« ああ癒された | トップページ | スリーピングチョビ追記 »

2011年11月27日 (日)

スリーピングチョビ

注文してから約二ヶ月。
やっと届きました。

Img_7737
↑眠りチョビ。

チョビのお骨壷。というか、遺灰入れです。
ハーツデールという街にある、ニューヨークで最も古い(と自分たちで言っている)ペットセメタリーとそこに付随する火葬場から戻って来た時、チョビの遺骨は信じられないぐらい小さな缶詰にぎゅう詰めになっていました。
実家の猫ヨっちゃんのお骨壺でさえ、そのチョビ缶の3倍ぐらいの大きさだったので、最初あまりにも小さなチョビ缶を見たときの衝撃は。本当にすごかったです。
まさか適当に詰め込んで、残りは捨てたとかじゃないだろうな、と真剣に不安になったほどです。
でも、遺骨ペンダントを買った時、分骨するためにそっと缶詰をあけてみると、チョビの遺骨は粉骨されていて、完全に粉状態。ギッシリぎゅうぎゅうでずっしり重たくて、ああこんなに粉々になってるからこんなに小さな缶詰に入っちゃったんだなあ、と理解できました。
そして、奇麗でかわいいチョビらしい骨壺を探してネットをうろうろうろうろうろうろうろうろ。探しに探しまくったんですが、なんだか昔のお茶壺みたいなものや、妙にウカれた感じのもの、それからわけのわからんクラゲみたいな形状のものばっかり見つかって、どれもこれもピンとこなかったんです。

そこで偶然発見したのがこのサイト。
Alex in Wonderland's Pet Urn
ペット用カスタムメイドの骨壺を作ってくれるサイトなんです。
この、眠っているワンコ型骨壺を見て、『これだ!』って思いました。
愛犬や愛猫、愛ペットの写真を送ると、アーティストのスティーブさんがその写真から得たインスピレーションを元に、世界にたった一つの骨壺を作ってくれます。
早速チョビの写真を送り、「チョビは横倒しで寝るのが一番快適だったんだけど、横倒し風のものはつくれますか?」と質問したところ「もちろん作れます。アーティストが写真から得たインスピレーションを元に制作しますので、写真通りの型になるわけではありませんが、あなたとあなたの愛犬が癒され安らかな気持ちになれるよう、願いと祈りをこめて作ります」とすぐに返事が来ました。
どれを見てもピンとこなかったけれど、これなら私もずっと癒される。って思えたので、早速オーダーしました。
発注したのが10月3日。
届いたのが11月23日ですから、1ヶ月と20日間待ちに待ちました。
届いた遺骨入れはとってもチョビらしく、丸くなってもお顔は横倒し。
とてもとてもかわいくて安らかで、そして思っていたよりもかなり巨大でした。

Img_7740
↑銅板を打ち込んで制作されているので、かなり重量感もあります。大きさも形状も、ちょっとベーグルぽい……。

Img_7738
↑裏には名前とメッセージもつけてくれます。裏板をはずして、中に遺骨を袋ごとおさめます。

Img_7734
↑お仏壇の上部に収まりました。ちなみに左下のお花模様のカンカンが、最初のチョビ缶です。

ああ。
これでやっとほっとしました。
チョビの遺骨がかわいいチョビ型に収まって、私も心が休まりました。
チョビも、『ああやれやれ、やっとこれで母の大騒ぎも一段落するかな……』なんて思ってるかもしれません。

チョビ。チョビ。チョビ。
名前を呼びながら思わず遺骨入れにチュウ。
ああ。チョビに会いたいなあ……。


↓相変わらずお騒がせしております。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« ああ癒された | トップページ | スリーピングチョビ追記 »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

リンコさん、チョビへ

みなさんが言ってる通りステキな骨壷ですね!わたしも亡くなった子供たちの骨壷がまだ家にあります。猫の骨壷のページも見ました。欲しくなっちゃいましたよ~。カワイイ子たちなので亡くなってもいろいろしてやりたくなりますね。

風邪ひいたのかなぁ、東京はどんよりして寒いです。

あんずママ

投稿: あんずママ | 2011年11月27日 (日) 23時53分

素敵なお骨壺でチョビちゃんも喜んでいることでしょう!

遺骨ペンダント購入されたのですね。私も買おうかどうかずうっと悩んでいます。サイトをウロウロウロウロ、探しています。お骨壺も。いつまでもいかにもな白いお骨壺のままではな、と思うので。
りんこさんが見つけたように、私もこれは、と思える業者さんが見つかると良いな~
なかなか見つからないんですよね。ハーディが亡くなってからずうっと探しているんですけど。

投稿: みさ | 2011年11月27日 (日) 22時11分

時が来たら、リンコさんが『今なら』と思える時が来たら、チョビちゃんを散骨してあげるのも一つの区切りになのでは、とも思います。

彼女が好きだった場所にまいてあげるのも、愛だと思うんです。

葬儀をしてくれたお寺の竹林に、5年目の春、リキは解き放たれました。
走るのが大好きだった子です。

投稿: 佑香 | 2011年11月27日 (日) 12時09分

今はいろいろな物が注文出来ていいですね。 

素敵な世界にひとつだけのもの。 


思わず、人間用のは無いのか探したくなってしまいます(笑) 


墓石も今はいろんな物があるそうなので、骨壺もやはり個性の時代ですね。 

投稿: たかたか | 2011年11月27日 (日) 04時56分

素敵! 素敵です!
しかもゴールドなんて!
とってもあったかそうで チョビちゃんもきっと気に入ってくれるでしょうね。
世界で一つですものね。

投稿: massy | 2011年11月27日 (日) 03時57分

わぁ、ゴールドですか!チョビも喜んでいることでしょう!アーティストが手作りしてくれるなんて、ステキです…チョビよ~、安らかに眠っておくれ!

投稿: Maggie | 2011年11月27日 (日) 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ああ癒された | トップページ | スリーピングチョビ追記 »