« サイキックミディアムテレサと面会 | トップページ | チョビマップ »

2011年11月 8日 (火)

サイキックミディアムテレサと面会<2>

毎日たくさんのチョビコンテストへのご投票、本当にありがとうございます!
本日も1日1クリック!よろしくお願いいたします。
投票期限は11月11日まで。そして、結果発表が11月14日です。
どうか引き続き、一日一IPアドレスから一クリックでよろしくお願いいたします!

チョビコンテスト投票はこちらから!


 

ほらっ!

と見せられたテレサの腕。
手渡したチョビのチェーンを脇のテーブルにガシャと置いて腕をサスサスしています。

でも、部屋が真っ暗で何も見えないんです…。

「見えません」
と答えると

「絶対いるわ。チョビ。間違いなくここにいます。ほら私の腕の毛がザーーーーッと立って、すごいわよ!鳥肌が!!」

えっ…!鳥肌なんて全然見えないんですけど、それよりも、え?え?え?
こ、ここ?ここって?この、ここ?この部屋?

「今、私の隣のここにいます。どうしてかしら、おすわりせずに立ってるんだけど。ああ。すごいわ、このエナジー。とってもとても強く感じる。普通、旅だって間もない魂は動物も人間も、あまりはっきりとあらわれないものなんだけど、彼女はすごいわ。ビシビシ感じます。あなたの周りにいることは間違いありません」

でも。でもでもでも。私には見えない…。

「見えなくても、いずれそのうち彼女の気配を必ず感じるようになりますよ。チョビの場合は特に音。金属製の音でチョビを思い出させる音がないかしら?あと、プラスチックの器かなにかを転がしたりひきずったりする音」

そりゃもう、首輪チェーンのチャリチャリっていう音と、ペットボトルをおもちゃがわりにして、一日中ガラガラゴロゴログシャグシャゴリゴリガガガガガガガーって、もういいかげんにしてえーー、ってなるぐらいプラスチック音させてましたよ。

「それそれ。そういうチェーンの音やペットボトルかプラスチックのボウルを引きずるような音が聞こえたら、それがチョビの合図。それにしてもチョビったら、ずっと私の横に立ってるわ。あなたのそばに行かないで」

うーん。
すごくチョビっぽい。
チョビは私と二人きりの時はもとより、見知らぬニューな人が同じ室内にいる場合、まず間違いなくその人のそばにぴったり寄り添うのが習慣?でした。

そうテレサに伝えると「ははー。なるほどねえ。確かに私の横にずーっと立っていて、なんとなくあなたのことを見張っているような感じだわねえ。
それに、チョビはあなたのことを『飼い主』とか『お母さん』とか、そういう風には全く思ってなませんでしたね。そもそも『犬と人間』とすら思ってなかったようですよ」

えっ。てことは、私のことを何だと思っていたんですかね…。

「うーん。まあ一番ぴったりくるのは『パートナー』?うーん。ちょっと違うかな…。そうねえ。まあ『所有物』に近いかしらねえ…」

しょ…

「とにかく、あなたとチョビの関係は、普通の犬と飼い主の関係とはほど遠いものがあって、一番近い感覚では友情とかパートナーシップっていう感じだけど、それとも微妙に違うのね…。あなたのことを独占したがっていたことだけは間違いないけれど。というより、独占して当たり前。やっぱり所有物ねえ…」

物扱い…

「ああ。それにしても本当に彼女のエナジーはすごいわ。こんなこと、滅多にないのよ。特に亡くなってすぐのしかも犬の魂には珍しいのよ」

なんだか強烈そうですね。。。
でも、私は物なんですね…。

しかもですね。
これまた質問しながらウルウルしたんですけど、チョビから私に何かメッセージはないですか?またチョビと話がしたいんですけど。って訊いたら、

「うーん…。あなた、チョビのこの頭のこのところ(と頭のてっぺんを指差しながら)に、何かへんーーーーな形の、とんがった感じの帽子とかそういうものを被せたこと、ある?」

ある。
ていうか、一回や二回じゃなく、ある。

「すごくへんな形で、それをあなたはすっごくおもしろがって大笑いした?」

した。
百万回ぐらい大笑いした。

「それがチョビは、ものすごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっく迷惑だった、と言っています」



て。
その。
そういう。あの。
帽子?が?
被り物が、迷惑だった。と?
それが、その、チョビからのメッセージ?
いや。わかるけど。多分それってあの、シマシマ模様のダライラマハットだと思うけど。
でも。
今?
そこにいるチョビから?
私へ?
それが、メッセージ?

「はい。ものすごく迷惑だったって言っています。それに、あなたはとっても面白いと思っていたようだけど、彼女は全然面白いと思っていなかったそうです」


でも。でもでもでも。
何かもうちょっと、こう、ほかのなんか、あの、大切なメッセージぽいものは…。
たとえは、なんか、楽しかったよ、とか、ありがとう、とか、寂しくないよ、とか、元気にしてるから心配しないでね、とか…。そういう感じの。。。

「ああ。あと、スノージャケットかベストみたいなもので、ファーのついた鮮やかな色のフード付きの上着を着せたことはありますか?しかもそのフードを頭に被せたことは?」


ある。
赤いスノーベストで、ファー付きのフードがついていて、そのフードを頭にかぶせた。

「そのフードが大きすぎて目深になりすぎて、前が見えなくなって固まって動けなくなったことは?」

ある。
もうモロ、そのまんま。
フードを被せたらチョビの目が完全に隠れて、固まって一歩も動けなくなったことが。

「それがもう、すっごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっく迷惑だった、と言っています」

あの。あのあのあのあのあの。
今、私たちはチョビの話をしているんですよね?
ついこの間まで、死ぬほどかわいがって死ぬほど大切にして、チョビちゃんが死んだら私も自動的に死ぬ、っていうほど頼り切って愛して愛してかわいがっていとおしんで慈しんでいた、私のあの、大切な大切な大切な、チョビの話ですよね?
ほかの誰かの話じゃないですよね?
リンパ腫なんてシャレた病気になっちゃって、あっという間に私を置いてどっか遠くに行っちゃった、私のチョビの話ですよね?
そんで?
そのチョビの私へのメッセージが?
被り物が迷惑だったと?
この期に及んで?
そんな話を?

「ああ!そうそう!もう一つあるそうよ!」

な、なんですかなんですか!!!(ドキドキ)

「あなた、ここ最近スープをよく作りましたか?」

えっ。ええもうそりゃもう。
実際チョビの手術以降、完全看護体制のため自炊が圧倒的に増え、めんどくさかったということと、チョビのチキンご飯のおこぼれでよくチキンベースの野菜スープを作っていたんです。ほとんど毎日そればっかりでした。

「それに、何かピンクっぽい色の野菜。大根系のお野菜を入れてましたか?」

うーん?
ピンク系の野菜?
ベーコンとかチキンならピンクだけど、野菜?

「そう。ピンクっぽい色合いの」

そういわれたはたと思い出したのが、ターニップです。
大根系でピンク系です。

「そう!!!!それそれそれ!!!!」

…で、ターニップが一体…?

「そのターニップのスープをあなたが調理しているときの匂いが、とっても美味しそうで大好きだったと彼女は言ってます」

タ、ターニップのスープの匂いですか…。

「これからも時々お料理してあげるといいんじゃないかしら?」

ニコニコ語ってくれるテレサ。
ああ。
この期に及んで被り物への文句とご飯へのコメント。
いかにもチョビじゃないですか。
不覚にも、初対面のテレサの前で涙がハラハラとこぼれ落ちそうになりました。
世にもマヌケなメッセージを受け取り、本当に本当にやっとまたチョビに会えた、と心から思えたんです。
また、チョビと話ができた。
そうだったそうだった。
チョビはいつもさらーっとしていて、優しいけどクールで、食いしん坊でマイペースな犬だった。
ターニップのスープ、いっぱい作ろう。
そうしたら、もしかしたらチョビが帰ってきてくれるかもしれない。
また、キッチンに入ってきて足の間にくちばしをつっこんでくれるかもしれない。
それなら毎日ターニップでもいいな。

目に涙をいっぱい浮かべながら、あまりのチョビらしさに大笑いの泣き笑いです。
そんな私にテレサが最後の一撃を。

「ところであなたの今後の人生なんですけどね」

うわっは、はい!

「結婚は無し」

ひー。

「ただ、今後誰かと一緒に暮らすことは絶対無いとは言えないですけどね。一緒に暮らす相手がいるとしたら…」

ドキドキ(背の高い眼鏡をかけたアジア人ムービースターって言われたらどうしよう)

「多分人間ではありません」

に…
…え?

「おそらくメスのハスキーだと思います」

い…

「それから、あなたのソウルメイトですけどね」

…は、はあ…

「もう今後出会うことはありません」

う…

「なぜならもうすでに出会ってしまっているからです」

えっっっっ!
てことは、今私のまわりに居る誰かが私のっっっ?(微妙にイヤ)

「それは、チョビです。チョビがあなたのソウルメイトなので、今後これ以上強く深く繋がる相手と巡り会うことはもう、この人生ではありません。それは、今後新しい犬と一緒に暮らすことになったとしても、同じことです。チョビとあなたの関係は、本当に特別なものだったので、今後同じような関係を持つことはもう生涯ありませんよ。次の犬とは『人間と犬』『飼い主と飼い犬』の関係になるでしょうね。でも、それもまた別の良い関係になりますよ」

テレサのチョビリーディング。
あまりにもあまりにもチョビらしさが満載だったので、懐かしくて愛おしくてうれしくて、そして同じ部屋にいるっていうのにチョビが見えなくて、寂しくて哀しくて切なくて、でもとてもとてもとっっっっっても癒されました。
ああ。
苦しい思いや痛い思いをしたけれど、どこにいっても魂が肉体を離れても、こんなにもチョビはチョビなんだ。
全然変わっていないんだ。
と思ったらほっとして、優しくて懐かしくて暖かい気持ちが胸いっぱいに広がって、チョビを失った日以来、初めて心から笑うことができました。

チョビったら。
私のことを置いてっちゃって、さっさとどこかに行っちゃって、それでも被り物がいやだったとかスープの匂いが美味しそうだったとか、そんなことばっかり考えてるのかな。
相変わらずマイペースで淡々としてるなあ。
私はこんなにこんなに毎日寂しくて哀しくて死にそうなのに。
どこかに行っちゃったけど、ほんとに側にいてくれてるのかな。

「ああそうそう。チョビは、毎日あなたに会いにくるタイプではないですね。でも、まあまあマメに様子を見にきていますよ。だから心配しないで。音で合図してきますからね」

チョビ、会いにきてくれるんなら、ほんとにちゃんと合図してね。
盛大にチェーン鳴らしてペットボトル転がしまくって、いっぱい合図してね。
私霊感なんて全然ないから、気づかなかったら困るからね。
それから、寝てるからまた今度にしよう、なんて思わないでちゃんと起こしてね。
お母さん寝てるから、私も二度寝してからまた今度こよう、なんて思わないでね。
スープいっぱい作って、ずっと待ってるから。

Dsc05857
↑フガー。


↓犬がソウルメイト…。って一体…。

twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« サイキックミディアムテレサと面会 | トップページ | チョビマップ »

チョビ」カテゴリの記事

コメント

私も読ませて頂きながら、泣き笑いでしたよー。
なんで私の横にいるのかしらとか、被り物とか、いやー、この人本物ですね。
さて最後の投票へ、イソイソ。

投稿: すずめ | 2011年11月11日 (金) 09時27分


リンコさんが、頑張って文章を書いてるのだとは
思うけど、久々リンコ節が戻ってきたようで、
笑うニューヨーク チョビ編 を読んでる気分に
なりました・・・。ありがとう!

ソウルメイトが犬の場合もあるとは知りません
でした・・・。というか、チョビは犬じゃなかった
のかもしれませんね・・・。

投稿: Sarah | 2011年11月 9日 (水) 18時56分

うちの猫ちゃんも10月1日に旅立ちました。

私も霊感とかぜんぜんないんですけど、時々会いに来てるのがわかるんですよ!色んなものに姿を変えて。

チョビちゃんも絶対ずっと傍にいてくれてると思います。
きっとリンコさんも何を見ても今まで以上にそれを感じられると思います。
花を見ても、雲を見ても、雪を見ても。

今ごろはチョビちゃんは元気いっぱいだと思います!

投稿: テキママ | 2011年11月 9日 (水) 12時50分

良いサイキックの方と知り合えて良かったですね。
途中まで、
普通に読めてたのに、最後はまた号泣でした。
姿は見えなくなっても、絶対に気配でわかるはずだから、スープ作って待っててあげてください。


私も大切なワンコが亡くなった時、
哀しみを癒してくれたのは、今のワンコでした。
家族揃ってペットロスになり、耐えきれず一ヶ月後に迎え入れてしまいましたが、今では宝物になってくれましたよ。
リンコさんも無理をせず、
いろんな形で何かに寄り掛かってみてください。

投稿: yuka | 2011年11月 9日 (水) 10時18分

リンコさ~ん、仕事中に読んで泣いてしまいました。
チョビちゃんがリンコさんに会いに来たら教えて下さいね。

投稿: Chadのママ | 2011年11月 9日 (水) 01時28分

皆さまと同じく泣き笑いしました。
本当にチョビらしい。
ポールの反応が私も知りたいです。

投稿: ぽてこ | 2011年11月 8日 (火) 22時33分

チョビちゃんらしいですね。被り物が嫌だったのスープが美味しそうだったのと。
毎日来ないクールっぷりも。

音で合図ですか。
我が家のビーグル犬ハーディも、爪の音とふんっ!て息を吐く音がした気が。私も霊感無いので視えたりしないのが悲しいですが、あの音がもしそうなのだとしたら、会いに来てくれてたのかもしれません。最近音がしないのでチョビちゃんみたいに毎日来ていないのかも。

私もテレサに視てもらいたいわ~!
どう思っていたのか、知りたいです。

投稿: みさ | 2011年11月 8日 (火) 22時14分

なんかすごいです。
泣けて泣けて。
チョビちゃん、体はなくなっちゃったけど
なにも変わってないってことですよ。
ソウルメイトに遠慮なし!
「迷惑な思い」もチョビちゃんが生きていた証し。
リンコさんに感謝してるはずですけど
ソウルメイトはそんなことわざわざ口に出して言わないんだwink

カレンダー選ばれますように!毎日投票してますヨgood

投稿: iwashida | 2011年11月 8日 (火) 20時51分

リンコさん、良かったですね。 

私が思うにはチョビ嬢は、本当にそう思ってた、って言うのもあるでしょうけど、わざとそれらしいメッセージはしなかったのでは? 

だって、心配してる、とか真面目なメッセージしたらまたリンコさんが大泣きしちゃうじゃないですか。 
淋しくなっちやうじゃないですか。 

だからあえて言わなかったのかも知れませんよ? 

だってソウルメイトなんですから、離れたらやはり淋しいですよ、チョビ嬢も。 

おとぼけしてれば、少しは泣いてもすぐ笑ってくれるんじゃ?って考えたかも知れません。 

いつもいつも戻ったら、また泣くでしょ? 

だから、心配だから時々様子を見に来てあげるから、なんて言ってるかも知れませんね。


投稿: たかたか | 2011年11月 8日 (火) 19時16分

チョビはやっぱりチョビなんですね・・・。
安心しました。
久しぶりにリンコさんの日記で爆笑しました(* ̄ー ̄*)
チョビ、たまにリンコさんのそばにいて
無茶しないか見張ってあげてね~~。

投稿: うにパスタ | 2011年11月 8日 (火) 19時10分

チョビらしいメッセージがきけて、実はリンコさんも安心したのでは?ターニップのスープはこれからも、作ってあげて下さいね!
チョビとリンコさんがソウルメイト。泣けますねえ…やっぱりそうでしたか。ということは、居なくなっても、見えなくてもチョビはちゃんとリンコさんのそばに居ますよ!

投稿: Maggie | 2011年11月 8日 (火) 18時04分

ウワーーーーーーーン!!!(豪快に泣き笑いですよ、もう)

投稿: ロンドン野郎 | 2011年11月 8日 (火) 09時07分

何にしても、リンコさんが癒されたみたいで良かったと思います。来世はお互い、人間で会いたいですね。もしくは同じ犬とか。同じ種の動物とか。
ところで、ポールの反応が知りたいです。(笑)私は今年の夏、母を亡くしました。やっぱり、もう一度会いたいなぁ。。。
日本にも、こんなに気軽に会えるサイキックがいたらいいのに。(ごめんなさいね、私事でした;)

投稿: るんか | 2011年11月 8日 (火) 08時50分

わおー! あまりにチョビちゃんらしくてもう泣き笑いさせていただきましたよー!
それに やっぱりチョビちゃんとリンコさんはソウルメイトだったんですね。
チョビちゃんはきっと リンコさんに音で今きてますけどってアピールしてくれますよ。 うーん、楽しみ。
今日も、一票させていただきました。
チョビちゃん、可愛い!

投稿: massy | 2011年11月 8日 (火) 08時06分

りんこさん、ごめんなさい。笑ってしまいました。
すごくチョビらしくて。

かぶり物が嫌だったとは。。

やっぱりりんこさんとチョビはソウルメイトなんですね!!
魂はいつもそばにいるから、
そう思うとすごく勇気づけられますよね!
大丈夫、チョビはいつでも会いに来ます!

投稿: グロリア | 2011年11月 8日 (火) 07時25分

あったかくて、でも笑っちゃう・・・。チョビの体がなくなっても、そんな関係でいられるって、とっても幸せだと思います。

投稿: meg | 2011年11月 8日 (火) 07時23分

電車の中で読みながら泣いてしまいました゜゜(ノД`)
チョビちゃまが亡くなってから悲しくてずっとコメント出来ずにいましたがわたしもちょっぴり安心しました。

体は魂のいれものにすぎず、チョビちゃまの魂は元気で跳ね回っているんだと…
気分がむいたときはリンコちゃんやポールのところに来て、そっと見てるんだなあって思えました。

チョビちゃまが来たら教えてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

投稿: ヤヨ | 2011年11月 8日 (火) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイキックミディアムテレサと面会 | トップページ | チョビマップ »