癒し

2012年2月13日 (月)

ミニミニ観音様、阿弥陀様

リン母から送られて来たミニミニ仏像様たち。
かわいらしくチョビ仏壇に収まっていらっしゃいます。

Minipair1
↑ええっと。確か右が阿弥陀様で左が観音様?
(ってリン母に電話できいたら『何を言ってるのあんたはっ!』ってドえらい叱られた)(←しかも聞いてすぐ忘れた)

お友達のナルちゃんに勧めてもらって、写経をすることにしました。
早速アマゾンでお取り寄せした写経練習帳も一緒に送ってもらったので、今回のリン母パッケージは仏教徒風味満載でした。
チョビ仏壇のチョビや仏様方に癒されて、さらに写経をして心を鎮めて……。というのが目的です。

Minipair2
↑手に持つと、ミニミニ感がよく伝わりますかしらね。

私は基本的に無宗教、不信心ですが、宗教宗派を問わず、祈るという気持ちは不思議なものですね。
裁判に出向く前、さすがの私もちょっとナーバスになっていたので、チョビ仏壇に普段より時間をかけてお祈りし、チョビのお骨壺にいつもかけていたロザリオを首からさげて出かけました。
裁判で疲れ果てた気持ちも、帰宅して待っていてくれたかわいいかわいいチョビ達や、かわいらしいミニミニ仏様方を見ると、何やら癒されてほっとしました。
ロザリオかけながらマリア様像や仏樣方を一緒にお奉りし、挙げ句に写経するという、宗教の垣根を越えたおした我が家です。

Room_2
↑こんな感じ。



↓チョビはきっと「相変わらず全体的にいい加減だな……」と思っているに違いあるまい。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2011年11月25日 (金)

ああ癒された

『チョビふうみ』にも書いたんですが、今朝起きた瞬間から部屋がグルグルグル。
目眩で外出もままならず、とっても静かなサンクスギビングデーになりました。

だもんで、部屋でおとなしくネットサーフィンなんてしていたら、かわいくて癒される画像が出て来たので、皆さんにおすそわけです。

Dogs_discipline_5
↑ぎーえー。かわいすぎるー。

Dogs_discipline_1
↑ぎいえええーかわいいいいいいいいいいいいい〜〜〜〜。

Dogs_discipline_2
↑ぎいやあああああああああああああああああああああああ〜〜〜〜

Discipline_001
↑どしえええええええええええええええええええええええええええええ

あああああああああああかわいすぎた!
全部かわいすぎた!!!
チョビが我が家にやってきたときは、ここまで赤ちゃんじゃなかったんですけど、顔のクマ取りはこんな感じだったなー。
しかし、こんなかわいいのがそこらへんに居たら、全部まとめて誘拐です。
あー。癒された。

↓こちらでも、ハッピーサンクスギビング!!
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (10)

2011年9月18日 (日)

セミナー無事終了

本日、マヨ先生をお迎えした『アロマティックヒプノセラピーお茶会セミナー』が無事終了しました。
御陰さまで定員越えのお申し込みをいただき、当日体調を崩して欠席になられた皆さんなどがいらっしゃいましたので、結局16人の皆さんが集まってくださいました。

実は、企画した当初『マヨ先生と二人でお茶しておやつ食べておしゃべりして帰ることになったらどうしよう……』とか、『定員20名とか書いちゃって、3人ぐらいしか集まらなくて、みんなでデカいテーブルを囲んでボケーっとすることになったらどうしよう……』とか思ってたんですけどね。
やっぱりアロマの力はスゴい。
良い香りって心にも体にもポジティブな効果があるんだなあ、ってきちんとして真面目でしっかりしたマヨ先生の講義を聴いて、あらためて学びました。

私のヘナチョコヒプノセミナーも、皆さん『またか!』と思いつつも笑ってきいてくださって嬉しかったです。

実は、セミナー会場に早めに行って色々確認しておこうと思っていたんですが、着替えの最中にチョビが盛大なゲ○に。

ひいいい〜〜〜。チョビ〜〜〜。ひいいいいいい〜〜。大丈夫〜〜〜〜〜。

チョビは案外平気そうだったんですが、何せ足がヨレるので、歩き回りながらゲ○るものですから、そこらじゅうが大変なことに。

時間ぎりぎりで行動する私も悪いんですが、とにかくこれはテンパりました。
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっと叫びながら、必死のパッチでチョビゲ○の後片付けをし、チョビのおシッポ裏やお尻周辺を拭き、トイレパッドを敷き直し、チョビの様子をうかがい……、とやっているうちにもう本当に時間ギリギリ。
ドタバタドスー!と慌てて飛び出して、マヨ先生と会場に向かいました。
心はすでにテンパり状態。
ヒプノとアロマのセミナーなのに、当の私がこんなにテンパってちゃいかんだろう、というぐらいテンパりまくっていました。

ところがですね。
テンパったまま会場について部屋に入った少し後、マヨ先生が電気式ディフューザでリラクゼーションアロマをたいてくれた香りを嗅いだ途端、はあああ〜〜〜ホエエエエエ〜〜〜……と。。
マヨ先生は元々癒し系なんですけど、それにこのアロマの香りが相まって、心はふにゃふにゃ超リラックス状態に。

香りと心の状態って、本当に直結していますねえ。
アロマの香りがホエホエホエ〜と漂う室内で、皆さんと楽しく和気あいあいとした時間が持てました。
今回私もマヨ先生も、とっても楽しい時間を過ごさせていただいたので、またこういったセミナーを開催したいと思います。

そうそう。
帰宅したらチョビは超ウルトラハラペコ。
私の姿を見るなり、大喜びでベッドから飛び上がり、キッチンに駆け込んできました。
いやまあ、足がヨレヨレなので、『飛び上がった気分』で『駆け込んだつもり』でしたけど。
高齢で麻酔を乗り越え手術を乗り越え、厳しいキモセラピーを受けているわけですから、超ウルトラ元気なはずはないなあ、と思いながらも、足がヨレたりゲ○しているチョビを見ると、なんとも申し訳なく切ない気持ちになります。
でも、食欲だけは常にキープ。
昨日なんて、オヤツと一緒に指も食べられそうになりました。
食欲ばんざい。
チョビがんばれ。

Images12
↑今日のキアヌ。またこの服か。ていうキアヌもキアヌだけど、手前の女性の服装も気になる……。

↓結局セミナーの話のはずが、チョビ話で終わった。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2011年7月 2日 (土)

リフォーム

昨日は不完全燃焼な記事でご迷惑をおかけしました。
今日も丸一日在宅ですが、ゾウ一家からはコソとも音がしてきません。
とはいえ、明日は独立記念日なので、一家総出で出かけている可能性大ですね。
また何か音が聞こえたり、調査して何かが判明したり、通風口から何かだ出て来たりしたら(困るけど)お知らせします。

と、なんかノンキなことばっかり書いていますが、チョビのヨレアンヨの事もあって最近ちょっとストレス過剰気味です。
年取った愛犬はなんとも言えず愛おしいものですが、あまりにも急激にヨレたので、ちょっと私の感情も調整期間中という感じです。
こんな状態なので、真夜中にフンフンに携帯メールすると「何かあった!?」すぐ電話くれるし、ポールの消防署に電話すると「チョビは大丈夫!?」と開口一番訊かれます。

こんなことじゃいかん。
第一アンヨはヨレてるけど、他の部分はメチャクチャ元気(だと思う)なのに、10秒後死んじゃうんじゃないかみたいな勢いで心配するのはよろしくありません。
なので、気分転換にずっと前から懸案事項だった、本棚の塗り替えを行うことにしました。

行う事にしました、って言っても、実際に作業するのは大半フンフンです。

本棚を分解し、バルコニーに運び出し、棚から外枠から全てサンドペーパーをかけます。
4枚の棚のうち3枚は私が必死のパッチでサンドしましたが、本体は全てフンフン担当(と私が決めた)。

Img_6698
↑分解後の本棚。

チェリーウッドのような明るめのブラウンですが、今アンティークホワイトに塗るかアンティークブラックに塗るか迷い中。

Img_6700
↑本棚に溢れかえっていた本達。

薄っぺらい本棚にギュウギュウ本を詰め込んでいたせいで、後ろ板が完全に外れてしまっていました。これも修理はフンフンが担当です(と私が決めた)。
これでも、以前は5個の巨大な本棚に本がぎっしり並んでいたんですが、3度の引っ越しで相当減らしたんです。
これと同じぐらいの本がまだストレージに入っていますが、ストレージに入ってる本って、今後読む事があるんでしょうか……。でも、本を粗末にすることができないたちなので、ついつい大切に箱にしまってクローゼットやストレージにしまいこんでしまいます。

本棚のペイントが終わったら、またちょっと本を整理して、後ろ板がはずれない程度に減らさなくちゃ。

明後日チョビがよく歩いてくれたら、一緒にペンキ買いに行こうかな。

Images7_2
↑今日のキアヌ。また目が死んでるし。

↓明日は花火おあずけかー。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (8)

2011年3月28日 (月)

たくさん届きましたー

昨日、ドサドサドサーと色々な方から色々なチャリティー品が届きました!

Img_1892
↑カリフォルニア在住の新進作家ミホ・ライトさんの御著書と、特注してくださったワンコTシャツ。

ミホさんはとても心優しい、そして理知的なメッセージを添えてくださっています。
ワンコTシャツは、チョビに当日着てもらうか、もしくはチョビ足スタンプをつけて販売させていただき、収益を寄附させていただきます。ミホさん、ありがとうございます!

Img_1893
↑スパMartierさんのサーティフィケートです。
マンハッタンの隠れ家癒しサロンでの、ホットストーンマッサージやスエーデン式マッサージ、マニキュア・ペディキュアのサーティフィケートを、ドバーっと寄附してくださいました。こちらも、通常料金の半額以下で販売させていただき、収益は全て寄附させていただきます。


Img_1890
↑礼子さんから届いた『たかしまれいこオリジナルブランド』の帯。

Img_1891
↑たかしまれいこ。ひらがなってとこがまた、なんとも風情がありますねえ。

帯ですよ帯。お着物の帯。キレイです。コレじーっと見てると、礼子さんの超美しいお着物姿が頭に浮かんで、ボエーっとしてしまいました。
こちらはサイレントオークションで出品させていただきますね。どうぞ皆さんふるってご参加ください。

Img_1889
↑そして。島田先生からの大箱到着!

異様に可愛らしい箱に萌え。
しかも『子犬用おしっこパッド』の箱であることに気付き、さらに萌え。
思わず先生に『先生!子犬ちゃんがいるんですか!?』といらんことをお尋ねしたところ『いえ。ガーデナー(庭師ですよ庭師)が持っていたので一箱もらったんです』と低音の魅力でお答えくださいました。庭師のおじさんの子犬かー……。でもやっぱり、この可愛らしい箱を郵便局に持っていってくださった先生の姿を想像して密かに萌え。

そして、開けてみると先生の貴重な御著書がズラズラ。
中には先生の流麗な文字でサインが。
全部独り占めしたい衝動にかられましたが、そこはググっとガマンです。
先生の名作ぞろい。サイン入りです。滅多に手に入らない貴重品です。うう。萌え。

皆さん、このごろはいかがお過ごしですか?
日本の皆さんも、海外にお住まいの皆さんも、ずっとずっと心も体も疲れて、不安で、そしていら立ったり悲しかったり寂しかったり。きっとすごく疲れてますよね。
私もちょっと疲れてしまって、昨日はおやすみしてしまいました。
でも、おやすみしたら、また元気100%盛り返してきました!
数年ぶりに再会したフンフンに「オレ老けた?」って訊かれて、老けたと思ったけど言っちゃ悪いと思って「うーん。ちょっと白髪増えたかな。でもそんなかわんないよ」って言ってあげたのに、「おめえは老けたね」って言われて顔面グーパンチしたろか、と思うぐらいに元気盛り返しました。
チャリティーにはフンフンも登場します。
では、待て続報!!

Keanureeveskeanureevesoutsideboares
↑久々の今日のキアヌ。キアヌー。チャリティーに来てよー。


↓ヨン様に来られたら嬉しすぎてチビるから、キアヌでいいや。
twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (6)

2011年3月25日 (金)

究極の癒し

今日は『別館チョビふうみ』でミョウに真面目なことを書いてしまいましたが、実を言うとまじーめーな記事を書きながらも、お腹がおだんごでパンパンでして、もう苦しくて苦しくて座っていられず、ついには立ち上がって窓際で記事を書いていました。
今もまだだんご腹状態です。

で、別館にもチョリっと登場しましたが、チョビTをワンコ用にカスタムオーダーできるサイトを見つけ、一人で勝手に『きゃーカワイイー。きえー』と騒ぎ、さんざん癒してもらいました。
ウェブ上でチョビTを着用してくれたワンコたちに、ここで登場していただきまーす。

Designall1Designall8
Designall2Designall3
Designall4Designall5



ああ。かわいすぎた。癒されすぎた。
マジでワンコ用チョビT作ろうかしら。
 



↓引き続き、リツイートリクエスト大歓迎です!twitter/reikotakeuchi
人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2011年3月 3日 (木)

キャンピオン

このブログを始めた時。
一番最初の話題がメキシコ旅行でした。
なのでもうかれこれ4年か5年前?のことですよね。

この冬あまりにも寒かったせいか、暖かい土地への憧れがどんどん強まり、ユカタン地方を旅したあのときのことを頻繁に思い出し、ううう、またいきたい。でも野良犬ちゃんが多すぎて胸がしめつけられるのでやっぱ無理。という思いに悶絶しています。

あのユカタン地方旅行で出会った、一匹のものすごっく不思議な犬『キャンピオン』。
旅のはじめの方で宿泊したシャランテという名前の古い荘園ホテルにいた雑種犬なんですが、白地に茶ブチで胴回りがコロッコロのパッツンパッツン。シッポが妙な形に曲がっていて、耳も片耳がゆがんでいて、顔はピットブルと柴犬のハーフみたいな感じ。
そして、それはそれは本当に本当に賢くて賢くて勇敢で、なんといっても一番スゴかったのは、私の周りのどの人間の男性より紳士だったことです。

シャランテは朝食と夕食サービスがあるのですが、その時宿泊していたのは私とあともう一人の女性だけ。
朝食時と夕食時だけシェフがやってきて食事を出してくれるのですが、その他の時間帯は牧場の馬の世話やその他の雑用でアメリカ人女性のオーナーがそこらへんをウロウロしているぐらいでほぼ無人。お掃除もメキシコ人の男性が、さささーっとカンタンに済ませると、荘園内は夕食以降キャンピオンと宿泊客だけになってしまうんです。

とある夜。
私が庭に面したテラスで読書をしていたら、キャンピオンがそっとやってきて、本を読んでいる私を遠くからじっと見ています。
ふと顔を上げると、カレも首をかしげて真っ黒な目で私を見つめます。
「キャンピオン。こっちに来て」
と呼ぶと、ふと庭の暗闇に目をやり、何かを確かめるような顔つきになった後、スタスタとやってきて私の座っていたイスの横のカウチにゆったりと横たわりました。
それから小一時間、読書をしている私の横にいてくれたキャンピオンは、お昼間の尺取り虫みたいなだらしない有様とはまるで別人のように、グッと顔をあげ庭の暗闇や反対側の入り口に目をやり、何かを見張っているような様子でした。

そろそろ部屋に戻ろうかなと本を閉じると、キャンピオンはさっとカウチから飛び降り、立ち上がった私の横に寄り添い、私の顔を問いかけるように見上げました。

夜は防犯のためにテラスから部屋に通じる扉がロックされてしまうので、一旦裏庭に回って反対側のドアから部屋に戻らなければなりません。
真っ暗な裏庭を通り抜けるのはちょっとイヤだなあ、と思っていたのですが、裏庭に通じる扉のところまで私の横にぴったりとついて歩いていたキャンピオンは、扉を開けた瞬間サッと私の前に立ち、前方に何もいないことを確かめるようなそぶりをすると、クルリと私のほうをふりむき「さ。大丈夫ですよ」というような顔つきで頷いてみせ、今度は私の少し前をゆっくりと歩き先導しはじめました。
その姿はもう完全に『エスコート』です。

濃い芝生や草木の香りがする裏庭を抜け、私の部屋のドアの前にたどり着くと、キャンピオンは私がドアを開け部屋の中に入るのを見届けようとするかのように、少し離れた所に座りじっと見ています。
観音開きの大きなドアを開け放ち、「キャンピオン、今日は一緒に寝る?」と声をかけたのですが、キャンピオンはそこから微動だにせず、じっと私がドアを閉めるのを待っていてくれました。
ドアを閉めるふりをして、細く開けた隙間から覗いてみると、全く同じ場所に座ったままのキャンピオンと目が合いました。
うわっと思ってドアをピタリとしめ、鍵をがちゃりとかけると、ドアの外でカツカツカツとキャンピオンの爪音が響き、そしてそれが遠ざかっていくのが聞こえました。

キャンピオン。
元気にしてるかな。

懐かしくなったので、ダメもとで検索してみました。
『シャランテ、ユカタン、キャンピオン』で検索をかけたら、なんと!一枚だけ写真がヒットしたんです!
添えられていたのは、私と同じく女性の旅行者がシャランテで出会ったキャンピオンについて書いたブログの一文でした。

『好奇心旺盛で勇敢で変わり者だけど紳士のキャンピオンは、私が安全に楽しく過ごしていることを毎日確認してくれた』

うわー。
キャンピオン。相変わらずなのね。

嬉しい気持ちと懐かしい気持ちと、そしてちょっとだけ嫉妬心が。

ああ。また会いたいなキャンピオン。
そして、また夜には部屋まで送ってほしいなあ。
あと、お昼間芝生の上で巨大尺取り虫みたいにズズ……ズズズズズ……と匍匐前進移動する謎な行動もまた見たい。私を見るたびに、シッポをグルリグルリグルグルグルっと激しく回転させる技もまた見たい。
次会うまで、元気でいてねキャンピオン。

ちなみにキャンピオンは、英語ではチャンピオンだそうで。
なるほど。

2579257144_5dee73674d
↑荘園に付属しているチャペルに通じる廃墟風壁と女性とキャンピオン。キャンピオン、今見ると結構足長いな。

Keanureeveskeanureeveswestvillagezy
↑今日のキアヌ。デート?

↓キアヌの赤穂浪士・ハーフ侍にリン母。『なんでそんなことするのっ?』だって。そう言われても……。
人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

2010年3月30日 (火)

リンパマッサージ

そうです。
昨日私がホエホエホエ〜〜となったのは、リンパマッサージのお陰です。

元々キヨPに紹介してもらったリンパマッサージなんですが、私の従妹キョウコちゃんもその施術の素晴らしさに魅せられてリンパ学院に入学。現在猛勉強中なんですが、その学院でキョウコちゃんがお友達になったウルトラ可愛いマッサージ師(?)ちゃん、チエちゃんがこの度NYに遊びにやって来ました。
遊びにというか、彼女はプロのヒップホップダンサーでもありリンパマッサージ師でもあるので、今回の旅はダンスレッスンのため。
そのチエちゃんが、キョウコちゃんから託された私への色々な品物(結構重かったごめん)を運んで、わざわざブルックリンまできてくれることになったんです。

チエちゃんとの待ち合わせはグランドセントラル駅で。
その前に会っていた尻松さんも一緒です。

せっかくリンパマッサージができる人とNYで会うんだし、日本に帰らないと受けられないリンパ施術を是非受けたい、と私がお願いしてブルックリンまできてもらうことになりました。
もちろんマッサージフリーク(?)のアサミちゃんも誘ってみたら、食いつき抜群。

まずはアサミちゃんちにチエちゃんを送り届け、仕事を済ませてから我が家に遅れて到着した尻松さんと二人でチエちゃんを待ちました。
その間、チョビは彼女の中で『この世で一番易しい執事=下僕』の尻松さんをアゴでコキ使おうとしてワンワン吠えまくったりアゴをフって尻松さんの注意を自分に向けようと必死。いや。というより、尻松さんが自分だけに注目するのは当たり前、と思っているとすら思える態度でした。

いやー。しかしチエちゃん。無茶苦茶可愛いです。正真正銘の可愛子ちゃんです。
白衣に着替えての施術だったんですが、もう見た瞬間『いや。いやいやいや。いや。コレはヤバいだろう』って思いました。コスプレの世界です。
もちろん同じく見ていた尻松さんの脳内でも
『いや。いやいやいやいやいやいやいや。いやいやいやいやいや』
っていう文字、爆裂間違い無しの様子。
別の言い方をさせてもらうならば、鼻の下が百メートルぐらい伸びてました。

そんなチエちゃんの施術の様子。
ふふ。
こんな感じです。

Dsc08028
↑白衣の天使。とチョーうれしそうな尻松。うれしがりすぎ。

Dsc08027
↑まな板の上の尻松。

Dsc08031
↑にこやかなチエちゃんと、既に恍惚尻松。

Dsc08033
↑左半顔だけ施術後。左目の位置が微妙にあがってません?

私の写真の腕前が悪くてちょっとわかりにくいんですが、肉眼で直接見ると、ゲッてぐらい左目の位置があがっててスゴかったんです。

Dsc08034
↑はい。施術終了。お目目ぱっちりになってまーす。

この後、私の全身マッサージが始まったんですが、コレが実に2時間に及ぶ大施術。
本当に本当に一生懸命サービスしてくれたチエちゃん。
私が肩が痛くて眠れない、って言ったので、
そこを治しましょう!
って言って、それはそれは何度も何度も一生懸命マッサージしてくれたお陰で、今日は痛みが随分和らぎました。
肩の周りがパンパンに張っていて、肩甲骨が見えないぐらいに腫れてますよ、って言われました。
その腫れも、今日は随分と引いたようで、肩の痛みは半減しましたし、なんといっても昨夜の熟睡ぶりはすごかったです。
ベッドに入った瞬間眠りに落ち、今朝も大朝寝坊です(いつもだけど)。

健康に関しては無知な私ですが、リンパの流れを良くする事がとっても大切なんだということはなんとなくわかります。
自分でセルフケアもできるようですし、これからはもっとがんばってリンパが流れまくる体にしなくちゃ。

木曜日には日本に帰ってしまうチエちゃんですが、またNYに来たいです!ってチョー可愛い笑顔で言ってましたので、また会える日を楽しみに待っています。
チエちゃん。マッサージ本当にありがとう!


↓すごく恥ずかしがりやさんなので、正面アップ写真が撮れなくて残念。マジで可愛子ちゃん(死語?)だったのにー。
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2008年9月23日 (火)

癒し系で行こう

本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ


しかしあれです。
いつも思うんですが、癒し系の人って生まれつきなんでしょうか。
例えば私の大好きな友だちキヨP
例えばカッコちゃん先生
みんなみんな癒し系です。
彼女達のブログを読んだだけで、ものすご〜〜〜〜く癒されます。
マジで癒されます。
疲れたときは会いたくなります。
なんとなく彼女達のことを考えると、ふるさとを思うような気持ちになって、穏やかでゆったりとしたふんわりとした良い気持ちになります。

一方on the other hand(←英語で言ってみた)私なんて、
毎日毎日アホみたいな、そしてアホなだけにとどまらず、全く人様の役に立たないことばっっっっっかり書いて…。ホントに人生これで良いんだろうか…?
これからは癒し系でいきたいなあ。
本当にそうしたいなあ。
でもどうやったら癒し系になれるのかわからんなあ。
やっぱり生まれつきなんでしょうかねえ。
そういえば先日お友達が我が家に集まってくれた時、『チョビって癒し系だよね』って皆が言ってくれました。
そうなのか。
チョビは癒し系なのか。
いやそりゃもう、私にとってはチョビは究極の癒しで慰めで生き甲斐でなくてはならない存在ですけど、人様にもそんな風に言っていただけるなんて…。
一方on the other hand、私なんて産まれてこのかた一度も人様から『癒し系』と言っていただいたことがありません。
まあ言われた事がある人格表現で、一番多いのは『ヘン』です。
あー、そういえば昔デートしたアメリカ人男性に
「君自身を周りの人が表現した、一番多い言葉って何?」
って訊かれて思いついたのも
『Strange』でした。
ストレンジですよストレンジ。
なんかアホ丸出しじゃないですか。
セクシーとかプリティーとかクレバーとかスマートとかインテリジェントとかじゃなくて『ストレンジ』。
なんか…。それってどうなんですかね…。

<明日こそ引っ越し物語の続きだ!>

| | コメント (5)

2008年7月17日 (木)

アイドルロミロミロミロミ(いい加減にしろっ)2

4位&8位!転落の一途(iдi)
本日もどうか1クリックお願いいたしま〜す。
人気エッセイブログ
海外ブログ

さて。
アイドルキヨPちゃんのロミロミです。

忙しいのにお泊まりにきてくれたキヨPちゃん。巨大な荷物を背負って、よいしょよいしょとやってきました。
そのデカい袋には一体何が?
と思っていたら、結局ネットに繋ぐことができなかったPCと、私をロミロミしてくれるためにロミロミグッズをもって来てくれていたのでした。
ううう。優しいキヨP。
ありがとうありがとう。
それなのに、おみやげの寒天を怪しい形状なんて言ってごめんねごめんね。

Photo
↑でもほれ。やっぱり怪しい…。

寒天はともかく、朝起きて空気ベッドの上でゾンビになっていたら、お目目ばっちり目覚めた可愛いパジャマ姿のキヨPが言いました。

「ごはん食べた後とかじゃないほうがいいから、今からロミロミしようかー」

えっ。マジっっ。ほんとっっ?してくれるのっっっっ??

「うんうん。ロミロミのこと知ってもらいたいからさ」

いやーんキヨPやさしいーん。すてきーん。好きになっちゃいそうー(アホか)。

いやでもほんと。優しくて一生懸命なキヨPは、みんなにロミロミを知ってもらいたいの、っていう真摯な気持ちでロミロミに取り組んでいるんです。
そして、それは彼女の施術にもたくさんたくさん込められていました。

ロミロミを始める時、まずはロミロミイントロともいうべき、セラピストと受け手さんのご挨拶みたいな手順から始まります。
キヨPの軟らかくて暖かな手が顔の上にかざされているのを感じます。

暖かい〜〜。
優しい〜。
気持ちいい〜〜。

本当にそんな気分になりました。

キヨPの人柄もあるんだと思いますが、今回初めて受けたロミロミの感想は、『大地の優しさを感じさせてくれるマッサージセラピー』です。そして、セラピストと受け手の信頼関係もとてもとても大切なんだな、とも思いました。
私は大好きなキヨPに初めてのロミロミを施してもらって、本当にリラックスできましたし、何といってもキヨPの『レイコちゃん、疲れてるね、凝ってるね。ごめんねもっとたくさんロミロミしにくればよかったね』って言ってくれた優しい気持ちに、とてもとても癒されました。

マッサージセラピストという職業を選んだ方々は、きっと皆さん、『癒してあげたい。楽にしてあげたい』っていう気持ちでその職業を選び学んでこられているのだと思います。そういう気持ちを、受け手の側も、素直に受け止める気持ちでマッサージを受けることも、とても大切なんですね、きっと。
こんなおっきなハートをもったキヨPが、ロミロミセラピストとしてもっともっと大きく成長して、みんなに愛されるセラピストとして歩んで行けますように。
ロミロミ後、ふにゃらふにゃらになってボケボケになりながらも、心の底からそう思いました。

そしてきっと、私の後、キヨPのロミロミを受けたゼタさんもそう思われたに違いありません。
なぜなら、ロミロミ後、ベッドルームから出て来たゼタさんはまさしく骨抜き状態。
目が完全にイってました。
いつも超セクシーで超美人なゼタさんが、頭ぼーぼーでのへ〜〜〜〜〜〜〜〜っと出て来たのを見た瞬間、『ばっちり癒されましたね』と思いました。
日本関東地区にお住まいのみなさま。
キヨPのロミロミは本当に身びいき抜きで素晴らしいです。
彼女の暖かで軟らかい手は、神様の贈り物だと思います。
最高に優しくて暖かくて思いやりに満ちたロミロミを是非!是非是非是非是非是非っっっ!お試しくださいっっっ。もう私なんてロミロミしていただいている間、キヨPにプロポーズしたくなったらどうしよう、って思っていたぐらいです(アホか)。
キヨPちゃん。
本当に本当にありがとうね。
キヨPが、世界一のロミロミセラピストになってたくさんの人を癒してくれますように。
んでもって、時々は私のこともお願いねー(やっぱりそれかい)。

Photo_2
↑ゼタさんへのロミロミ風景。まずは足の裏をフキフキ。うう。見てるだけでこそばゆいですが、実はこれがまた気持ちいいんです〜。むひー。またやってもらいたいー。

Photo_3
↑お体にごあいさつとして、まずはブランケットの上から軽くマッサージです。チョビが見学しています(ていうか、邪魔するなよ)。

Photo_4
↑キヨPの優しい笑顔。素敵です。

ロミロミの間中、良い気が部屋中に流れている感じでした。
キヨPがんばれ。
キヨPこそが、未来の世界一ロミロミセラピストだ!

| | コメント (3)