« なつかしい牛乳 | トップページ | ヨン様さがして三千里 »

2012年4月14日 (土)

無人駅

曇り空からちょっと晴れ間が見え始めたので、夕刻になってから、日南線に乗ってみることにしました。

駅まで行って切符を買おうとしたら、駅の窓口も改札も無人です。
まだ5時半ぐらいだったのに。。。

2012041118510000
↑懐かしい感じの無人駅。火曜ドラマ劇場かなんかに出てきそうな……。

2012041118490000
↑駅名と背後のパームツリーが南国っぽさを醸し出しています。

駅のホームにいたのは、なぜか英語を話せない西洋人一人。
切符はどうすればいいの?と、日本語で訊いても英語で訊いても
「ワカリマセーン」って言われる始末です。
どないするんじゃ、と思っていたら、地元のおばさんがやってきたので訊いてみました。
「ああ。乗るときに整理券を取るんよ。そしたら降りる駅で清算できるからね」
と教えてくれました。

結構風が強い吹きさらしのホームでガタガタ震えながら電車を待つ事約15分。一時間に一本ぐらいしか電車が来ないので、一本逃したら大変です。
ゴトゴトゴトンとのどかな音をたてて一両だけの電車がホームに入ってきました。
乗り込んでみると結構乗車率は高く、仕事帰りや学校帰りの人たちで席はほぼ満席。やっと前の方の席を見つけて座ってみると、前方のトイレが近かったせいか、ちょっぴり懐かしいにほひが……。
そうか。
この感じ、まさしくJRがまだ国鉄と呼ばれていた頃。
私がいたいけな少女だったころ(いやマジで)に乗った、国鉄の快速電車とかの感じそのもの!頭上の網棚や座席のちょっと湿った感じや匂い。それからトイレのかほりもちょっとだけ。うわー。懐かしい!これは結構感動です。
仕事帰りの皆さんはお疲れの様子で、みな無言で目を閉じています。電車内の蛍光灯の光も、とても懐かしい。

結局25分ぐらいで南宮崎に到着。宮崎駅まで行くのかと思っていたら、ここが終点ですとおろされてしまいました。
南宮崎といわれても全く土地勘はなく(宮崎駅でも土地勘無いけど)駅周辺で行くあてもなかったので、25分後ぐらいに来る次の戻りの電車を待つことにしました。
次に来た戻りの電車は二両連結。
心無しか乗客の皆さんに活気があり、私が降りた無人青島駅で大勢の乗客が一緒に降りました。
乗るときには居なかった若者達が駅構内でたむろっているのを見て、なるほど私の地元のJR摂津本山駅の周りで中学生や高校生がたむろっているのと同じ様子なんだな、と思いました。
のどかな田園地帯の真ん中をゴトンゴトンとひた走るかわいいローカル列車の旅。
乗ってすぐ真っ暗になっちゃって、外の景色は何も見えなかったけど、懐かしくてのんびりな小旅行でした。

Chobiblankethotel
↑旅の必需品チョビブランケット。チョビ〜〜〜〜。

↓ヨン様は無人駅好きかな?(何を言うとるんじゃ)
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« なつかしい牛乳 | トップページ | ヨン様さがして三千里 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さすがリンコさん、チョビブランケット持参の旅だったんですね~。
無人駅って久々に見ました。何だか旅情を掻き立てられますね。どこか旅に行きたくなりました。(^^)

投稿: meg | 2012年4月14日 (土) 09時45分

具体的にいえないんですが。
リンコさんの原点回帰旅行にちょっぴりなってるような・・・。
心身健やかに、旅の醍醐味を味わってお過ごしくださいね~
各地の食い意地レポートも楽しみにしてまぁす。

投稿: KIYO | 2012年4月14日 (土) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なつかしい牛乳 | トップページ | ヨン様さがして三千里 »