« チョビ、チョビ、チョビ | トップページ | 9月24日<1> »

2011年10月14日 (金)

まだチョビな日々

$竹内玲子オフィシャルブログ Powered by アメブロ-3

皆様。
ホントに皆々皆様。
たくさんたくさん、数えきれない程の励ましのコメントやメッセージをいただいて、本当に本当にありがとうございます。
一つ一つ一生懸命読んで、一度ずつ涙を流しながら、しっかり噛みしめています。
チョビが突然いなくなっちゃってからもう3週間近くが経とうとしていますが、私の中では毎日全てがまるで夢のようで、全然現実感がありません。
御天気が良い日は、ああ今日はチョビの後ろの窓を開けてあげると気持ちいいかなあ。とか、雷がなると、あああチョビが怖がるかなあ、とか、そんなことばかり考えていますし、真夜中に大きな音をたててしまうと、うわっチョビに怒られるっ、とビクビクしてしまいます。
外 出先で、チョビのことが心配で心配で、ああ早く帰らなくちゃ、って考える癖がぬけなくて、ふと『そうか。もう急いで帰らなくていいのか……』と気がついて スーパーのど真ん中で涙を流したり、チョビと歩いたお散歩道で、チョビが入りたそうにしていたデリの前でしゃがみ込んで泣きたくなったり、事情を知らない 人から見たら、とても危険な人になっています。
あんなに入りたそうにしてたのに、どうして一緒に入ってあげなかったのかな。
デリのおっさんにつまみ出されても良いから、一緒にデリでお買い物すればよかったな。
暑い日、GAPショップで休憩したそうにしていたのに、ちょっとだけ一緒に入ればよかったな。
どんなに少しでも、特別なオヤツをあげるとあんなに喜んでくれたのに。痛い後ろ足でピョンピョン飛び上がって喜んでくれたのに、どうしてもっとたくさんオヤツをあげなかったのかな。
もっともっと好きなだけ、好きな物を食べさせてあげればよかったな。
もっと色んな所に行って、もっと色んなものを見せてあげればよかった。
もっとチョビの好きな事を、もっともっと好きなだけさせてあげればよかった。
もっと大切にすればよかった。もっと可愛がればよかった。痛い足も、一晩中撫でてあげればよかったのに。最後の夜、苦しかったかもしれないのに、不安だったかもしれないのに、どうしてもっと早く気づいてあげられなかったのかな……。

考え始めると、悲しくて切なくて、そしてチョビにもう一度会いたくて会いたくてたまらなくなります。

全然ブログが更新できないままで日々が過ぎてしまい、本当に申し訳なく思っているんですが、チョビの事を書こうとすると、悲しくて悲しくて辛くなってしまって書けないままです。
チョビがいなくなってしまった日の事を思い出すと、悲しくて泣けてきて、手が止まってしまいます。
たくさんメールやコメント、メッセージで励ましてくださっている皆さん。
全然お返事ができないで、本当にごめんなさい。
お友達のみんなも、電話もメールの返事もできなくって本当にごめんなさい。
少しずつ元気が出始めてはいますし、ゴハンはちゃんと食べています。オヤツも食べています。
テレビを見て大笑いしたりもしています。
そして、突然「うえええええええええーんなんでチョビいないのーーーー」って大泣きしたり、もうすっかりわけのわからない人になっています。
でも、ちゃんと息して食べて生きています。

もうちょっと元気が出て、頭の中が整理されたらチョビの話をきいてくださいね。
チョビのことだから、今頃つめたーい目で私のことを見て
「またなまけてる……」
って思ってると思うんですけどね……。
全体的に、チョビがいないと1000%ダメダメです。

$竹内玲子オフィシャルブログ Powered by アメブロ-6
フンフンに作ってもらったチョビお仏壇。毎日お花で一杯にしてあげてるんですが、フンフンには「コイツは花よりメシだろ」って言われた……。

|

« チョビ、チョビ、チョビ | トップページ | 9月24日<1> »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

NYがとてもとてもLOVEでいろんな人のエッセイを長年読んできました。 来年にNY
長期滞在をプラン中で、また色々読みたくなったので調べてたらリンコさんのブログを発見!!
しかも手元には以前に買ったリンコさんの本が2冊ありましたの★★
で、これは全て欲しいと思いアマゾンで扱っているリンコさんの本を全て大人買いした次第です!(^^)!
わたしのバイブルです。
勝手ながらですが、リンコさん大好きです。

 

投稿: natsuko | 2011年11月 8日 (火) 05時16分

最初のペットをなくした時、私もペットロス症候群になりました。いつもの私に戻るまで、ものすごく、時間がかかったんです。

りんこさんの気持ち、胸が痛くなるほどわかります。りんこさん、チョビって言う天使と過ごせた時間は本当に幸せでしたね。
だから、いいのですよ。泣きたいだけ泣いても、後悔してもチョビは全部わかってくれてるはずです。笑えれば笑って、ご飯も食べてゆっくり、ゆっくり前に進んでいけば。これからだって、見えないけれど、きっといつまでも、チョビはりんこさんの側にいてくれるはずですよ。

投稿: monyo | 2011年10月18日 (火) 20時23分

リンコさん

泣けてきてしまいます・・・。
もっともっと・・・って気持ちよくわかります。
私も『今日は、お散歩いかなくていいよね・・』
なんてことが多々ありますもの・・。

でもリンコさんの心の中が
『天国』なんだと思います・・・・・・。
だからいまごろ、もっともっとをやってると
思いますよ・・・。

ゆっくり、ゆっくり前に進んでくださいね。
そしてまたお話してくださいね。

ありがとう。

投稿: Sarah | 2011年10月18日 (火) 13時15分

リンコさんが悲しみの中にいながらもちゃんと前を向いてらっしゃって良かったです・・家族を失ってまだ間もないんだから、思い出しては涙するのは当然ですよ。少しずつ少しずつ、でいいと思います。
チョビちゃんはリンコさんとの暮らしがあったからこそ、こんなにも長い間一緒にいてくれたんだと思いますよ。もしリンコさんが書かれてるようにもっとオヤツをあげていたら・・もしかするとこんなに長くは一緒にはいれなかったかもしれません。
私もかつて実家の愛犬を亡くしたのですが、私は実家から離れて働いていたため、最期も看取ってあげられなくて、とても後悔しました。だけど今は「あの時面白かったなぁ〜」と楽しかった場面を思い出してはニヤリとしています。
リンコさんもゆっくりゆっくり、そんな日が来て癒える時が来ると思います。だって、本当にたくさんの楽しかったチョビとの思い出があるんですから(^-^)v

投稿: michai | 2011年10月18日 (火) 05時03分

ブログが更新されていて また涙 涙で読ませていただきました。 
祭壇 とっても素敵ですね。チョビちゃんもきっと喜んでいると思います。 
私は6年前から 初めてのペット、アメリカンショートヘアーと生活を共にしていますが いつかこの子を見送る日がくると思うとそれだけでたまらない気持ちになってしまう、そんな自分に自分でびっくりしています。 とにかくもうかけがえのない家族になっているんですよね。 
玲子さん、今は 泣きたいときは思い切り泣いてくださいね。 チョビちゃんの魂は
見えなくてもいつも玲子さんと共にあると
思います。

投稿: massy | 2011年10月17日 (月) 22時50分

まだまだ悲しみの底にいらっしゃる中、ブログの更新ありがとうございます。

いろんな後悔があるみたいですけど、私から見るとチョビちゃんはとっても幸せだったと思いますよ。
愛に包まれた一生を満喫して旅立ったチョビちゃんは、きっと今頃天国からリンコさんに愛をふりまいているはず。

今はゆっくり休んで下さい。
チョビちゃんの思い出を楽しく綴ってくれる日をずっと待っています。

投稿: かな | 2011年10月17日 (月) 07時05分

ご心配頂いていた我が家のビーグル犬、15日朝に亡くなりました。16日の今日の朝、起きて洗濯機のスイッチを入れた後、いつものようにお薬と食べないかもしれないけどご飯を用意して、お水の準備して、と動こうとして、あ、やらなくて良いんだ、とおかしな感じでした。すぐに食卓に着くなんてこれまでなかったので凄く違和感があります。

チョビちゃん、可愛い祭壇ですね。

落ち着かれましたら厚かましいこととは思いますが私の話も聞いて頂けると嬉しいです。

投稿: みさ | 2011年10月16日 (日) 11時04分

チョビちゃん、とっても可愛いですね。
リンコさんは、チョビちゃんに十分な愛情を注いでいたと思います。皆さん言っているように、焦らないでゆっくりですよ。早く元気にならなくてはなんて思わないで下さいね。


投稿: フミ | 2011年10月16日 (日) 09時47分

3年前のこんな天気の時に我が子のようにかわいがっていた犬を亡くしました。いまだにこんな季節になると涙がでてきます。同じように思いました。嫌いな水泳にいかせて一人でもりあがっていた自分を攻めたり、大好きな昼寝の邪魔をよくしたなぁと反省したり。いまだに彼女は天国で何をしてるんだろうと考えます。道をあるいて沢山泣きました、ふと、トイレに座って一人になると涙があふれたり、同じくよく散歩して道をあるくと怖いおばさんのようにあさってみてるみたいな目でそこでじっとしてしまったり、いったいこれはなんなんでしょうか?私、ペットロスのミーティングにもずっといってました。なんかわからないけど初めてメッセージおくります。

投稿: けいこ | 2011年10月15日 (土) 23時30分

リンコさん
無理しないで…
時が過ぎるのにまかせて…

ご飯だけは食べてくださいね

フンフンさん
ほっかむりなチョビの可愛いお顔が
チョビへ、リンコさんへ愛情に溢れた祭壇だと思います

以前にアップされていた小さい頃のチョビ写真を見ています

チョビはリンコさん達に出会うためにやってきたんだね

投稿: cabo | 2011年10月15日 (土) 23時04分

ブログを読むと必ず泣いてしまうので、上手く書けなくてごめんなさい・・・

きっと天国のチョビちゃんは、リンコさんが笑ったり、幸せそうにしていることが一番嬉しいのだと思います。
リンコさんがチョビちゃんの嬉しそうな姿を見ると、とっても嬉しくなったのと同じように。
チョビちゃんとのたくさんの思い出と一緒に、ゆっくり、ゆっくり、リンコさんが笑顔になれる時間を大切になさってください。

応援しています。

投稿: 米 | 2011年10月15日 (土) 16時14分

リンコさんがご飯食べたり笑ったりしていても、チョビちゃんを思い出し突然泣いてしまったり、悲しくて辛いことはとても自然なことですよね。事情を知らない人は現象だけを見て驚くでしょうけれど、まぁそれも仕方ない。だって共感するにも事情が判らないのだから。だからリンコさんは変な人と思われようとそんなことで苦しまなくっていいのです。リンコさんはリンコさんの心のままに。「チョビにメシ」なら「リンコさんに食い意地&(今を生きる、受け入れる)執念」きっと大丈夫。またブログでね。

投稿: kiyo | 2011年10月15日 (土) 12時28分

リンコさん、お食事をとっているとうかがって、安心いたしました。
秋の空を見て、チョビちゃんはお空にいるのかな、と思っていました。
どんな方もそうだと思いますが、一緒に暮らしている動物は、唯一無二のパートナーですよね。
その存在はずっと皮膚感覚で残っていて、いつも通りに過ごすことなんてできないと思います。
リンコさんがチョビちゃんを看病されているご様子は、本当に愛していることが伝わってきました。私もそう遠くない未来に自分の犬を見送ることになると思いますが、悩んだとき、苦しんだときに、リンコさんが綴られた文章が、とても心強い存在となって支えてくれると確信しています。
チョビちゃんの手ぬぐい写真、本当にかわいいです。

投稿: じょんみわ | 2011年10月15日 (土) 10時47分

リンコさん、よかった!また会えました!何より、リンコさんが踏ん張ってる姿が見えて安心しました。すごくすごく涙が出ました。久々にリンコさんに会えたことと、チョビへの愛の大きさにです。会いたいですよね。すごーくわかります。まだまだ理解できませんよね。
わたしの家の裏に住んでるご夫婦に猫がいたんですけど亡くなったのです。3年間お墓参りをしたと言ってました。その3年後にその猫ちゃんの事を思い出さなかった日があったそうです。それに気付いて大泣きしたのよ、と言ってました。ごめんね、今日思い出さなかったと。幸せでしたね、きっと。
リンコさん、思うと泣けてくると思いますが、いっぱいいっぱいチョビのこと、思い出してくださいね。いつか笑いながら思い出せる日来ますから。私たちも、そばにいますから。みんなで、がんばりましょ!チョビもいますから。

投稿: あんずママ | 2011年10月15日 (土) 10時16分

リンコさん心配してました,同じ経験をされていると思うと泣けてきます...特にリンコさんは外国に住んでて長い間家族であり相方であるチョビだから失った悲しみは深いですね。世の中のワンコの何百倍,何億倍幸せなチョビは天国で感謝してるはずだし,災いからこれからも守ってくれますヨ!素敵な祭壇ですねチョビもきっと喜んでますヨ

投稿: ボスブス | 2011年10月15日 (土) 10時13分

リンコさん、ゆっくり、ゆっくり、ですよ。
近況を報告してくれて本当にありがとう。

投稿: ロンドン野郎 | 2011年10月15日 (土) 05時30分

同じ思いをしました。
電車に乗って、窓から空を見ては父を思い出し涙して、職場のおじさま方に声を掛けられ笑顔で答えた後に、どうして父にはこんな風に出来なかったのだろうと・・・。

どれだけしてあげても、その時はこれ以上もうしてあげる事は出来ないって思うぐらい尽くしても、大切な人が亡くなってしまったら、もっともっとしてあげられたのにって後悔するのだと思います。

でもチョビちゃんは分かってくれてると思います。私も今でも父を思い出して涙する事もありますが、それでも時間と共に父の思い出話で笑えるようになりました。

リンコさんも急がずにゆっくりゆっくり、心が落ち着く日が来るように、そう願ってます。

投稿: kurara | 2011年10月15日 (土) 04時19分

こんにちは。
いつもTwitterから拝見させていただてます。初めてコメントさせて頂きます。
チョビちゃんの訃報はあまりにも突然で本当にびっくりしました。
でも、決してご自分を責めたりしないでくださいね。
チョビちゃんはリンコさんちの子になれて本当に幸せだったと思います。
リンコさんがいつまでも悲しんでいると、チョビちゃんは心配します。
だから少しづつでいいから、元気になってくださいね。
私も2年前に18歳で逝ってしまった猫がいます。
今は一緒に過ごした楽しかった日々の事、毎日忘れたことがありません。
きっと乗り越えられますよ(^-^)

投稿: ランコ | 2011年10月15日 (土) 02時48分

玲子さん!アップ有難うございます。

祭壇すごいですね。チョビも絶対よろこんでますよ!

投稿: グロリア | 2011年10月15日 (土) 02時15分

リンコさん、更新ありがとうございます。
ゆっくり、ゆっくり、無理しないでくださいね。
泣きたい時は我慢しないでください。
いつかまた、チョビの事を話せる時が来たら、話してくださいね。
今は、とてもつらいと思います。
もしかしたら、リンコさんのつらさを助けてくれるかもしれない人を紹介させて下さい。アニマルコミュニケーターの方です。私はヘッドセラピーをしていただいたり、それ以外にも色々と励まして頂いた、素敵な方です。
http://ameblo.jp/anelaangels/
http://www.anelausa.com
その方のブログとHPです。
リンコさんのつらさが、少しでも癒されます様に!

投稿: ちづちづ | 2011年10月15日 (土) 01時28分

リンコさんが後悔する気持ちはよく分かります。 

心残りがあるからだし、それは愛情があるからですし。 

でも、具合が悪くなってからのリンコさんは本当に頑張ってよくやっていましたよ。 

それは読んでいる人皆が認めると思います。 

自分を責めないと、居たたまれない今の気持ちなのでしょうけれど、チョビ嬢は沢山たくさん感謝しているはずです。 

食べられない、動けないではなく、美味しく食べて、まだ自分で何とか動けるうちに逝ったのは、チョビ嬢のせめてもの感謝だったのではないでしょうか。 


たとえどんなに動けなくても、居てくれるだけでいいとリンコさんが思ったとしても。 

悲しみを癒すのは日にち薬しかありません。 

悲しみが、思い出になって、いつか泣かずに語れる日はきっときますから。 

投稿: たかたか | 2011年10月15日 (土) 00時58分

リンコさん、またやっとお声がきけました…良かった!食事もちゃんととっていらして、時には笑いもあって…
リンコさん、チョビのことは、もっとずっと後になって、十分落ち着いてからきかせて下さい。
今はゆっくりゆっくり、ね…
P.S.フンフンさんの作ってくれた祭壇、素敵です…

投稿: Maggie | 2011年10月15日 (土) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョビ、チョビ、チョビ | トップページ | 9月24日<1> »