« 9月24日<2> | トップページ | 10月27日 »

2011年10月25日 (火)

ちょっとだけ、と思ったら長くなった話

ニューヨークはすっかり秋模様。というか、ほとんど秋を素通りして、初冬の気配すらしてきました。
日が落ちると、薄手のダウンを着て、マフラーなんて巻いてちょうど良い加減の気温になってきました。
すると、ああチョビの好きな寒い季節になってきたなあ。
これで一安心だなあ。
なんて、ついつい思ってしまいます。

アパートの部屋から廊下に出ると、廊下にも暖房が入り、ほわーんと暖かい空気が頬に当たり、あああ冬だなあ冬の匂いだなあ、チョビに丁度良い季節だなあ。
と、これまたついつい。
16年と8ヶ月と10日間、二人きりで暮らしてきて、そして特にこの6ヶ月間ほどは、常に常にオールウェイズ100%完全に、チョビ中心の生活だったので、チョビのことを最優先に考える癖は、そうそう抜けません。
ていうか、一生ぬけないかも。

それでですね。
実はこうしてチョビチョビチョビチョビチョビチョビチョビチョビ考え続けて書き続けていると、好意的なコメントや励ましのメッセージを寄せてくださる皆さんとは別に、『悲しいのはお前だけじゃなーい』とか『いい加減うんざり』とか感じてる方々も、きっときっとたくさんいらっしゃるんだろうなあ。とは思っていました。
自分が書くのが辛い、っていう気持ちもありましたが、そういう方々がきっといらっしゃるだろうな、という気持ちもあり、どうしようかな、書いてもいいのかな。ってちょっと迷ってもいました。

でも。
そう。
実は、『チョビふうみ』のほうはアメブロのオフィシャルブログということで、24時間態勢でアメブロさんが管理してくださっているので、あまりよろしくないと会社が判断したコメントの類いは、管理側で全て削除されてしまい、私自身の目にもふれることがないんです。
でも、こちら元祖ふにゃニューは、完全に個人ブログであり、コメントの削除等の作業も基本的に私が全て行うことになっています。
今まで、コメントの削除という行為はあまりしないように心がけてきました。
というのは、どんなコメントでも、それは書き込んだその人の個人的な感情であり意見であり、それを他人の私が削除したり変更したりということをするのは、あまり気が進まないという気持ちもありましたし、また私自身が誰かの意見を人目に触れないように先に削除してしまうという行為がちょっと卑怯なような気がしていたというのも理由の一つでした。
もちろん、あまりにもわけのわからないコメントや明らかにスパム風のコメント、エッチぽいやつなんかは「ぎえー」となって即削除していましたけどね。

そして、一昨日。でしたっけ。
「チョビネタひつこい!」とコメントをいただきました。
ちなみに「ひつこい」というのは「しつこい」が音変化した話言葉ですから、文語体としては「しつこい」が正しいんですがね。
コレを読んで後、とっても心優しいコメントをいくつかいただき、私の心も慰められ、またもやほろりときてしまい(最近もの凄く涙もろい)ましたが、反面チョビと似ている私は『ひつこい』コメントを見て、瞬間的に「何じゃいそら!」と、まあ正直に言って、非常に不愉快になりました。
チョビネタ、ってそういう言い方もとってもいやです。
それから、見知らぬ人に正面きって「あんた」とか「女」呼ばわりされるのも、大変不愉快です。
で、そう考えてはたと気づいたんですけどね。
私ときたら、通りかかりの見知らぬホットドッグ屋のジェントルマンを「おっさん」呼ばわりしたり、親切にタダで手紙を書いてくれたご老人を「エロじじい」呼ばわりしたり、別に何の危害も加えない立派な整形外科医を「アナコンダ」呼ばわりして「キモい」を連発したり、一緒にバドミントンしてくれたインド人の青年を「カレー」呼ばわりしたり、そりゃもう失礼もここに極まれり。だったなあ。と。かなり反省しました。
そしてまた考えました。
そうはいってもわたしゃホットドッグ屋のジェントルマンに正面切って指差して「おっさん!」とは言ってないし、エロじじいには首筋にチューされてもにこやかに接して、いつも敬意を表した態度でいたし(表面的に)、アナコンダにも常に笑顔を絶やさず、キモいと感じていることなど毛ほども感じさせぬ態度でいるし、インド人青年には「ナイスプレー」って笑顔で握手して「カレー」のカの字もいわなかったし。
ということで、ちょっとだけ私のほうがマシなんじゃ?(表面的に)
って思ったわけです。(つまりあまり反省していない)

で。何が言いたかったかと言いますと、そうやってオフィシャルにコメントを削除されるという装置の無いこちらのふにゃニューの記事は、私がある程度大人の判断(?できるのか私に?)で発言範囲は一定の配慮を持って設定はしていますが、できるだけ自由に楽しくフレンドリーな雰囲気で、私の日常的な事を気ままに綴り、それを読みにきてくださる皆さんが『楽しい』と感じてくださるならとっても嬉しい、という基本姿勢で書き連ねたいと思っています。
チョビのお話は、それは書いている私も幸せな気持ち100%ではありません。
とても悲しくて寂しくて切ない思いで一杯です。
でも、それでもチョビのことを書くという事は、私にとっては暖かくしみじみとした気持ちにもさせてもらえる作業であり、泣きながらチョビのことを書き、また一つ忘れていた思い出を取り戻し、新しい笑顔が生まれたり涙を流したり、そんなことを繰り返しながら心を癒してもらっています。
そして同じ経験をされた皆さんからの思い出を読ませて頂くことも、またこれから同じ経験をするかもしれない皆さんの、今一緒に暮らしているワンコちゃんやニャンコちゃん、もしかしてチュー(ネズミ)とかシャー(ヘビ)とかノソー(カメ)とかブヒ(ブタ)とかブヒヒン(ウマ)とか、色々色々な動物達への愛や切ない思いをきかせていただくことも、私はもちろんのこと、そういう思いをわけてくださる皆さんとそれを共有できるここに集まってくださる皆さんとの、一つの思い出でありある種の友情にもなると、私はおもっています。
ですから、『もうチョビのことは聞き飽きた』と思われる皆さんには、『読みにこない』という権利があるということをわかって頂きたいです。

哀しみという感情は、私にとってとてもとても人と分かち合いにくい感情です。
人前で泣く事がとても苦手で、何かしら笑いにつなげないと気がすまない性分なので、自分の哀しみを人にわかってもらおうという気合いが足りないのかもしれません。
私がチョビを通して得た様々な体験や気持ちを、ここでこうして皆さんに読んで頂くことは、私にとって『自分のきわめて個人的な感情を人に伝える』という、ある種初めての体験です。そしてそれは、大変個人的な事情であり感情であり学びの場でもあります。

何の勉強をした訳でもない私が、たまたま本を出させて頂くことになり、たまたまこうした公の場で、不特定多数の方々に私の文章を読んで頂くという場を頂いたわけですから、それなりの発言への責任や義務があるということは承知しています。
ですが、ここのブログでは、少し自由に自分勝手に、そしてあるときは楽しく、あるときは悲しい気持ちを、私が一方的にぶつけるだけではなく、色んな皆さんがコメント欄で「私もそうでしたよ」とか「これからどうなるかな?」とか「思い出しました!」とか、そういう言葉を自由に、そしてできればお互いに優しい気持ちで分け合える場であれば、と願っています。

ああ。また長々と書いてしまい、結局何が言いたかったのかだんだん不明瞭になってきました。
つまり言いたかったのは
まだまだチョビのこと書くぞ。
ということと、
できればあんまりヒドいコメントは書かないでね。
ということでした。
きちんとしたご意見や感想は、ちゃんと受け止めます。
でも、見て不愉快になるような悪口ぽいのは勘弁。
そういうことです。
だって、チョビは私の大切な大切なパートナー。
そりゃ書くよ。
私のブログなんだし、チョビが出てこないわけないじゃん。

↓うう。チョビ恋しや……。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« 9月24日<2> | トップページ | 10月27日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

腹立たしい人がいるものですね!
ブログを自分から勝手に見に来ておいて。

冷静にこのコメント書いていますが、本当に腹立たしいです。

リンコさん、気にしないで、そんな人は無視して下さいね

投稿: フミ | 2011年11月 3日 (木) 11時19分

リンコさんが『あの日』を振り返って、再び綴り始められるまでに、どれだけもがき苦しまれたか容易に想像がつくので、更新が再び止まった時は「何かあったかな…」と覚悟はしていました。
が、久しぶりにコチラにお邪魔して、納豆。あ、納得。

きっと、ずーーっと便秘だったんでしょうね、あの方。
リンコさんのblogに来た瞬間「ブッ」と出てしまって、激しい自己嫌悪に陥ったのでしょう。
憐れですね。

投稿: 佑香 | 2011年10月30日 (日) 07時12分

怒りと哀しみの感情でいっぱいになってしまい、リンコさんがどんな思いをされただろう‥と、コメントできずにいました。

そもそも、そんな人に対して何か書くのも嫌だったのですが。

でも、言わせてください。
やっぱりあまりにも腹が立ってしかたがないので、ハンドルネームではなく個人名で失礼します。

そのカキコミをした人は対象が動物でも人間でも、心から愛したこともなければ、愛されたこともないのでしょう。

そして、人に対して、心ない言葉を投げかけることしかできないような人間性の持ち主だと思います。

つまり、とてもかわいそうな人でしょうね。

自分の感情をきちんと表現する語彙がないのかもしれません。

チョビちゃんが亡くなってから、心にぽっかり穴があいてしまいました。
一読者ですらそうなのですから、リンコさんがどんな思いでいらっしゃるかと。

そんなコメントなんて、気になさらないほうが−−と言っても、目にしただけで不愉快な気分になりますよね。
でも、どうか忘れて、書きたいときに、ご自身の思いとチョビちゃんのお話を書いてください。

投稿: 桜井美和 | 2011年10月28日 (金) 14時12分

こんばんは。

世の中いろんな人がいますよね。

そのコメント主さんは、自分にない愛情というものに嫉妬してるのではないでしょうか。

自分がうらやましいと思う事に、口を出したくなるのが人間の心理ですから(哀)

これからもブログ楽しみにしてます(~o~)

投稿: 表裏一体 | 2011年10月28日 (金) 06時05分

今はいろいろと大変だと思います。
16年×365日=5840日以上のチョビとの生活。だから亡くなられたのは5840以上分の1、、、の出来事。だから時間が経てば亡くなったことより、いつか5840倍以上の楽しい思い出になる時が来ますよ。
ぼくらはそんなブログを見てる観客。賞賛する人も入れば罵倒する人も居るかもしれない。言いたい事語ってください。僕は一人の観客です。

投稿: techi | 2011年10月28日 (金) 05時05分

リンコさん、お久しぶりです。
この度はチョビちゃんのこと...本当になんて言っていいか...
自分が飼っていたミニチュアダックスが事故で亡くなったことと重なってしまってつらくて、コメントが書けませんでした。
たくさん、たくさん、チョビちゃんのこと思い出してあげてくださいね!
リンコさんのその思いは絶対にチョビちゃんに伝わっていますから。

投稿: Chadのママ | 2011年10月28日 (金) 00時13分

チョビ大好きです。
お会いした事ないけれど、いつも楽しみに拝見していました。
これからもリンコさんの日記や本を楽しみにしていますヽ(´▽`)/

投稿: misako | 2011年10月27日 (木) 17時57分

6年前にNYへ旅行する際に友達がたまたまリンコさんの本と出会った事で全冊読破し、
そして偶然去年こちらのブログを発見してから、全ての日記に目を通させて頂きました。
ブログを発見した時にチョビ嬢が高齢ながら元気に過ごしている事に嬉しくなったので、
今回の突然の悲報に涙してしまった一人です。

家族ですもん。
悲しい気持ち、悔やむ気持ち、どんな人でもあると思います。

でも、今回心ないコメントを残した方は
「どんなけ」
とか
「ひつこい」
とか、自分の国の言葉すら正しく使えない可哀相な人なんですよ。
スルーして行きましょう!

余りに腹に据えかねたので…失礼致しました。

投稿: ゆーぼん | 2011年10月27日 (木) 09時46分

はじめまして。
本当にひどい方がいますね。
どんな生活環境だと そうなるのかな??
もっと楽しい言葉や優しい言葉使ってみたらいいのにね!

いじわるばっかりしてると、みんなに嫌われて人生損するじょ~!

チョビちゃんのお話 これからもお願いしますね。

心が癒されるまでは まだまだお時間かかると思います。

ここで話して それが癒やしにつながれば私達もうれしいです。

私も愛猫を亡くした時は、毎日涙ナミダでした。
美味しいのもっとあげれば良かったな…とか考えてばかりでした。

でもね!
なんと、天国には、もっと美味しいのが沢山あるらしいですョ(^^)

おまけに病気の痛みもないから 結構楽しくやってるみたいなんです!

チョビちゃんも美味しい物片手に、ブログ読んでるかもしれませんね!

どうぞ無理なさらず、心が穏やかになられます事、願っています。

投稿: らん | 2011年10月27日 (木) 08時50分

私も以前ブログを公開していたころ、見ず知らずの
人から批判されました。
その人は自分が一番正しいと思っているようです。
ブログは好きなことを自由に書く場所だと思います。
それを、正しいとか正しくないとかその人の価値観
で批判しないで欲しいと思い、コメントを
受け付けない設定にしました。
たくさんの人に見られていると、その分心ない人も
います。
見ず知らずの人からのコメントには励まされることも
あるけど、傷つくこともあります。
リンコさんを傷つけるようなコメントを見て、本当に
ひどいことを言う人だと怖くなりました。

投稿: Gimy | 2011年10月27日 (木) 07時01分

リンコさん、初めて書き込みします。
私が、ニューヨークに魅せられて、10年ちょっと。ある時、リンコさんの著書に出会って、ニューヨークが恋しくなると読み返しては、大爆笑して、いっぱい楽しみをいただきました。ありがとうございます。

ブログがあることを知り、読ませていただいております。普段、ブログにコメントをしたり、ほとんどしないタイプの私ですが、今日は、どうしても伝えたくて。
リンコさんの届ける文章が、私は大好きですし、チョビのお話も大好きです。
チョビのお話ばっかりという人がいたとしても、それはその人の意見です。チョビのお話を楽しんでいる私のような人が沢山いるということをお伝えしたいです。
チョビのご冥福を心よりお祈りいたします。きっと時間が必要ですね。
また楽しいニューヨークのお話が聞けるのを楽しみにしています。

投稿: aki | 2011年10月27日 (木) 00時37分

コメント確認しました。最悪やねぇぇ。
人の悲しみをわからない人はロクな人じゃないですよ。気にしないでチョビの事いっぱい書いて下さい。
そしてまたチョビネタのエッセーの出版期待してますよ(^-^)/

投稿: kazz | 2011年10月26日 (水) 20時56分

リンコさん、ごめんなさい。前回「世界中の読者が、あなたとチョビの友達です」と、大見得を切ったマックスパパです。世の中広いから中にはご指摘のどアホや、「ブルドックの…」なんて批判するデリカシーの無いオバハンやらいてこまりますね。関西女が、明日死ぬかもしれない我が娘の正義を[リンコ節的ジョーク]で払拭しようと必死の書き込みをしたのに、わざわざ批判するか?普通。
私は関西人ではないけど、それぐらい判るやろ普通!(ちなみにかみさんは関西系の血筋です)もうこんな輩はほっといて、ガンガン[リンコ節]を飛ばしたり!…
もうちょっとの間やさかい、頑張らんとゆるりと行ったらええわ。
また余計な事書いてもうたがな。ごめんしてな!オバハンのコメントがあんまりやったんで!
また機会が有ったらコメントさせてもらいますさかい!堪忍な。

投稿: マックスパパ | 2011年10月26日 (水) 11時59分

先日、小学校の同級生に会う機会がありました。NYの話しになって・・・なんとリンコさんの本読んでるんですよね。一気に盛り上がりました。これからもみんなを大爆笑で和ませてください。
金八先生(知ってる?)が、「偉くならなくていい。感じのいい人になりなさい」って言ってた。世の中にはいろんな人がいます。私は、へこんだ時にはリンコさんの本を読み返します。すると見る見るうちに元気×100培となります。
私もわんこが旅立って12年になろうとしていますが、いつも心に一緒にいますよ。
大笑いの感じのいい人を目指して毎日頑張ってま~す。(大地を踏みしめも→キャリー ブラッドショーが言ってた)
これからもブログ楽しみにしています。無理せずアップしてください。

投稿: Aki | 2011年10月26日 (水) 11時53分

初めましてリンコさんこれからもチョビのこと一杯書いてくださいね。リンコさんの文庫本を何年も前に読んでファンになりここ数年前にブログを見つけチョビも元気で楽しく読ませて頂きました。私も20年そばにいてくれたネコを思い出しチョビの写真を見るたび涙です。これからもリンコさんの思うがままに書いて下さいね!(^^)!

投稿: natsuko | 2011年10月26日 (水) 10時40分

以前に1~2度コメントを残したものです。
リンコさんの文章、私大好きですよ。
ニューヨークでの生活の様子や、チョビちゃんやお友達の皆さんのお話。
皆さんにお会いしたことはないけれど、想像するだけで自分もそこにいるような気持ちになれますし、リンコさん独特の愛情?表現な言い回しも笑えて好きです。おっさんはおっさんですもの、ね?(笑)

16年、人間にとっても決して短い時間ではないですよね。リンコさんにとって、ニューヨークで過ごした時間はチョビちゃんと過ごした時間でもあるんですもの。
きっとどんなに書いても書きつくせないと思います。

ブログはあくまでも個人的な日記なんですから、どんどん自由に書いてくださいな。
書く事で少しでも気持ちがラクになるなら、ぜひ。

確かにブログは公共性もあると思いますけど、よほど不適切な表現でもない限り、わざわざ意地悪なコメントをすることもないと私も思います。
気に入らなければ読まなければいいだけの事なんですから。
どうぞ心ない言葉は気にせず、これからも思いをつづってくださいね。楽しみにしています。
長文失礼いたしました。

投稿: 阿蓮 | 2011年10月26日 (水) 04時52分

はじめまして。
...と言っても、一度だけ電話でお話したことあります。
その時に業務中にも関わらず、犬談義になったんですけど覚えていらっしゃいますか?
実は私の犬(マンデー)もチョビより3ヶ月ほど早く旅立ってしまいました。14歳と2ヶ月で大型犬としては、チョビ同様に大往生だったかも知れません。
チョビのお別れ前は、私の犬と本当に良く似ていて(異常な食欲や散歩行きたい素振りなど)涙しながら読みました。でもリンコさんは「出来る限り全てよくやった!」そう思いますよ。誰でも我が子同様に育てた愛犬との別れは納得いくものではないと思います。
私も今でも「ああすればよかった」「こうすればよかった」の後悔の連続です。おまけにこの時期(ハロウィーン)だから余計にゴーストになって現れて欲しいとまで思っています。実際、夜中にトイレに起きたら、そこにいたらビックリすると思いますけど(笑)
私は「虹の橋」の詩のように、またきっと会えると信じてます。
チョビも虹の橋でおばあさんになったリンコさんをきっときっと待っていますよ。

投稿: Monday | 2011年10月26日 (水) 01時31分

皆さんが書かれているように個人のブログなのだし亡くしたものを悼む気持ちは解ります。
ただ、前回記述で「アホ飼い主」ってのは私は少しがっかりしました。

その人が読むかどうかわかりませんが、あの書き方だとそのブルドックのせいで弱っていたチョビがさらに追い詰められ…って風に読めます。
それを止められなかった「アホ」飼い主?

可愛い犬だったし私も読むの楽しみにしていました。
失った悲しみがとても深いのも解ります。
でもちょっと心無い記載だったのでは?
だったら読むな!と言われればそれまでですが。

投稿: kawa | 2011年10月26日 (水) 01時16分

我が家では、愛犬(ドーベル)を亡くして18年経ちますが、家族でその子の話をすると、今だに涙が出てきます。リンコさんがチョビちゃんを失って、悲しむのは当然!です。
悲しみが少しでも癒えるなら、ずっとずっとチョビちゃんの事を書いて下さい(^^)。
変なコメント書くヒトなんて、無視無視です!

投稿: みのり | 2011年10月26日 (水) 00時40分

きー!
そんな心ない事を書いたやつがいたとは!
そんなこと思うなら読まなけりゃいいんです!

私はリンコさんの書く文章が大好きです。
もちろんチョビちゃんも大好き!
同じく愛犬を16歳で亡くしてるので、チョビちゃんの記事を読みながら、うちのワンコを思い出したりして。

これからも楽しみにしてるので、気にせず何でもかんでも書いちゃって下さい!
リンコさんのブログなんですから^^

投稿: JADY | 2011年10月26日 (水) 00時20分

100%な人に好かれるなんて現実でもネットの世界でもまず無理なんだとわたしは思いますtyphoon
私たち読み手は玲子さんのページにお邪魔しているのであって、視聴するのにお金を払ったり税金を払ってるわけでも株を持っているわけでもないんですよね。
だから100%玲子さんの自由じゃないのかなぁ。
確かに外向かって発信しているものですが、個人個人のニーズに合ったものなんて私たちは期待しちゃいけないとおもいます。annoy

投稿: あやこ | 2011年10月25日 (火) 23時55分

リンコさん、私はチョビちゃんの記事大好きです!

なので、これからも、楽しみにしていますよ~!

投稿: kawako | 2011年10月25日 (火) 23時27分

言霊は不吉(不遜)なことを書く(つぶやく)と自分にかえるよ。いつかきっとね。

鶴亀鶴亀と祓ってしまいましょう。。

投稿: いちご | 2011年10月25日 (火) 22時22分

そうですよ、リンコさん。 チョビ嬢様の事をもっともっとたくさん書いて、たくさん話しましょうよ。 そして、みんなでたくさん笑えるようになるまで。

投稿: ロンドン野郎 | 2011年10月25日 (火) 17時25分

数日、旅行に出ていて…りんこさん、少しは元気が出たかなぁと覗きにきたら、何ということ。つまらない失礼な書き込みをする人が居るんですね。そんな人が居るとは、悲しくなります。哀れです。ここに立ち寄るのは、チョビちゃんが大好きで、りんこさんの事好きだから心配している人だけでいいと思う。

投稿: エバママ | 2011年10月25日 (火) 13時00分

世の中にはしようもない人がいるもんですね。
我が家のビーグル犬を亡くしたばかりなのでりんこさんの気持ち良く分かります。

我が子の事に触れないでいるなんて無理ですよ。ましてや自分のブログだし。

またいつものように書いて下さいね。

投稿: みさ | 2011年10月25日 (火) 11時21分

いいね!いいね!リンコさんらしさ出て来たね!
じゃ、ご飯にします。ので、また明日!

投稿: しらす | 2011年10月25日 (火) 11時15分

リンコさん、わたしもずっと愛読しています。
もちろん本も持っています。
だけどずっとどう言葉にしてよいかわからずにコメントせずにいました。
そしていまもなんと言葉にしてよいかよくわからずに書いています。

ちょうど去年の今頃わたしも愛犬を亡くしました。
しばらくはいまのリンコさんとまったく同じ状態。毎日泣いて泣いて泣いて…
リンコさん!
悲しいときは泣きましょう。
きっとチョビだって『仕方ないなぁ』て思ってるはずです。

リンコさんのチョビのお話、わたしはもっと聞きたいな。
だってリンコさんもチョビも大好きだもん。
ほんの一部の心ない人のために書くのやめますなんて言わないでほしいです。

週末、愛犬の1周忌です。
あれから1年。
もう?まだ?
いまだに一緒に散歩に行った場所を通りかかると涙がでます。

リンコさん、がんばって!

投稿: ディア&ルディのママ | 2011年10月25日 (火) 10時41分

ブログって「自分の日記」でしょ?

その方の日常をつづっている、その方には思い出の日記だと思ってます。

それを、ネット環境を使って勝手に読みに来てる人がいるんでしょ?(←私も含めてです)

その日記の内容にイチャモン付けるのって、ちょっと違うと思うんですけど。

だって、誰かのために残してる物ではないと思うから。

なので、ここはリンコさんの日常を書きとめておく場なのでリンコさん主導で全く問題ないと思います。
嫌なら来なければいいのに・・とも思います。

長い年月、一緒に暮らした家族を失ったんです。そうそう吹っ切れる人なんていませんよ。
リンコさんのペースでいいと思っています。

辛い時期なのに近況報告ありがとうございました。

これから寒い時期になりますね。

リンコさんも風邪など引かれませんように。

投稿: ミラマム | 2011年10月25日 (火) 10時39分

何はともあれ、安心しました。
これからも、ブログ読みに来ますね。
コメントは、初だったのですが、言わずにはおれませんでした。
皆さんの、大人な言い回し、参考になりました。
ウチのにゃんこは、通院と投薬が3か月になりました。
いつ何があっても不思議ではなく、体調を気遣う毎日です。
ついつい、自分と重ねてしまいました。
半年以上のケア、お疲れ様でした。
どんどん文章にしてくださいね。
思い出がリマインドされて、癒しにもなりますから。

投稿: チョコぶー | 2011年10月25日 (火) 10時11分

リンコさん、初めましてです。
ずぅ~っと前から、お邪魔してブログを拝見していました。
ぽっかりとあいた穴がそのままで、心が痛む事もまだまだあるかとは思います。

そうですね、自由にOPENにしているからこそ「なんでもあり」状態で、そういうコメントをする人もいるんでしょうね。
でも、リンコさん、そういう時は無理に自分も相手も正当化しないでいいと思います。そのままで良いんじゃないですか。受け入れられないコメントが来たら、そのままサクッと削除していいと思いますよ。

そう、その人が不快なら来なければ良いんだし。ただ、リンコさんのコメントをみて、自分の感情をぶつけたくなっただけでしょう。その人の感情の問題であって、リンコさんには関係の無い事ですよ。リンコさんに感情ぶつけても、その人も不快さが解決されるわけでもないし。

リンコさん、つらければつらいって言っていいと思います。悲しければ悲しいって。リンコさんが言うように、同時にありがとうという気持ちも大切にしているんだし。

投稿: おっさん | 2011年10月25日 (火) 09時58分

チョビちゃんのこと、本当に心からお悔やみ申し上げます。

精神的に弱っている時って、普段ならさらっと流せてしまうことでも敏感に反応してしまうのに、否定的なことをしかも具体的に言われたら本当に悲しくなりますよね。

私も今、ちょっとした逆境と大きな転換期を迎えていて、周りの人の雑音がいつもにまして大きく感じてしまっています。もちろん私への親切から言ってくれてることもあると思いますが、そんな時こそ自分の心の底の思いに素直に行動すべきだと信じています。リンコさんも、雑音に負けないで、思いをこのブログで吐き出してください! リンコさんの言う通り、本当に読みたくない人は読まないでいいんだから。でも、きっとそんな人だって、今までリンコさんのこのブログで楽しませてもらったり、勇気づけられてきた人だと思います。だから「リンコさん頑張れ」っていう気持ちがちょっとゆがんで出てきてしまったのかもしれないですよね。

リンコさん、ほんとに微力ですが応援してます!!

投稿: e2e21002 | 2011年10月25日 (火) 09時05分

こんばんは、初めてコメントします。
私もイチローがプロになった年に「いち」と名づけた男の子ハスキーを飼っていました。
リンコさんのように、いつもいつも一緒にいてあげられなかった、というより、年老いた両親に猛犬をあずけ、自分はイギリス留学だ、東京で仕事するだとほったらかしにしていました。
11年ちょっとでお星さまになってしまったのですが、最後の数週間は仕事をしてなかったこともあり、実家に戻って看病していました。
当時は何をしていても思い出してしまい、情緒不安定になりました。
それから月日は経ちましたが、今でも母とはいちの話題で笑いを提供してもらっています。
私事が長くなってしまいました。
リンコさんのことは、たまたま本屋で知ったのですが、何年か後にブログを発見し、同じハスキーを飼っていること、年も近いこともあり、ブログをいつもたのしみにしていました。
つらいときに心ない言葉を目にしてしまい、文章で書かれているよりはるかに悲しい思いをされたと思います。どうか、コメントする面々は思いやりがある人たちばかりで、と願います。
最後に、いちとちょびが楽しく遊んでいるといいなと思います。ちょびは美人さんだから。

投稿: satocom | 2011年10月25日 (火) 08時59分

皆さんのおっしゃる通りですね。
でもなんで今なんですかね。
今までチョビネタ満載だったし、よく続きもんもあったし。
読んでいると、行き場のない怒りが伝わってきます。食べて寝て、カラオケでも行って発散しましょうっ!
少しづつ元気になられてるみたいですね。

投稿: 2号 | 2011年10月25日 (火) 08時56分

こんにちは。
どう言葉をかけていいのか、コメントできずにいました。
でも、チョビちゃんへのリンコさんのきもちがあったかくて、リンコさんの文からしかチョビちゃんを知らない私ですが、ああ、そうだなーチョビちゃんそうだよねーと思い出したりし、勇気を出してコメントします。
1年でも16年でも、同じ時間を過ごした子たちへの思いは一緒ですよね。たいせつなチョビちゃんがいつもリンコさんとともにありますように。

投稿: もるもる | 2011年10月25日 (火) 08時55分

えー!そういうコメントを書く人もいるんですね。じゃあ見なきゃいいのにとか書くのもあまり良くないかな…

私がリオンを亡くした時に思ったのは、今まで人の大事な犬や猫が亡くなった時に、励ましの声をかけてたけど、結局自分で経験するまではちーっとも理解できてなかったということでした。

そういう心ない?意見をする人は、大事な存在を失ったことのない、ある意味幸せな人なんでしょう。

私もmixiのボイスで色々不安な気持ちを書きまくってみんなからコメント貰うだけで気持ちが落ち着きました。
亡くなった後も書いてた方が落ち着きました。
四十九日たった今は逆に書くことが辛いですし、撮ってあったムービーも見ると辛いです。
今になってようやく本当の悲しみを受け止めてるからだと思います。

NYCでの生活の中で大きなウェイトを占めてたチョビのことですし、いつもの風景を見てチョビを想いチョビのことブログで書くのも自然だと思いますよ。

投稿: ともこ | 2011年10月25日 (火) 08時52分

リンコさん、はじめまして!

我が家では2年前に愛犬(17歳)が旅立ってしまったのですが、今でも毎日お線香とおやつ用クッキーをあげています。いろんな事を思い出しては涙してた日々がだんだんと穏やかになってきています…

チョビちゃんの事をうちの愛犬と重ね合わせてしまってとても悲しいけれども、リンコさんの愛情いっぱいで旅立ったチョビちゃんの事をこのブログで知ることが出来てとてもありがたく思っています。

これからもリンコさんのペースでよいのでチョビちゃんの事、いっぱい書いてください★ リンコさん&チョビちゃんファンの私たちは待っています!

投稿: ペリー | 2011年10月25日 (火) 08時39分

レイコさんの言う通り不愉快なコメントですね,わざわさそんなコメント送る気がしれないなぁ!本を買った時からチョビファンの人たくさんいると思います。また少しずつチョビの話聞かせて下さいね..ニューヨークの街でチョビとレイコさん偶然お散歩してないかなぁと旅行してた時思ってました。まんまるお目目のチョビ ホントキュートですよね★

投稿: ボスブス | 2011年10月25日 (火) 08時31分

ずっと読者でしたが初めてコメントします。リンコさんの文章の大ファンで、このブログ読み出してから本も全部そろえました。
チョビが亡くなって、一読者でしかない私もとても悲しい思いをしたくらいですから、長い時間を共にしてきたリンコさんの悲しみの深さは計り知れないと思います。でも正直、久々にリンコさんのキレのいい怒りの文章が読めて、ちょっと安心したような気持ちもしています。
悲しみが癒えるのにはかなりの時間を要すると思います。もちろん急かすつもりはありませんが、リンコ節(?)が戻ってくることを待っているファンがいることを心の隅にでも留めて頂ければ嬉しいです。

投稿: さよ | 2011年10月25日 (火) 08時28分

その通りです!「嫌なら読むな!」です。
リンコさんは別に、商売でこのブログやっているわけではないんだから、内容について(犯罪など以外では)とやかく読者である私たちは文句言えないと思います。

こんなイジワル人間に負けるリンコさんでも、チョビでも、私達読者でもありません。どんどんチョビの事語り合いましょう!!

投稿: meg | 2011年10月25日 (火) 08時25分

本当に心無い人がいるんですね。
りんこさんのブログをきちんと素直に読んでいれば、あのような暴言を書き込むことは出来ないと思います。
そういう人を説得しても仕方ないし、反省したり、変わったりしないでしょうから、無視してください。残念ながら世の中にはどうしようもない(アメリカで言う basket case) の人がいるものです。私たちはりんこさんの味方です。

投稿: westpoint123 | 2011年10月25日 (火) 08時21分

リンコさん!
みなさんがおっしゃるように、
私たちはリンコさんの味方です。
リンコさんの思うがまま書いている
ブログや著者を読むのが、
私たちファンの楽しみなのです。
チョビとの思い出も、フンフンさんや
ポール←ファイヤーマンもマッカトニーも、買い食い話も、とにかく全てが
読んでいて、楽しくなったり、ほっこりしたり、考えるきっかけを与えてくださったり、とにかく大切な時間です。
これからも無理をなさらずに、
リンコさんのペースで続けて下さい。
大ファンです。

投稿: ミケ | 2011年10月25日 (火) 07時43分

はじめまして、リンコさん。
リンコさんのことを知ってまだ1年も経ってないですが毎日チェックするほど楽しみなブログです。
チョビの日常、リンコさんとその仲間達のエピソード、NYCの情報などおもしろくてほんま大好きなんです。
だからこれからもチョビとの思い出をブログにして私たちに読ませてほしいと思います。
リンコさんやみなさんが言う通り、ここはリンコさん自身のブログであり、何を書こうがリンコさん以外の人間がとやかく言う権利はないんです。
嫌やったら読まなくていい、その通りです。
わざわざ中傷コメントを書くなんて人としてどうなん?って思います。
私たちはリンコさんが思ってる以上にリンコさんが大好きですし、このブログを楽しみにしてるんです。
どうかこれからもリンコさんの書きたいことを書いて私たちを笑わせてください♪
ずっと応援してます!!!

投稿: OhShitNo | 2011年10月25日 (火) 07時36分

リンコさ〜〜〜〜ん!
よかった、よかった〜。
ほんとによかった〜。

わたしは、反論コメントしたのですが、またコメント上で問題があってもと思い「無名」でアップしました。すみません、あれ私です。
リンコ&チョビは永久に不滅ですからね。リンコさん、これからもよろしくお願いしますね!!!
いやーよかったよかった。私まで元気出てきました。
わたしは東京にいますが、年に一度行くニューヨークでは必ずリンコさん&チョビを思い出します。会えないけど、近くに来ましたよ〜と。

リンコさん、これからも楽しく元気に一生懸命生きていきましょうね。わたしもがんばろーっと!

あんずママ

投稿: あんずママ | 2011年10月25日 (火) 07時29分

リンコさんも、そしてブログ荒らし女以外の皆さんが言っている通り、内容が気にいらないなら見にくるの辞めればいいの一言です。
私はリンコさんが最初のショック段階から抜けて、悲しくて悲しくてどうしようもなくてもチョビの事を書いてブログ更新してくださっているのに感謝の限りですよ。

リンコさんの本は全部読んでいるけど、いつかブログだけでなく、新刊本にもチョビとの日々を書いて欲しい。

うちのこはずっと前に去りましたが、その後自分のペットに近いくらいの気持ちでチョビの事をいつも読んで一喜一憂していました。
リンコさん、バカは無視してこれからもチョビの事書いてくださいね。

投稿: パドミニ | 2011年10月25日 (火) 07時00分

別館にはコメントさせていただいてますが こちらは初めてのコメントです

私も先日の心ないコメントにとても悲しい思いをしました
いろんな考えの人がいるのは理解できますが それを伝える表現力や内容に品格や礼儀が感じられないのは 人としてどうなんでしょうか?
目にするこちらが恥ずかしくなりますよね…

玲子さん これからも気にせず感じたこと 伝えたいことを赴くままに書いてくださいね!

投稿: megu | 2011年10月25日 (火) 06時56分

こんばんは。
私も「ひつこい」は文語間違ってる・・・と思っていました。
きっと、常に誰かを攻撃しないと気が済まない方なのかもしれないですね。言いたい人には言わせておけば良いのです。

チョビちゃんの事は記録としても残しておくべきだと思います。

やっぱり人間なので、どんなに一緒にいて同じ時間を過ごしても、いなくなってしまうと自分の記憶からは薄れて行くものです。

だから、今の気持ちを正直に綴っておかれて下さい。きっと、いつでもチョビちゃんの事を鮮明に思い出すことが出来ますよ。

リンコさん、チョビちゃん大好きです★

ずっと応援してますね。

投稿: lucky | 2011年10月25日 (火) 06時40分

逆にチョビのことを今後一切書かないというのならもう読みにきません。
これからもたまにでいいのでチョビの写真、載せてほしいです。

投稿: Ran | 2011年10月25日 (火) 06時35分

リンコさん大好きだよ~!

チョビ大好きだよ~!

うちの親方(コーギー♂)は13歳のかわいいおじいちゃん

リンコさんとチョビを見ていて、私とこの子もあと何年一緒にいられるかわからない・・・と今まで以上に(嫌がられるくらい)愛してあげようと思えました

リンコさん、ありがとう
チョビ、ありがとう

これからもリンコさんとチョビの想い出をたくさん聞かせてくださいね

チョビはいつまでも皆の心で生きてますよ

投稿: みゆき☆親方 | 2011年10月25日 (火) 06時34分

そう、皆さんがおっしゃっている通りそういう人はただ読まなければよいんですよー! どうぞ 今まで通りのリンコさんでいてくださいね。もっともっとたくさんのチョビちゃんとの思い出を書いてくださいね。 ユーモアあふれるリンコさんのブログが大好きで毎日楽しみにしています。

投稿: massy | 2011年10月25日 (火) 06時32分

リンコさん、これからもチョビちゃんのこと書いてください。待ってます。

私は子供の頃から団地住まいの為、ペットと生活したことはありません。でもでも、リンコさんの本やブログで、チョビちゃんのことを読んで、勝手に親近感を持っています。

道でチョビちゃん似の子に会うと、「あ~、チョビちゃんもこんなふうにお散歩してたのかなー」なんてね。

でもきっとコメント入れた方、リンコさんの楽しいニューヨークの話題、空気を楽しみにしていた方なのかも。

チョビちゃんあってのリンコさん(あれ?逆か?)だから、これからもチョビちゃんのことどんどん書いてくださいね!
私は楽しみにしています!

投稿: MIKA | 2011年10月25日 (火) 05時58分

リンコさん、とっても正直!!いい感じです。
人の数だけ感情や意見がある。頭でわかっていても感情はまた別ですよね。
でもそれぞれのご意見を(決して受け入れるわけじゃないけど)、認める潔さ、そして自分の負の感情もちゃんと認め勇気を持って不愉快という強さ。公にするって結構難しいでしょ。
こうやって書くことで私もいろいろ整理でき「いい思い」させていただいてます。
もちろん純粋に喜怒哀楽も堪能してます。
ではまたね。

投稿: KIYO | 2011年10月25日 (火) 05時56分

それだけの年月を密に過ごしたパートナーを亡くして、そんなに急に立ち直れる訳がないです。 


むしろ、もう普通に平気でいるほうが、不信感を持ってしまうと思います。


これを読んでるほとんどの人は、リンコさんを心配こそすれ、ひつこい!なんて思わないと思います。 


心ない(と私は思います)発言で、嫌な思いをされましたね。 

それがネットの怖さかも知れません。 


面と向かって言えない事が、匿名で顔が見えないネットなら何でも言えてしまいますから、気遣いとかが薄れているような気がします。 

大人気ない人が増えているんでしょうか。 

いつまでも、読みますよ。 

書きたい事を書いてくださいね。

投稿: たかたか | 2011年10月25日 (火) 05時31分

この度は心ない人のコメントにより、嫌な思いをしましたね。
私は上海在住なのですが、中国では政府のネット規制がかかりアメブロが閲覧不可です。
ですから、私が大好きなチョビ&NewYorkの話を読めるのは、このふにゃニューしかありません。
心ない人のコメントにより、大好きなチョビ(の話)に会えなくなるのは嫌です(;O;)
リンコさんが書きたい事を書く→それを見たい人達が閲覧する
これが当たり前です。
リンコさんがいう通り、読みたくない人達は読まなければいいだけなので、
ぜひこれからもチョビのお話を聞かせて下さい!

投稿: やよっしー | 2011年10月25日 (火) 05時06分

はじめまして。
実は最初から拝読させて頂いておりますがコメントは初めてです。
「チョビネタしつこい」について。
ペットとは言え、家族を失った悲しみは本人にしか分かりません。
同じような気持ちにはなれますが。
なので「チョビネタしつこい」と思うのなら、ここに来なければ良いと思います。
読む読まない、訪問するしないは訪問者の勝手ですからね。
ご本人が「もう書く事がない」「書きたくない」と思われるまで書かれたら良いと思いますし、永遠にチョビちゃんの話でも良いし。
残念ながらどこにでも何でも批判中傷する人はいてるし。
まぁ「チョビネタしつこい」と書かれた方の事は「心の寂しい人」と思って忘れる事が一番ですね。

投稿: 智子 | 2011年10月25日 (火) 04時43分

リンコさん
がんばれー
私はチョビだーいすきです~

投稿: cabo | 2011年10月25日 (火) 04時31分

リンコさん、大丈夫ですか?
こんな時に、とんでもない言葉でとんでもないことを言う人がいるというのが信じられません。

私も家族&家族のような犬たちを看取ってきたのでわかります。

顔が見えない分、攻撃しやすい・・・ということもあるのでしょう・
でもそんな人はきっと気の小さ~~~~い器の小さ~~~~い人です。
嫌な感じはするでしょうが、気にしないでください。

私は東北の震災もそうでしたが、友達やたとえ他人であっても
悲しいとか嬉しいという気持ちを共感・共有できるということは大切なことじゃないかと思います。

一部の心ない人もいるでしょうが、私はリンコさんの今の気持ちもすごくわかるし、
リンコさんの文章も好きです。

だから気にしないでください。

チョビ、今頃遊びまくっているんでしょうね!

投稿: Sally | 2011年10月25日 (火) 04時03分

りんこさん 同感です!

思うことは人それぞれだけど、不快に思ったら「次からこなけりゃいいじゃん。」と私は思います。
わざわざ、たくさんの人が目にする場で、中傷するって、まったくもって人としてお粗末すぎると思います。

ましてやチョビのことで、こんなに心を痛めているりんこさんに、なんてことするんだと腹立たしい暴言でした。

私もココログを使ってまして、不快なコメントをこちらで削除するのは卑怯かなと思った時期もありましたが、『読みにこないという権利』もあるように、削除する権利もあると思い、今は認証制をとっています。
(後悔しなかったり、削除したらしたで、「自分にとって都合のいいコメントしか載せないんですか」と、さらに言ってくるものなので、そういうときは、説明したり、じっとこらえたりしています)

チョビのことは、どうぞ、りんこさんのペースで書いてください。

これまでたくさんの楽しいことをこのブログやご本からもらいました。
だから、心ないコメントに傷つけられたとしても、その10000000万倍もの温かい気持ちを持った人たちがいるってこと信じてくださいね☆

投稿: whoko | 2011年10月25日 (火) 03時55分

良かった、リンコさんがはっきりおっしゃって下さって!そう、読みたくない人は、読まなければいいんです!リンコさんとともに長く悲しみを分かち合いたくない人は、こなければいいんです…私はききたいです。リンコさんとチョビのことを、最後の最後の瞬間まで…長年一緒に生きてきた同士、どちらかが先に行ってしまうとは、どんなことなのか…どういう気持ちで相方が去ったことを受け止めたらいいのか…
リンコさん、私達は全てを受けます!好きなだけチョビとのこと、書いて下さい!!!
チョビがいなくなってしまった今、リンコさんの書く文章でしか、私達はチョビに会えないのですから…

投稿: Maggie | 2011年10月25日 (火) 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月24日<2> | トップページ | 10月27日 »