つかってるお宅の会社に愛着もあるし、ケーブルのおじさんに来てもらってケーブル張り替えて機械いれかえてメアドも変わって……って考えたらめんどくさいし……。
でもやっぱりもうちょっとダウンサイズしたいんですよ。なんとかならないかしら。

とダメ元で交渉してみたら

「うーん。そうですか。。。そうですねえ。では、3パックのコンボをあと1年間99ドルのまま据え置きにします」

と、速攻でさらなるディスカウントオファーが。
結局のところ、以前と同じサービスを使うのに月額はさらに安くなる、ということになりました。

いやー。
言ってみるもんですねえ。
まさかそこまで値下げしてもらえるとは思いませんでした。
3パックコンボは電話だけ解約すると逆に割高になってしまうので、リン母のために契約した電話もそのまま使えることになりました。

というわけで皆さん。
黙って使っている色んなサービスも、もしかして交渉したらどんどんお得なディールが出てくるかもしれませんよ。

Keanureevesbooksigning0619201115
↑今日のキアヌ。この人は値引き交渉なんてしないのかな。するわけないか……。

↓電気会社はさすがに無理かな?
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年8月12日 (金)

白目

今日、チョビが手術前後以降のここ数ヶ月で初めて、
『自分から』『やる気満々で』『往路・復路共に』しかも『25ブロックも!』
お散歩をしてくれました〜〜。
ああああ。
うれしかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。


んですが……。

あまりの暑さに、チョビより私のほうがフラフラに。
そして、チョビも帰宅後お水をガブ飲みしたせいか、暑気あたりなのか、夜になってからゲ○ピー状態に。

二人ともヘロヘロでーす。
おやすみなさーい。
フニャフニャ〜〜……。

Chobi1
↑爆睡チョビ。アップで見ると薄目で白目。

Chobi2
↑ハッ。と気づいて目が開いた。


Images4
↑今日のキアヌ。歯並びは良いけどヤニが……。


↓うう。体力の限界。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年8月10日 (水)

イタリーのイータリー

初めてその店名を聞いたときは、絶対ヘタなシャレだと思ったイタリア食材店『イータリー(EATERY)』。
今ニューヨーカー達にとって、一番オンでエッジでグーでナイスな食材店でレストランでスーパーマーケットです。一度行ってみないといかんな、と常々思っていたのですが、何せスーパーマーケットぽい場所がチョー苦手な私。
バスで前を通りかかる事があっても、あーあそこかー、と思いながら通り過ぎるのみでした。

で、先日ユニオンスクエアマーケットから家への帰り道、ちょうど良いあんばいの位置関係だったので、ようやく立ち寄ってみることにしました。

中に入ってみてまずびっくりしたのはその広さ。
もっと全然狭いお店だと思っていたのに、ものすっごく広かった!

Img_6957
↑コーヒーだらけ。

Img_6958
↑おっさんコーヒー。美味しいのかしら。

Img_6959
↑ジャムだらけ。

Img_6960
↑ケーキだらけ。

Img_6964
↑お肉だらけ。

Img_6966
↑パスタだらけ。

Img_6970
↑パンだらけ!!美味しそう!

Img_6971
↑うわっ。ブキミだけど買ってみたかった青タマゴ。どんな味が?そして黄身は何色?青身?

Img_6972
↑生パスタだらけ。

Img_6975
↑スイカだらけ。

Img_6976
↑紫のバラ!!

Img_6974
↑立ち食いコーナー。

食事ができるコーナーが何カ所かあるんですが、テーブル、立ち食い、どちらも満杯満席超満員。
そして、とにかく人も食品も何もかも、大量大量大量!!
経済がメチャクチャなことになっているこんな国で、こんなに人とモノが溢れかえっているこの矛盾。そもそもこんなに大量の食品が、賞味期限までに売れるのでしょうか?
お肉とか、絶対無理じゃないかしら。
お魚も。
タマゴも。
お野菜も。
大丈夫そうなのは、乾燥パスタとエコバッグぐらいかな。

この日は、私はくるみ入りパンとパルメザンチーズと手作りバターを買いました。
パルメザンチーズはお味濃厚でリッチで、マーケットで買ったズッキーニにオリーブオイルと一緒に振りかけて頂いたらとっても美味しかったです。
くるみ入りパンなんてもう、この世の物とは思えないほど香ばしくてズッシリしていて、いやーいやいやいや……。トーストして手作りバターをたっぷり塗っていただいたら、ほんとに天国のようなお味でした。

すっきりキレイに陳列されているし、活気もあってとっても楽しいマーケット『イータリー』。
ここはまた来て他の食品も買ってみなければ。
でもって、レストランスペースで一度食事もしてみたいな。
おみやげは、もちろんオーガニックの犬ビスだ!

Keanureeveshenryscrime0405201107430
↑今日のキアヌ。こういう感じの人、イータリーに100人ぐらいいた。

↓新鮮な牛乳もたくさん売ってたけど、いつまで新鮮なんだろうか……。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年8月 8日 (月)

高下駄のガキ

ユニオンスクエアマーケットからペットショップ→イタリアン食材店イーターリーに至る途中、こんな高下駄キッズが遊んでました。

Img_6955
↑高下駄っていうか、竹馬?

Img_6956
↑見物人たちが写真を撮り始めると、調子こいてこんなポーズまで。

コレを見て思ったことが二つ。
一つ目は『あの高下駄をどうやって履くのか?』
二つ目は『あの高下駄からどうやって降りるのか?』
あ。あともういっこ。
『高下駄のガキ』って呟いてみたら、まるで早口言葉だなと気づきました。

この場所とペットショップは2ブロックほど離れているだけで、イータリーともすぐ近所。休日はアベニューの端っこが歩行者に開放されているようです。
あそうそう。
ペットショップのお向かいには、隠れた名所がありました。

Img_6944
ルーズベルト大統領の生家

Img_6946
↑ルーズベルトさんはこのお宅で15歳まで暮らしたそうです。

こりゃ興味あるわ、と思ったんですが、

Img_6948
↑『しばらく閉館します』の張り紙が。

ニューヨークの『しばらく』は『永遠』の場合が多いからな〜……。
ちっ。

Keanureevesbooksigning0619201123
↑久々の今日のキアヌ。久々に見てもやっぱヘンだわー。

↓ペットショップに寄る度にこっちもチェックしてみよう。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年8月 6日 (土)

初めてのお留守番

本日は、先日の息抜きに引き続き、チョビが体調を崩して以来初めてのお留守番を頼んでみました。
ユニオンスクエアマーケットにお野菜を買いに行きたくなったんです。
御天気も良かったのでお散歩もしたかったし。

玄関を閉めるときはちょっぴり気になったんですが、チョビはだらしなーい格好で横になったまま、首だけこっちを向いて「早く行けば?」って感じの態度だったので(知らんけど)、ま1時間やそこら大丈夫よね、とそそくさと出てきました。

心配で不安で焦る気持ちを持たずに、チョビを一人で置いて外出するのはかなり久しぶりです。
一歩外に出ると空は青く、日差しは強かったけど気温は暑すぎず湿気も低く、とっても快適な御天気。
太陽光に弱い私はサングラス必須なんですが、うっかり忘れて来てしまい、目をショボショボさせながら約25ブロックほどの道のりを歩いて行きました。

金曜午後のユニオンスクエアマーケットは大変な人出で大にぎわい。
活気に誘われて私の気分も上昇。でもチョビも一緒に来られれば良かったなあ、昔は二人でソーホーまで歩いて行ったのになあ、なんてちょっぴり寂しい気持ちにもなりましたけどね。

Img_6936
↑山ほど積まれたなんかのお野菜。

Img_6939
↑ズッキーニ2本購入。スペイン風ズッキーニ料理を作ってみよう。

Img_6941
↑ニュージャージー州のブルーベリー。新鮮だ!

こういう場所に来ると、色んな物を買いたくなります。
普段料理しない私も、面白い食材を見ると買ってみたくなるんです。

とはいえ、これはさすがに……

Img_6932
↑なんじゃこりゃ。

Img_6934
↑ダチョウのタマゴでございます。(中身無し殻だけで20ドル!)

Img_6933
↑さらにブキミなエミュのタマゴ。ダチョウよりふた周りぐらい小さくて黒い。これは何故か殻のみのお値段のほうが、中身入りより高い。

買ってみたくなるけどブキミすぎて食べられないし、さんざんいじくりまわしてから写真を撮るだけでガマンしました。

Img_6954
↑良い御天気!!

帰りも徒歩で、途中今一番オンなイタリアン食材店『イータリー』(シャレじゃなくて)に立ち寄って、地味に食材を買いました。
こちらはまた明後日ご紹介しますね。

本日の発見。

屋外ならスーパーマーケットも嫌いじゃないかも。

帰宅したら、チョビはちゃんとお玄関前のベッドで起きて待っていてくれました。

ただいまー、と飛びかかったら「ぎえっ。うっとうしい!」と顔を背けられましたけど、嬉しかった〜。はー。ヨカッタ。チョビが無事で(そりゃそうだろ)。


↓『スーパーマーケット嫌い』って言うたびに「お母さんは毎日行ってるのに!」とリン母に怒られます。なんでやねん……。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年8月 4日 (木)

コーヒー休憩

ここ一ヶ月ほどチョビコースターが続いたので、心も体もかなり疲れています。
チョビの様子はというと、キモセラピーの副作用もいまのところ見られず(まだ3回投薬しただけですが)食欲もトイレ案配も好調なので、そろそろもう少し気を抜いて息抜きをしようかな、と思っています。

で、早速お散歩がてらスタバでコーヒー休憩してみました。

Photo1_3
↑パークアベニュー沿いのスタバ。

窓際の席に座って、何をするでもなく道行く人達を眺めたりボケーとしたり。
久々にのんびりとした、良い時間が過ごせました。

Photo2_2
↑アイスドキャラメルマキアートホイップクリーム載せです。

この濃厚な甘さが疲れた心と体にしみわたります。
歩道の道幅がとっても広くてキレイに整備されているパークアベニューは、緑も多いしのんびりしていて、マンハッタンの中でも特に好きなアベニューです。
パークアベニューをゆっくりお散歩して、疲れたらカフェでお茶。
道行く人達は、色んな年齢、性別、人種の人達で、皆がそれぞれ急いで歩いていたり観光しながらのんびり楽しそうに歩いていたり。
そういうニューヨークらしい風景を眺めながら、激甘のアイスコーヒーをいただく。
いやー。癒された。
特に用事はないけど、ゆっくりお散歩して一人でカフェで休憩するって、意外にやったことなかったな、ってことにも気づきました。
これからちょくちょく休憩しようっと。


↓リン母はカフェでゆっくりできない性格。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

2011年8月 2日 (火)

リン母

最近チョビの健康状態を心配して、リン母がこまめに電話をかけてくれます。
電話を取るとまず最初に訊かれるのは

「調子はいかが?チョビちゃんの」

です。

一昨日の電話でもまずこう訊かれたので、事細かにチョビの様子や治療方針、与えているお薬やゴハンの量などを説明しました。

「週末からキモセラピーのお薬をあげてるんだけど、今のところ副作用はなさそうよ」

「あらそう。よかったじゃない」

「あとステロイドとか痛み止めとか色々あげてるので、お腹こわさないかちょっと心配なんだけどね」

「そうねえ。お薬をあんまりたくさん飲むと、人間でも胃が悪くなるものねえ」

「最小限度の投与量なので、多分副作用は無いって言われたけどね」

「そうお?でも大丈夫かしらねえ」

「一日おきの投薬で、週三回だけなのよ」

「へー。随分少ないのね」

「本人は平気そうな顔してるし、まるでウマ並みの食欲でさー」

「あらそう。でも食べるなら大丈夫ね。生き物は食べてるうちは生きる力と意欲があるってことだものね」

「そうそう。チョビなんて生きる意欲と食欲の塊よ」

「今ルンバちゃん、休憩中なの」




……えっ……?


「そこで休憩してるのよ」

あ、あの……え……?

「ルンバちゃん。休憩してるの」


……ルンバが。

「さっきまで一生懸命働いてたんだけど、今ルンバちゃん休憩」


この上なく嬉しそうなリン母。
前後の脈絡完全無視です。
ていうか、私との会話もほぼ無視です。
コンちゃんによると、ここで大人しく引き下がらないと親との会話はどんどんめんどくさくなる一方だということなんですが、ここで引き下がれないのが私です。

「あの。でもさ。今さっきまでチョビの話してたよね……?」

「だけどルンバちゃんが休憩中って言ってるのよ」

「あのあの。でもでもでも。それとチョビの話は全然関係ないよね?」

「そうだけど、ルンバちゃんがそこで休憩してるってお母さんは言ってるんじゃないの」

「でも。でも。あの。でも、どうして今、ここでその話題を……」

「だってそこでルンバちゃんが休憩してるから」


ということで、やっぱり無敵リン母。
私はいつも通り、全然納得させていただけないまま電話を終えるハメになりました。
会話の終わり、もしくは途中らへんで、常にいつもオールウェイズ
「お母さんもうダメだわ。しんどくてしんどくてしんどくて、こんなにしんどくてどうしようかと思うぐらいしんどいわ。こんなにしんどいのはもうダメだわっていうぐらいしんどいのよ。でもみんなに『竹内さん、いつもお元気ですねえ』って言われのよ。本当に本当にしんどいのに」
と、無茶苦茶元気一杯言うリン母。

これからもいつまでも、前後の脈絡など考えずに、リン母らしく元気一杯暮らしていただきたいです。ホントに。

Roomba_500_irobot1
↑ルンバちゃん。

↓ルンバちゃんが可愛くて仕方ないらしい。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (10)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »