« 賞味期限 | トップページ | ああ癒された »

2011年11月23日 (水)

執事

今日は、数えてみればなんと三ヶ月ぶりぐらいに尻松さんと再会いたしました。
チョビ執事としてデビューした尻松さん。
チョビがあっという間にいなくなっちゃって、電話で『チョビのこと、いっぱいかわいがってくれて本当に私と同じぐらいに大切にしてくれてありがとうね』ってお礼は言ったんですが、私はただ呆然と日々が過ぎ、尻松さんはやけどしたり足くじいたり風邪引いたり仕事したりしていて忙しく、お互い会う時間が取れないまますぎてしまった三ヶ月でした。

今朝、突然メールで「明日お茶でもどうですか?」と誘ってくれたので、『明日と言わず今日来んかい』とチョビさながらに横柄な態度で返信し、まんまとお夕食におびきだすことができました。

いえね。
本当にチョビのことを大切に大切に愛おしんでくださったチョビ専属執事様だったのに、こんなにご無沙汰しちゃって、チョビも「早よ来んかい」って絶対思ってると思っていたんですよ。尻松さん的には、『チョビとは深い絆で結ばれていたので、会えなくてもつながっていた』らしいんですが、スピリチュアル性の全くない私には、そのあたりはわからんし、だからほれ、お線香のひとつもあげて、オリン鳴らしてお参りしにきてよー。ってことで、土砂降りの中、遠路はるばる我が家まで来てもらったんです。

もうね。
元々涙もろい尻松さんですし、チョビとの再会も私たちの再会も3ヶ月ぶり。
お互い思うところもあれこれあり、案の定チョビのお仏壇を前に
「ああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜だめだ〜〜〜ああああ〜〜〜」と尻松執事、声が裏返りました。

窓際に歩み寄り、ううごめんなさいごめんなさい、うう俺が泣いちゃいけないよね。だめだよね。でもだめだああごめんなさいほんとごめんね玲子さんうう。

なんて泣き出したもんだから、私も「やめてよちょっとー。今まで人前で泣かなかったのに、なによーもう何泣いてるのよー」なんて、尻松の背中をばしばしたたきながら、結局二人で泣いてしまいました。

「いやーもうちょっとーホントやめてよもうー何泣いてるのよー」

「あーだめだだめだだめだチョビも今頃『いい年こいた大人が二人何やってんのよ』ってぜーったい思ってるよ、今ここにいるよ。ここで『なにやってんの』ってあきれて見てるよ。あああああ〜〜〜でもだめだ〜〜だめだよねえ。ほんと寂しいねえああああだめだねええええははははえやーははは。もうチョビはもう、この子はなんでもう、土砂降りの中コーフンして外で大暴れしたり、真夏の通りを16歳にもなって全力疾走したり、マイナス10度のベランダで大の字になって寝たり、どういう子なんだよほんとにもうねえええ……うううううううっっはっっはっはううううううう〜〜〜〜……」
と笑ったり泣いたり、もうほんとに二人してめちゃくちゃでした。

Img_7711
↑泣いたくせに、笑顔でチョビぐるみとツーショット。

でも、こうして友達が来てくれて、なりふり構わず一緒に泣いてくれて、私も『人前で泣くのが苦手』なんて言ってられないぐらい泣いちゃって、変なんですけど、うれしかったです。
今日の二人の涙は、まさしくbitter sweet。
チョビのお仏壇の前でチョビのおかしな思い出話を延々しつづけた今夜は、尻松執事とのチョビのお通夜みたいな感じでした。

お仏壇のチョビの写真を見上げながら、
「いい子だ。チョビはほんっとにいい子だ。ねえ。いい子だねえ」
なんてずっと語りかけている尻松さんの背中を見ながら、チョビが年とってからの長旅は三週間のハワイが最後だったけど、あの時尻松さんにチョビのお世話をお願いして、本当に良かった、って改めて思いました。
チョビのことを私と同じぐらいかわいがってくれて、私がするのと同じように大切にしてくれて、そしてどんなにわがままを言われても「かわいいねえいい子だねえ」って笑顔で接してくれて、そりゃもうこの世のものとも思えないぐらい甘やかし放題甘やかしてくれた尻松さん。
チョビにとって世界一の執事でした。
尻松さんにむかって、ワンワン吠えたり偉そうな態度をとっていたチョビは、いっつも最高にゴッキゲンでいつもいつも満面の笑顔で、そりゃもう最高に楽しそうでした。

本当にありがとう。
チョビも、ありがとう、尻松さんとの毎日は本当に楽しかった、って絶対思ってます。
ありがとうありがとうありがとう。

Img_7713
↑さんざん泣いた後。

↓あーあ。また泣いちゃったよ。しかも人前で。でも執事だからいいか。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« 賞味期限 | トップページ | ああ癒された »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

人の痛みが分かる人、人の痛みを自分の痛みとして感じられる人、そんな人に出会えるのは本当に稀だし『一期一会』チョビがもたらしてくれた賜物ですね。

涙の温度が同じなら、また泣いちゃってもいいんじゃないですか、リンコさん。

投稿: 佑香 | 2011年11月24日 (木) 14時10分

チョビちゃん リンコさんと一緒に
泣いてくれるお友達がいてよかったね・・・

どんなにみんなに愛されていたか
亡くなって日々が過ぎていく今でも
十分わかります。

リンコさん毎日がんばってるんだから
時々は出てきてあげてね。

投稿: はなねこ | 2011年11月24日 (木) 09時41分

リンコさん、チョビ~
よかったねよかったね、会いに来てくれてよかったねぇ。うれしかったよね。やっぱり大好きな人に会えるとうれしいよね。

リンコさん、チョビ、良い日になりましたね。

あんずママ

投稿: あんずママ | 2011年11月24日 (木) 03時41分

私も泣けちゃいました。 

みんなの愛がぎっしりですね。 

幸せだったからですね、チョビ嬢は。 

投稿: たかたか | 2011年11月23日 (水) 10時14分

えーん(涙)私もまたまた泣いちゃった。
ホントにチョビちゃんは たくさんの人に愛されたんですよね。
今日は チョビちゃんも喜んでいると思います。

投稿: massy | 2011年11月23日 (水) 09時26分

リンコさんの本の中でも、尻松さんとチョビの仲むつまじい様子の写真がありましたものねえ…リンコさん、尻松さんの前でなら、大泣きしても大丈夫ですよ…!

投稿: Maggie | 2011年11月23日 (水) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賞味期限 | トップページ | ああ癒された »