« 旅から戻って物思い | トップページ | またか! »

2012年1月10日 (火)

一ヶ月で

このところどうもやる気が出ないものですから、昨日無理矢理出かけてみたんです。
地下鉄に乗って。

するとほんのささいなことなんですが、一ヶ月いないうちに地下鉄にもちょっとした変化があって、おっと思いました。

Img_8963
↑サブウェイ路線図。

なんだかちょっとシャレた感じの地下鉄路線図が設置されていました。
壁のタイルは昔のままですけど。
新しくなった路線図を見て、昔のことを思い出しました。
そういえば20数年前、初めて地下鉄に乗った頃なんて、路線図どころか地下鉄の場内アナウンスもめちゃくちゃで何言ってるかさっぱりわからなかったし、大体来た電車に乗っても、各駅停車が突如快速電車に変身して、おりるはずだった駅を思いっきりすっとばして走り抜けたり、かと思ったら、2番電車に乗ったはずだし、確かに電車の先頭車両にも『2』って数字が出ていたのにもかかわらず、いきなり「この電車は4番の駅に停車します」とか自分で勝手に行き先変更したり、そりゃもうめちゃくちゃでした。
今でもそういうこと、たまにあるんですけど、でもあの頃に比べたら全然マシです。
こういうきれいな路線図だって、あの頃だったら、張り出された1時間後には割られたりはがされたり落書きされたり、とにかく何かしらの破壊行為を受けていたものでした。

この間、コタパパとフンフンと3人で新年お食事会をしたときに、その20数年前のニューヨークの話になったんですが、とにかくジュリアーニが市長になって、あっという間にマンハッタンは変わったねえ、昔はコワくて危なくて汚かったけど、それなりに面白かったねえ、今は綺麗で安全だけどちょっと面白くないよねえ、という結論になりました。
どこかしら無茶苦茶さがあるところが、ニューヨークの醍醐味だったかな。

そういえば、ブエノスアイレスで乗った地下鉄は、その20数年前のニューヨークの地下鉄風でした。
どういうところがといいますと、まず何と言ってもクーラーが無いところ。
そして、地下鉄のくせに窓をあけて走るんです。クーラーが無いから。
クーラー無いからって地下鉄の窓を開けても、ただ汚い空気がかきまわされるだけで、全然涼しくないんですけどね。
コレクティーボと呼ばれるブエノスアイレスのバスも、いくつかランクがあって、最低ランクはクーラー無し、窓開け放し、乗降口も下手すると開けっぱなし、って感じでした。
最上級ランクは、クーラー付きバスです。
誇らしげにバスの側面に書いてありました。
『クーラー装備』

ニューヨークも、昔はクーラー無しバスたくさんあったな。
今や、わけのわからんセレクトバスとかいうややこしいやつばっかりで、しかもエコバスです。
ニューヨーク。ちょっと優等生風になってきたかな。

↓でも、安全で綺麗なのはありがたい。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« 旅から戻って物思い | トップページ | またか! »

ニューヨーク」カテゴリの記事

コメント

日本のカラオケでポールのLive & Let Dieを歌うと、ちょうどのその猥雑な時代のニューヨークの42nd StreetとPort Authority辺りの絵が出てくるんですよ。今の同じ場所とはもう雲泥の差。 多分リンコさんが本に書いていたボーリング場の頃なんじゃないかな。
フト考えると20数年前ってインターネットもメールも無かった時代だったんですよね。 その頃自分がどんな生活や仕事をしていたのか考えると本当に不思議な感じがします。

投稿: ロンドン野郎 | 2012年1月10日 (火) 09時02分

ちょっと猥雑な方が、ニューヨークらしいかも…わかります、リンコさん。もちろん、安全は何よりありがたいですけれど。
ブエノスアイレスの地下鉄、窓開けて走っちゃうなんて、さすが南米…?
ニューヨークはやっぱり変化が速いですね。

投稿: Maggie | 2012年1月10日 (火) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅から戻って物思い | トップページ | またか! »