« カツエウド | トップページ | カエルケーキ »

2011年8月17日 (水)

マロウド

昨日の『カツエウド』。
意外にたくさんの反響をいただきました。

たくさんいただいたコメントも、直接いただいたメールでも、

『餓え人』

説が有力でしたね。

そして、講談社の初代担当さんから

「『餓え人』だと思います。瀬戸内文化圏の言葉みたいですよ。『餓え子』という方言もあるらしいです」

というメールをいただき、

じょんみわさんのコメントで、

愛媛のご出身でお母様が餓え子(かつえご)と日常的に使ってらしたという、

推理、調査、そして立証の絶妙なコンビネーションメール&コメントで、私の長年の疑問がとけました。

そういえばリン母の父(つまりリンジジ)。
私が産まれるずっと前になくなってしまったんですが、大変な能書家だったそうで(知らんけど)、そのリンジジが残した、どこからどう見ても
『松葉大金色』
と書いているとしか思えないけど、結局なんて書いてあったのかわからん、のたくった筆書きの掛け軸がいつも床の間に飾ってありました。
そのリンジジなんですが、お正月の祝い箸の袋に家族全員の名前を筆でシュシュシュっといつも書いていたそうなんですよね。
そして、お客様用の祝い箸には
『客人』
って書いたんです。
よみがなは『まろうど』ですよね。

なるほど。
客人=まろうど
落人=おちうど
召人=めしうど
狩人=かりゅうど
餓え人=かつえうど
なるほどーなるほどなるほどー。

あー。
なんか一つ賢くなった気がします。
皆さん。
ありがとうございました!!!

Images2
↑今日の落人。

↓リン母も祝い箸の袋に名前を書いてくれます。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« カツエウド | トップページ | カエルケーキ »

くだらないこと」カテゴリの記事

コメント

カツエゴの件、リンコさんのお陰で解明できました。
母に説明したら、「あら〜、そう」と反応が薄く、やっぱり何の疑問も抱かずに使っていたことが明らかに!
親って不思議ですね。。。

投稿: じょんみわ | 2011年8月18日 (木) 22時10分

日本語、というか、漢字って、難しくもおもしろいもなですね!

投稿: Maggie | 2011年8月17日 (水) 19時11分

解明できてよかったですね。
『うど=人』には、
若人、仲人もありますね。

投稿: パドミニ | 2011年8月17日 (水) 05時28分

確かにカツエドやカツエゴになるとGoogle検索でもいろいろ出て来ますね。

ロンドン野郎のコメントが、一番ピント外れで、おバカで、無意味でした。 無知、無教養ををお許し下さいませ。 しくしく…

投稿: ロンドン野郎 | 2011年8月17日 (水) 03時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カツエウド | トップページ | カエルケーキ »