« 髪の毛まで煙たい | トップページ | チョビコンテスト結果発表〜〜!! »

2011年11月14日 (月)

まだまだまだまだ

礼子さんとお出かけしまくり、楽しい時間を過ごせて気が紛れ、なんかちょっと元気出て来たなー、って思って油断(?)していたんですが、やっぱり甘かった。
ペットロスならぬ、チョビロス絶賛継続中です。
今日もPCを色々いじっていたら、チョビちゃんのかわいい居眠り姿写真がごっそり出て来て、写真を見ながら、ウエーンチョビちゃーんなんで居ないのーウエーン、となってしまいました。
モールでゲットしたチョビ巨大ぬいぐるみを、部屋の中を移動するたびにつれ回り、カウチで仕事中はカウチ前にドカーン。
就寝時はベッド前にドカーン。
外出するときは、チョビがいつも寝ていたベッドの横にドカーン。
帰宅時に「ただいまー」って言うと、目の前に巨大チョビが待っていてくれる、という寸法です。
明日はチョビの49日。
49日間、泣かなかった日は一日もありませんが、日々笑いや元気は少しずつ戻って来ていると感じます。
ポール(マッカートニーじゃないほう)と電話中、原因不明で何度も通話が切れたので、「チョビが来て、『早く電話切れ!』って言ってるのかもしれないねえ」なんてポールらしからぬセンチメンタルなことを言っていました。

それでちょっと思い出したんですけどね。
チョビは、うーん、ここ3年ぐらい。そう。ブルックリンに引っ越して以降、突然老犬のわがままが爆発しはじめ、わんわん吠えて食事やお散歩やお遊戯を要求するようになり、私もじゃんじゃん甘やかすようになったんですが、そういえばそうだそうだ、昔は本当に従順で我慢強くておとなしい犬だった。
フンフンも、チョビの看病中よく寝ているチョビに語りかけていました。
「お前、ずーっっっと耐え忍ぶ人生だったもんなあ。もういいんだよな。わがまま言いたい放題でいいんだよなあ」って。

それに、全然側に来てくれないなんて言ってたけど、私がお風呂に入った時と、シャワー後髪の毛を乾かしている時、なぜかガサガサとお風呂場に入って来て、お風呂場の床にノソっと横になり、じーっとお風呂につきあってくれていました。
シャワーの時もそうだったんですが、特にバスタブにお湯をはって浸かっている時は、お湯の匂いをクンクン嗅いだり、バスタブの端っこについたお湯をぺろぺろぺろとなめたりして、ずっとお風呂につきあってくれたものでした。
かわいかったな、チョビ。
タオルをお湯につけて、空気をいれてボコボコボコっと泡を出してみせると、『うん?』という感じで首をかしげてじーっと泡に見入っている様子も、本当にかわいかった。
これまたポールが言ってたことなんですけどね。
「そして5年が経ち……ってドラマか小説みたいに、この辛い時間があっという間にすぎてくれれば良いのに」
ポールは、自分が死んだ時、亡くなったご両親や同僚より誰より、チョビにまた会うのが一番の楽しみなんだそうです。
さすがソウルメイト。
言う事が違うわ。
私は、まあなるだけ死なないようにしたいけど、でも死んだ時チョビが枕元に迎えに来てくれたら、うひゃあーっはっはっははっは!チョビーっっマジで来てくれたーーーっ!って笑って死ぬかもなー。
その時、万が一孤独死じゃなかったら、周りの人は死ぬほどドン引きするだろうなあ。

なんて、わけのわからん想像をしながらすぎゆく初冬のニューヨークです。

Dsc05161
↑ぐーすかぴー。

↓わがままなチョビしか知らない気の毒な男。それは、尻松……。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« 髪の毛まで煙たい | トップページ | チョビコンテスト結果発表〜〜!! »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

犬や猫がお風呂を見に来るというのは、『心配して』という気持ちがあるという話を聞いたことがあります。 そもそも水の中で暮らす習慣が無いから、自然の中で水に入る状況って、事故か、かなり切羽詰まった時だけですものね。
チョビ嬢様もリンコさんが心配で、見に来ていたのかもかも知れませんね。 ま、その内慣れて『大丈夫!』ということで落ち着いたのかも。
チョビ嬢様のこと、もっともっと思い出して、もっともっと沢山書きましょう!

投稿: ロンドン野郎 | 2011年11月14日 (月) 09時42分

リンコさん、こんにちは。

ポールさん、フンフンさんの言葉に鼻の奥がツーーンとしました。
リンコさんとのお風呂での様子も。

もしかしたら、いまもチョビちゃんはお風呂に来てるかもしれませんねぇ。
写真の寝顔を見ながら、そう思いました。
かわいいなぁ、チョビちゃん。

投稿: じょんみわ | 2011年11月14日 (月) 08時07分

泣きたいときは、どんどん泣いて良いと思います。で、いつか「あ、今日は泣かなかったな」って日がやってくるはずです。チョビの事忘れたわけじゃないけど、悲しさが別の気持ちに変わる日がやってくるはずです。
明けない夜はありません。だから安心して(?)
チョビのこと考えていてください。

それにしても、チョビったらタオルから空気ボコボコ(?)に首かしげて見てるなんて、く~・・・かわいすぎる・・・。

投稿: meg | 2011年11月14日 (月) 07時13分

関わりが深かったのですから、そんな簡単には癒えないですよ。 

だから、自然に考える時間が少なくなるのを待てばいいのだと思います。 


でも、ぬいぐるみが来てくれて良かったですね。 

投稿: たかたか | 2011年11月14日 (月) 04時12分

それでも尻松さん、下僕としてのみ従事して幸せだったんですよねぇ。立派立派。
チョビちゃんはリンコさんの臨終に立ち会うだけじゃなく、かわいがってくれた皆さんの臨終に立ち会うか、橋又は川を渡るときの道案内をしてくれるかもしれませんね。

投稿: KIYO | 2011年11月14日 (月) 04時11分

わぁ、ポールさん、そこまでチョビのことを…!!!
リンコさん、いつまでも、チョビロス、継続していていいのですよ!だって、やっぱりリンコさんのチョビですもの…

投稿: Maggie | 2011年11月14日 (月) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 髪の毛まで煙たい | トップページ | チョビコンテスト結果発表〜〜!! »