« 旅先で風邪 | トップページ | コンチキチ »

2012年5月 3日 (木)

りんくうタウンと日本語

今日はりんくうタウンに行ってきました。
今回は関空発でNYに戻るかもしれないということもあり、ちょっとした予行演習と観光をかねてみました。
なんとりんくうタウンには天然温泉まであるということで、実はそれがメインの目当て。
……だったんですが、朝10時に行ったというのに、すでにそこらじゅう大満員の大繁盛の大家族連れだらけ。ガキお子様方がそこらじゅうを走り回り叫びまくり蹴倒しまくり、もう温泉なんて入ろうものなら阿鼻叫喚の地獄絵図になること間違い無しです。
こりゃアカンわ、と早々にあきらめ、りんくうアウトレットなるものを見学することにしました。
日本のアウトレットって初めて。
しかもロゴはあのウッドベリーのプレミアムアウトレットと同じロゴ。
もしかして系列アウトレットなのかしら?

こちらももちろん大にぎわいの大繁盛のガキお子様地獄。
1分ごとに人が増え続け、ちょっとお店に立ち寄って3分後に外に出るとさらに人が増えている状態です。ゴールデンウィークだし、そりゃしょうがないかな。とは思ったんですが。それにしても人の多いこと。私のように女性一人で歩き回っている人など、他には見当たりません。
カップルか家族連れのみ。
せっかく遠路はるばるやってきたんだし、何か良いものがあったら買っちゃおうかな、とウロウロしてみると、アウトレット内の結構な数のブランドがアメリカ発であることに気がつきました。
うわー。日本でアメリカブランドを買うなんて、いくらアウトレットでもちょっとバカかなあ、と思ってこれまた諦めかかった時、日本のお気に入りブランドの一つmoussyのアウトレット店を発見。
おお。
これは僥倖。
早速何か買わねば(?そうか?)。

ということで、このお店でねばること約1時間半。
ジーンズ100本ぐらい試着し(でも買わなかった)、靴も100足ぐらい試着し(一足買ったよ)、Tシャツを100枚ぐらいひっくり返し(2枚買った)、そりゃもう多いに楽しませていただきました。
本日から通常アウトレット価格からさらに20%引き。それに加えてどこかのおじさんにもらったクーポン券でさらに10%オフになったので、超お買い得。温泉の恨みもここで見事に果たす事ができました。
その後観覧車にも載ってみようかと思ったんですが、さすがにカップルか子供連れしか並んでいない観覧車にコチョビと二人で並ぶのはあまりにも気がひけたのでこれは諦め。てくてくと歩いて最寄りのホテルに立寄り、シャトルバスで関空に移動しました。
今日の予行演習の一つは、乗り合いタクシーの試乗です。

りんくうタウン駅から大阪駅まで、電車で50分程度。そこから自宅駅までさらに35分ぐらい。そこから自宅までさらに徒歩10分。小旅行?ぽい距離ですが、乗り合いタクシーだと湾岸線をダーっと走り、関空から自宅前まで届けてくれます。そして一人2300円。これはかなりお買い得。
実は午前中に一度関空に立ち寄り、関空内も見学してみたんです。そしてその時、この乗り合いタクシーカウンターで午後の便について質問してみたんです。
カウンターに居たニコニコと愛想の良いおじさんに
「午後、神戸市内に行く便は空席ありますか?」
「ああー。すんません、神戸はあっちの今電話中のもんが担当なんですわー」
「あっそうですか」
「すんませんけど、お電話おすみになられるまでお待ちになられていただけますかー?」
「はーいわかりましたー」

と、愛想良くお返事はしたものの、「うううーん??」となりました。
この場合、彼らは同じ会社の同僚(上下関係は知らんけど)なわけで、『彼が電話を終えるまで待ってくれ』というのは、潜在顧客である私に対して本来謙譲語を使って伝えるべき内容ですよね。私自身も正確な日本語には100%自信満々なわけではないんですが、しかし「お電話おすみになられるまで」って言うのは本当にどうなんだ?と思いましたし、この「お待ちになられていただけますか」っていう表現最近本当によく聞くんですけど、これもいかがなものか?
で、しかもその「お電話がおすみになられた」若い男性の態度がもうなんというか……。
先刻の愛想の良いおじさんに伝えたのと同じ内容を彼にも伝えると
「東灘あ?」と第一声。
ひがしなだぁ?って感じです。
東灘区に何の問題が?と思わず言葉につまっていると
「午後?午後の便!」とこれまた「何を言うとるんやこの女は??」みたいな感情が満ち満ちているんです。
「はあ……。つまり何時でも良いといえば良いんですが、できれば午後12時から1時ぐらいまでの間の便で空席があれば、時間に合わせてこちらに戻ってこようかと思っているんですが」と言うと
「……午後は、今まだ午後の到着便の予定も全然わかりませんし、その時来てもらってその時決めてもらわないと」

全体的に「じゃあ結構です」と私が言うのを心待ちにしている雰囲気なんですよ。気のせいか。
で、私は「ああそうですか、じゃあ適当に戻ってきますねー」とイヤミが通じないタイプのふりをしてさっさと温泉に向かいました。
その後温泉を諦め、アウトレットで地味にフィーバーしてからホテルのシャトルバスで同じカウンターに戻ると、やっぱり先刻の嫌々働いている風味満載の男性がカウンターにもたれかかって立っていました。
背後から近寄った私に気づき、ふと振り返った彼。
私の顔を見た瞬間
「……ああ」
この「……ああ」は、たとえば何の興味も無い道ばたの野良犬と何度か目が合って、犬の方はブンブンおシッポをふっているけど、こっちは興味ないっていうかどっちかっていうと邪魔だからどけ、に近い感情を瞬時にして持った時の「……ああ、またお前か」の「ああ」に近いサウンドです。
そして「東灘に行く便は?」とまたイヤミが全然通じないタイプのふりで重ねて訊くと、
「……ありますけどねえ。15分か20分待っていただかないとダメですけど、それでいいんですかぁ?」と、これまた「それじゃあ結構です」と言う台詞を心待ちにしている態度丸出しで言われました。
「あらまー。15分!それならすぐですね!じゃ是非それでお願いしまーす!」
と、さらに鈍感でイヤミを理解する能力の無い人のフリで、満面の笑顔で申し込みました。

そして、約15分後ステーションワゴン風の大きな乗り合いタクシーが登場し、無事1時間で自宅に到着しました。
アウトレットでオキニイリも買えたし、2300円でらくちんにお家の前まで行ってくれるし、摩訶不思議な日本語をきかせてもらえたし、理解不能な接客態度も見られたし、りんくうタウン散策&関空予行演習は大成功でしたー。


↓でも今日は食べ過ぎた……。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« 旅先で風邪 | トップページ | コンチキチ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

日本語って難しいですからね~、敬語って分かっていてもうっかり言い間違える事はあるのでしょうがないとしても、この男の態度は?ですね。「あんた、これで食べてるんだから、もっとしっかりせいや。」と言いたくなります
いつか関空に行く事があったら、このカウンター見に行ってみようかな?(^^)
久々のご自宅ですね。のんびりしていってくださいね~。

投稿: meg | 2012年5月 3日 (木) 23時45分

やりましたね、りんこさん、アメリカ在住にとって15分なんて、待つにはいりませんやね。
私は1月に京都旅行に行き、新幹線の中から駅前発の観光バス案内に電話したら、その到着時間だとーこれは乗れません、あれも乗れません!到着しかけましたよ。最後は私が「乗れない情報はもういいですから、何か乗れる観光バスを教えて頂けませんか?」と切れ気味に言ったら、だまりやがりました。びっくらこいたよ。
私は諦めて、もういいですと相手の希望通り切ってしまいました。
でも地元の普通のバス停を見つけて乗り場であれこれ言ってたら、地元の人たちがものすごーく親切でCMや映画に登場する方の五重の塔とか見られて充実した観光ができました。観光バスに乗らなくてよかった。

投稿: 母 | 2012年5月 3日 (木) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅先で風邪 | トップページ | コンチキチ »