« ルンバちゃん故障、その後 | トップページ | 海水浴 »

2012年7月 3日 (火)

壁崩壊

昨日に引き続き、今日もブルックリン詣でです。
なぜかと言いますとですね。
今朝早く(というか真夜中)1時30分ごろ、かつて住んでいた街から徒歩20分ほど、チョビとよくお散歩に出かけた隣町キャロルガーデンズという街の古いアパートビルの壁が崩落したというニュースが流れたからです。
物見高いのはリン父譲り。野次馬根性丸出しで駆けつけました。

Img_9781
↑消防車出動中。

公園の真裏で学校の隣。閑静な住宅街の古いアパートなんですが、一体全体何が起こったんでしょう?

この通りはすでに封鎖されていて、裏に回ってもよく見えません。
なんとか見えないかとウロウロしまくっていると、おまわりさんにうさんくさい目で見られました。

Img_9785
↑公園の中から崩落現場の前あたりに移動してみたら、いたいたレポーター。

レポーターの真上あたり、高い壁の上に崩落したビルの壁が少し見えます。
でもこれじゃちょっと見えないので、カメラをズーム。

Img_9782
↑見えた!部屋がむき出しになっています。白い箱みたいなのはドレッサーかな?

Screenshot20120702at90204am
↑ネットで拾った画像。部屋の中の家具やヒーターまで見えますね。

ビルの片面壁が一面、ドッサーと崩落。
これが真夜中の1時半に発生したということで、住人のほとんどは就寝中。
住人たちの避難は崩落後だったそうですが、けが人は奇跡的にゼロ。多分崩落した壁はリビングルームに面していたのかもしれませんね。奥のほうにあるベッドルームで寝ていたら、案外影響を受けないのかも?
避難した住人の一人のインタビューによると、『夜中に突然エアコンが落ちるようなドッカーンという音が響いてきて、耳を澄ましているとそれが何度も続けて起こった』らしく、部屋のドアを開けてみると真っ暗な屋外が見えていたとか。
それにしてもひとまずは壁だけですんでよかったですよね。
お家全体が崩落していたら、大変な惨事になっているところでした。

同年代に建てられた周辺ビルも、これを機会に調査が入る事になったとか。
ビルが崩れるとそのビルの中の人はもちろん、通行人や周辺ビルの人たちも大変な被害を被る可能性がありますよね。
どんどん調査して、危険なビルは補強してもらったほうが安心です。
古い町並みやアンティークなビルは素敵で大好きだけど、地震が少ないからといって安心していてはいけません。
何せ、何もしていないのに勝手に崩れるんですから、ニューヨークのビルは。

そう考えるとかなりオソロしい、ニューヨークの古いアパート……。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

|

« ルンバちゃん故障、その後 | トップページ | 海水浴 »

ブルックリン」カテゴリの記事

コメント

これは本当にコワイ光景ですね。 ニューヨークで大きな地震が起こったら一体どんなことになるのか、心配になります。 その意味では日本の建物は長年ありとあらゆる災害に耐え忍んできているから・・・と信じているのですが・・・。

投稿: ロンドン野郎 | 2012年7月 4日 (水) 08時19分

ひゃー、怪我人出なくて何よりでした。
いきなり壁崩落したら、驚きますよね。。。
家の中丸見えだし。部屋の中散らかってたり、ヘンな恰好してる時にいきなり壁崩落したら超恥ずかしいです。(^^)

投稿: meg | 2012年7月 3日 (火) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルンバちゃん故障、その後 | トップページ | 海水浴 »